★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK73 > 181.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
大阪府メール問題 - 公機関におけるメールの位置付け
http://www.asyura2.com/09/senkyo73/msg/181.html
投稿者 真夏の海の家 日時 2009 年 10 月 11 日 11:26:41: KrtQ.xI9naUzg
 

少し前に起きた、大阪府の安威川ダム利水撤退に絡んで少し前に起きた橋下知事のメール問題には少し興味をもった。橋下知事や抗議をした女性の良し悪しではなく、公機関でメールがどう扱われているのかという観点からだ。

事態の進展は、このブログの方がよくまとめてくれている。

橋下知事 メールに反論の職員を処分 from 「王様の耳はロバの耳」
http://blog.goo.ne.jp/hiroharikun/e/ebb803e1de25212457b2863c0a6094db

事の発端は、1日、「『知事がダム撤退で府の損失が386億円に上るのに議会に於ける幹部の報告が(府民に損害を掛けたとの反省が見えない』てな事で怒りのメールを全職員に送ったらしい。』とのこと。ポイントは、このようなメールを「全職員に送った」こと、メールで送るような内容であったかどうかにある。読む限り、あくまで橋下知事の感想である。送られた方の職員は、恐らく全員目にするだろう。俺から見ると、とてもこんな感想、仕事中の職員にメールで送るような内容に思えない。例えば府庁内で掲示板みたいなものを設置して、そういう場所に出すのが適当と思われる。

だから、女性職員が返信した「メールを読む時間×全職員の時間を無駄にしていることを自覚してください」との内容は、至極的を射ていると思える。メールを送り返すかどうかは別にして、俺も橋下知事が書いたような内容のメールを送られてきたら、「くだらないメールを送ってくるな」と腹の中で思うだろう。どうも、橋下さんはメールをどう扱うのが正当か、問題意識がないよう。しかし、それ以前に、こんな記事を読むと、大阪府自体、メールの扱いがめちゃくちゃで、きわめて問題が多いと思える。

橋下知事メール「府幹部が削除」 サーバー保存もしていなかった
http://www.j-cast.com/2008/12/26033030.html

メールはどのような目的で使用すべきか規定し(少なくとも感想文を職員全員にメールで送るなんてことは禁止すべき)、公文書として少なくとも5年以上保存しておくことは役人の義務じゃなかろうか。そうすることで誰と誰の間でどのようなことが行われていたのかを後からでも明らかにできる可能性が増す。

しかしまあ、こんなつまらないことで見通しの甘さから起きた386億円に上る無駄をうやむやにできるなら、お安いものだろう。言い過ぎの感はあるが、ここでもまた、女性職員のこの指摘は的を射ている。

「責任は(投資を)決断した人にある。こんな感覚の人が知事である方が恐ろしい。」


湘南の片田舎から
http://ootw-corner.asablo.jp/blog/
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK73掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

コメント
削除
弁護士はプロの事件師。
事件を起こして事態を動かす。
君子は事件を起こさないように処理。
2009/10/11 13:30
一職員をscapegoatにしないやうに
2009/10/11 20:45
部下に甘言やお世辞しか言わせない指導者ってなんでしょうね。
       

2009/10/11 23:01

★コメント投稿フォーム (1000字まで)
よかったら一言、ここに感想などお聞かせ下さい。
コメント投稿するとすぐにこの上部に表示されます。
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):

ch1:    ch2:  

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。