★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK74 > 160.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国隷属脱却の今が正念場
http://www.asyura2.com/09/senkyo74/msg/160.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2009 年 10 月 29 日 11:13:19: ButNssLaEkEzg
 

2009/10/29 10:00

http://netallica.yahoo.co.jp/news/98515

「最終的に決めるのは私だ」――。米軍普天間飛行場の移設問題で、鳩山由紀夫首相は訪問先のタイで自らのリーダーシップを強調し、さらにこう明言した。

「選択肢を調査しているから、それなりに時間がかかる」「オバマ大統領が来るということで急がなければいけないとは思わない」

 至極、当然な話だ。日本の安全保障の重大な方向性は、国家の最高責任者である総理大臣が、国益を最大限に考慮して決定するべきことである。ところが、大マスコミや言論人の論調は、まるでアメリカの手先のごとく、過去の日米合意に沿った早急な決着を促すものばかりだった。

 ゲーツ米国防長官が来日し、11月12日のオバマ大統領訪日までの決着を求めると、各紙は一斉にこの“恫喝(かつ)”に屈した。

「日本政府は同盟国として、このメッセージを真剣に受け止め、迅速に対応すべきだ」(読売・22日社説)、「安全保障をめぐる不一致が長く続くようなことになれば、同盟関係は緩み始める」(日経・22日社説)、「日米同盟は破綻の危機に陥りかねない」(産経・24日社説)といった論調で、いったいどこの国の新聞か、とツッコミたくなるほど、米国の言い分を代弁したのだ。

 だが、外交評論家で国際教養大学客員教授の小山貴氏はこう言う。
「国際的な信頼関係は大事です。しかし、普天間問題だけで日米関係に決定的なヒビが入ることはありません。そもそも辺野古が移転先に決まる過程には、自公政権時代の複雑な利害関係が根っこにある。米国はそういうことを分かっています」

 衆院選では沖縄のすべての小選挙区で県内移設反対の候補者が当選した。「沖縄県民の理解」という点では、他の選択肢を検討することもなく、日米合意だからと拙速に進めることはできないだろう。だいたい、普天間返還合意から13年も経過したにもかかわらず実現に至っていない。それなのに、なぜ政権交代からわずか1カ月で、前政権の合意事項を追認しなければならないのか。

「普天間問題だけでなく、今こそ、『日米同盟とは何なのか』まで踏み込んで議論すべきです。在日米軍はいまや、日米安保のためというより、テロとの戦いの一環で存在している。米国に命じられるままに、自衛隊はイージス艦を買わされてきた。これまでの政権は、米国の要求にどう応えるかということばかり考えてきたのです」(元外交官の天木直人氏)

 鳩山政権は、少し時間をかけてでも、米国隷属からの脱却を目指すべきなのだ。

(日刊ゲンダイ2009年10月26日掲載)
2009/10/29 10:00 更新  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
削除
米国との軍事同盟は重要だが、隷属するべきではない。安保条約に「日本が攻撃されたら、必ず、米軍が出動する」と明記し、義務ずけるべきだ。もし、恫喝して安保条約を破棄するならば、日本は軍事力を保有するべきだ。これこそ。米国、中国、韓国の困るところだ。米国は必ず譲歩するので心配要らない。米国がもっとも心配しているのは日本が核保有することだから。
核保有でも最終的な勝利にはならない。イラク、アフガニスタン、を見れば分かる、米国は負けて撤退するだろう。
米国こそ世界最大の似非民主主義国家、帝国主義、そのものであり、金融資本の支配する専制国家というのが本当の姿である。付き合いもほどほどにしておかねばならない。
2009/10/29 12:00
世界情勢を不安定にしてる最も大きな要因が、アメリカという超軍事国家による、意味不明な利己的介入である。

中東ゲリラ組織、北朝鮮、最近までは中共内部にまで、CIAが入り込んで撹乱工作をし、正義の仮面を被ったアメリカが登場し介入をするという、ユダヤハリウッド流自作自演ワンパターン劇場を繰り返している。

