★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK74 > 156.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中曽根事務所が閉鎖へ 政治史の舞台また一つ消え
http://www.asyura2.com/09/senkyo74/msg/156.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2009 年 10 月 29 日 02:05:30: ButNssLaEkEzg
 

10月29日1時42分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091029-00000508-san-pol

 国会近くの東京・平河町にある中曽根康弘元首相の個人事務所が今年中に閉鎖されることが28日、わかった。来年からは中曽根氏が会長を務める世界平和研究所(東京・虎ノ門)に拠点を移し、政治活動を続けるというが、自民党の一時代を築いた政治史の舞台がまた一つ消える。

 中曽根氏の事務所がある「砂防会館」は、田中角栄元首相が率いる田中派(木曜クラブ)の本拠地だったことで知られ、現在も伊吹派(志帥会)や二階派(新しい波)が事務所を置く。

 中曽根氏がここに事務所を構えたのは昭和42年。53年から同じフロアの現在の場所に移し、30年以上政治活動の拠点としてきた。

 57年秋には自民党内で浮上した「中曽根総理、福田赳夫総裁」の「総総分離論」をけり、総裁選の予備選が実施された。中曽根内閣発足までの間の中曽根氏の一挙手一投足が注目され、事務所は中曽根派議員やメディア関係者で昼夜を分かたずごった返した。

 首相在任中は首相官邸や自民党本部を拠点にしたが、退任すると再び事務所に戻り、ゴルバチョフ元ソ連大統領や全斗煥元韓国大統領ら多くの外国要人を迎えたほか、政局の節目では自民党の大物・中堅議員が常に出入りした。

 平成15年の衆院選前には、当時の小泉純一郎首相が事務所を訪問し、引退を勧告。中曽根氏は「政治的テロみたいなものだ」と怒りを爆発させた。結局、56年にわたる議員生活から退いたが、その後も事務所で政治活動を続けてきた。

 ただ、中曽根氏も91歳。政権交代により、自らも若手議員として首相に担ぎ出した故鳩山一郎氏の孫、鳩山由紀夫氏が首相になったことも一つの区切りと感じたようだ。今後は政党色を薄め、世界平和研で外交や経済の政策研究に力を入れる考えだという。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
削除
 産経の感傷記事哂っちゃう。権力から離れ家賃が払えなくなっただけではないか。小泉総理に退職勧告された時に中曽根氏の政治生命は終わっている。退け際を誤った人物が、利権斡旋で維持された物件を手放した。産経にはこんな元手のかからん記事が多すぎる。金返せ。
2009/10/29 11:27
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2009/10/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E5%85%83%E8%B2%A1%E5%8B%99%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AF%E5%8F%A3%E5%B0%81%E3%81%98%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%A0-1.html
> 日本の政府筋やMI6からの情報によると中曽根元総理やその周辺の売国奴の総粛清が近いようだ。
2009/10/29 11:50
そ〜だよな〜。でも、分かって買ってたら助けるだけ。テレビ欄だけでも産経に金出したら負け。兵糧攻めが一番効く。駅頭でも買ったら駄目だよ。ゴミ新聞
2009/10/29 11:50
自民・中川元幹事長、町村派を退会
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091029AT3S2900O29102009.html
2009/10/29 14:11
91でやっと引退とは、強欲すぎる。
2009/10/29 14:32

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。