★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK73 > 263.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「八ツ場ダム群馬で考える集い」での市民団体代表らの発言
http://www.asyura2.com/09/senkyo73/msg/263.html
投稿者 gataro 日時 2009 年 10 月 12 日 21:52:29: KbIx4LOvH6Ccw
 

(回答先: なぜ必要ないのか生活再建どうする/八ツ場ダム群馬で考える集い/市民団体代表ら発言/共産党主催(しんぶん赤旗) 投稿者 gataro 日時 2009 年 10 月 12 日 20:59:32)

2009年10月12日付「しんぶん赤旗」3面から。

前原誠司国土交通大臣の八ツ場ダム中止表明に歓迎する声もある一方、批判の声も上がっている。だが、こうした住民間の意見分裂は自民党のゆがんだ政治が生み出したものである。

詳細なデータを持っているのは国交省自身なのだ。そのデータを元に新政権が、このダムは利水、治水には役立たないということを示し、前政権の過ちとはいえ、場合によっては住民に真摯な謝罪をし、また補償についても十分に話し合ってねばり強く理解を得ていく必要があるだろう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK73掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

コメント
削除
住民が大臣との会談を拒否し、あくまでも工事継続を強要するなら
結局、国民によって見放されるだろう。国民は、本当に反対した住民は、
八ツ場ダムを見捨てて既に、住居を移していることを知っている。
残っているのは、国の補助金を期待している人達だ。ダム湖に遊覧船を
浮かべて、観光客が戻ってくるわけない。地方は、ダム問題が原因で
疲弊したわけでない。長い、消極的な自公(官僚)補助金と公共事業頼みの
政策によって、住民のやる気を削いできた結果である。
ダム問題が無くても全国の地方都市、温泉街は、疲弊している。
国内の活力を増すためには、国民の給料を上げることと格差を無くすことだ。
八ツ場ダムにだけ大きな補助金を出すべきでない。
2009/10/14 17:53

★コメント投稿フォーム (1000字まで)
よかったら一言、ここに感想などお聞かせ下さい。
コメント投稿するとすぐにこの上部に表示されます。
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):

ch1:    ch2:  

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。