★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK73 > 637.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 「国民福祉税」の前は「国際貢献税」という一層いかがわしいものだった。
http://www.asyura2.com/09/senkyo73/msg/637.html
投稿者 仁王像 日時 2009 年 10 月 22 日 07:10:21: jdZgmZ21Prm8E
 

(回答先: 斎藤次郎氏の日本郵政社長起用は今後の日本に大きな灯火になるかも! 投稿者 taked4700 日時 2009 年 10 月 22 日 00:20:06)

・国民福祉税、闇の軍師 小沢氏と二人三脚 '09/10/21 中国新聞
 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200910210379.html

 日本郵政社長に起用されることが決まった斎藤次郎氏は1990年代前半、非自民連立政権を旧大蔵省の事務次官として支えた。主計官のころから予算の概算要求に上限を設ける「マイナスシーリング」の導入や、政界対策で手腕を発揮。民主党の小沢一郎幹事長との親交は長い。民主党が批判する「官主導の政治」の一翼を担ったが、表舞台に出る機会は少なく、「闇の軍師」(自民党の閣僚経験者)という印象も強い。

 斎藤氏は外交、安全保障、年金制度まで幅広い視野を持ち、財政運営を手掛けてきたとされる。湾岸戦争の後に主計局長になると、国際紛争への拠出金に充てる「国際貢献税」構想を打ち出した。

 93年6月に事務次官に就任。「非自民」連立政権の細川政権では小沢氏と二人三脚で消費税率引き上げの策を練った。

 94年2月、細川護熙首相(当時)は消費税を「国民福祉税」に衣替えして、税率を3%から7%へ引き上げる構想を打ち出したが、具体案をつくったのは斎藤氏が主導する大蔵省主計局だった。

 斎藤氏は「非常に有能な人で頑固だ」(藤井裕久財務相)と評されるが、手法には強引さもつきまとう。国民福祉税は非自民連立政権が崩壊する一因になった。政権与党に復帰した自民党から攻撃され、次官退任後しばらくは天下りできず、浪人も経験した。

・斎藤次郎 提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E6%AC%A1%E9%83%8E  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。