世界支配という大規模な計画を企てるアメリカへの対抗手段は、一国のみの外交によってでは無理。だが決して不可能ではない。その方法の一つは、

世界中の一般市民が、911事件を含む「その(工作)事実」を認識すること。

日本が出来ることは何か?先ごろスペインのTVで911疑惑を放送したようだが、日本でも民放の海外購入番組ではなく、NHKと日本政府、そして何より日本国民によるインターネット網とその情報も含めた911疑惑についての議論を、まず公的に放送するべきである。そしてその番組を世界の放送局へ無償ででも配布し、拡散をすることが本来は当たり前なのである。

今後の世界をリードして行くのは、間違いなくこの日本でありその世界的責務を果たさねばならない。
2009/10/29 22:31

全くその通りだが、最近の政治家は今度はフラフラと支那に媚始めたようだ。健全自立路線では実入りが入らない。だから支配を狙うやからに国を切り売りして儲けようという算段か。くそったれ共め
2009/10/29 23:20
月刊誌「選択」の10月号に「復活する資源大国アメリカ」という記事が掲載されていました。何でも米国には従来採取困難だった非在来型天然ガスの資源量が莫大に在って、近年思いがけないエネルギー開発技術の進歩で商業生産が可能になったのだそうです。その為、米国へのLNG輸出をもくろんでいたカタール、ロシア、インドネシア等の産ガス国は戸惑っているのだそうです。米国は最早資源獲得の為にイラクに居座る理由が無くなったというのが米国の本音だとすれば、あれほど強引にイラクに攻撃を仕掛けて、真っ先に石油関連施設を確保したと言われていたのに、オバマがイラク撤退をいとも簡単に表明した事に納得がいききます。米国の現在の心配は自国への核攻撃が主になるので、その代わりにアフガニスタンへの介入を強めたと考えると説明がつきます。日本はロシアと天然ガスの取引を考えているようですが、売り先に困ったロシアに付け込まれることのないよう、鳩山政権は領土問題と共に注意深くロシアと対峙して欲しいと思います。ここまでの事は既に織り込み済みであれば良いのですが。アメリカが損になる事をする筈が無い、を前提に考えるべきでしょう。鳩山首相には対米政策はじっくり取り組んで欲しい。
それにしても、岡田外相と北澤防衛相は観測気球を打ち上げて国民の反応を見ているだけなのでしょうか?若し本音だとすれば、腰砕けと言われても仕方ありませんね。特に北澤防衛相の態度は卑屈にさえ見えてガックリです。
2009/10/30 21:49
アフガンや東南アジアで現地人に「生産させているケシ=麻薬」を密輸、販売し、巨額の金を巻き上げるアメリカ。

日本政府はもはや独断で政治を行うべきではない。特に日本は、もはや日本国民と共に政治を進める為に、鳩山は、独自の広報機関を設けるべきである。

そして、これらの事実を国民に「知らせ」、世界中の紛争の根源が実はアメリカにあるということを、まず日本市民が認識し、次に海外の市民にも呼びかける策を、国を挙げてやるべきなのだ。

ごく一部の白人資本家による世界支配の犠牲になるのは、まっぴらごめんなのは、世界中の我々一般市民なのだから。
2009/10/31 00:30

しかし、これこそがアメリカのいつもの手である。日本が再軍備をすると、「待ってました」とばかり、ABCD網のようなものでにほんを「窮鼠」に持ち込むだろう。
2009/10/31 08:36
アメリカに何百兆も貢ぐに必死になって、国民を騙し、裏切り の自由民主党、保守王国などと言っていたのではまさに笑いものだ。目を覚ませ日本人。
2009/10/31 09:00
馬鹿の金玉切除が、出発点。何で、こんな簡単な理屈分からない。馬鹿に、生殖は不要。橋下馬鹿は、宦官。



2009/10/31 16:05

日本標準ではアメリカ指定国がテロ国家ですが、世界標準ではアメリカがテロ国家ですよね。
軍事産業を抱え、国家利権をはらんで何処かに火付けして、火消し役に回っている。
カルザイ政権もアメリカの傀儡政権で援助金を麻薬の資金にしているとか、日本の支援も悪用されないように一国民としては願うばかりです。
アメリカと中国は世界の異端児だと城内実氏と和田秀樹氏の対談の中にありましたが、何かそんな気がします。
2009/11/03 10:57

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。