★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK74 > 294.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
郵政新社長 斎藤次郎氏が社長だった東京金融取引所のくりっく365で、騒動発生。さっそくアメリカ(GS)の圧力か?
http://www.asyura2.com/09/senkyo74/msg/294.html
投稿者 ブッダの弟子 日時 2009 年 11 月 01 日 10:36:29: WrVq5GKL9DWTY
 

昨日、土曜日の為替取引終了間際に、アフリカランドドル(ZAR)が、くりっく365という取引所で一般市場と比べて誰が見ても異常な値をつけ、ちょっとした騒動になっています。

くりっく365チャート
http://tfx.jfx.jiji.com/tfx/view/pc/PcChart.html;jsessionid=9D7726C4A08E1379DB362856495FA513?pair=ZAR%2FJPY
魚拓 http://s01.megalodon.jp/2009-1101-1025-22/tfx.jfx.jiji.com/tfx/view/common/ChartImage.html;jsessionid=9D7726C4A08E1379DB362856495FA513?ashi=1D&pair=ZAR/JPY&tech=SMA&size=large

他の一般的なチャート
http://www.gaitame.com/market/chart/zar_h.html

くりっく365というのは東京金融取引所がやってる特別な為替取引(FX)所であり、それ以外の場所はこういった異常な値はつけていません。リーマンショックの時が参考になりますが、
USD/JPY http://fx.flockfox.com/chart/usdjpy.html
ZAR/JPY http://fx.flockfox.com/chart/zarjpy.html

例えば一般的なUSD/JPYが110円から88円まで約22円下落した時、ZAR/JPYは約6円下落しました。
大雑把に3倍前後、比例している訳ですが、つまり今回の3円の下落というのは、ドル円でいうと約9円前後の下落になり、終了間近にその様な動きをするのが、いかに異常かというのがまずその点から見えます。

そして、細かい話になりますが下落したと言っても、bid askと言って、顧客が売却をするbidの方だけが下がりました。これをスプレッドが開くといいますが、通常はbid askの両方が不利な方に開きますが、bidだけが3円下がるという事が起きました。これは株をやってる人から見ても異常さが見えると思います。その辺の詳しい話はここでされています。
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/livemarket2/1257002800/l50
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/livemarket2/1256606271/l50

この下落によって、証拠金取引というレバレッジをかけた取引をしていた人たちが、元金以上の損を負う事態が発生しているようです。この通貨は他の通貨と比べるとレバレッジを大きくかけやすく、金利が高いのでそういう人が多いようです。当然、売る人ではなく買っていた人がほとんどでした。
各種売買比率サイト
http://www.moneypartners.co.jp/market/ratio.html
http://www.nttsmarttrade.co.jp/market/cat32/
http://www.gaitame.com/market/buysell.html
http://homepage3.nifty.com/usdjpy/now.html
http://www.click365.jp/

異常値といってシステムトラブルで市場とかけ離れた値段がつく事があって、それは後日、修正されたりするのですが、どうも今回はそれがされない可能性があるようです。

こんな事を合法と通してしまったら、この取引所に人は近づかなくなると思いますが、そういう事件が斎藤次郎氏が辞め、郵政社長になった途端、発生しました。

この くりっく365に為替レートを提供しているのは、以下の会社です。
http://www.click365.jp/members/list.shtml
コメルツバンク・アクツィエンゲゼルシャフト(コメルツ銀行) ゴールドマン・サックス証券株式会社
ドイチェ・バンク・アクチエンゲゼルシヤフト(ドイツ銀行) 野村證券株式会社
株式会社三菱東京UFJ銀行


東京金融取引所は金融庁の下にあり、まさに亀井静香大臣の範疇です。この件はどう処理されるのでしょうか?信頼して取引していた人は、人によっては自殺ものでしょう。自己責任とは言え、相場操縦という視点で昨今、こういう事があったりしますので。

米CFTC、原油先物市場の価格操縦容疑でオランダの投資ファンドを摘発 2008年07月28日
http://media.yucasee.jp/h/892/%E7%B1%B3CFTC%E3%80%81%E5%8E%9F%E6%B2%B9%E5%85%88%E7%89%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E6%93%8D%E7%B8%A6%E5%AE%B9%E7%96%91%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%81%AE%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%92%E6%91%98%E7%99%BA

今回の事件、郵政民営化と無関係とは思えません。こうして一応、指摘しておきます。

亀井大臣「350兆円をアメリカに渡す道筋をつけてしまった事に反対してきた」 原口大臣「郵政民営化は郵政私物化」 09 年 10 月 30 日
http://www.asyura2.com/09/senkyo74/msg/211.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
削除
最近はアメリカさんもやることが露骨になってきましたね。
こりゃどうも、本当に余裕が無いようです。
しかし公然と明白に脅しをかけないと、何ごとも良い方に勝手に取る日本人には脅しと理解してもらえないと言っておきましょう。
そろそろ自由やら民主主義と言った仮面を脱ぐべき時ですね。アメリカは。
2009/11/01 12:01
GSに行政指導は入るのでは?
2009/11/01 12:25
どういうわけか、大手のネット証券でもどこかの誰かさんの都合のいいタイミングで障害が出たりダウンしたり、株価情報等の配信業者に問題が出て板情報が見えなくなる、取引ツールがいきなり使えなくなる等々、個人投資家にとって不都合なことがいろいろとよく起こるのです。大手だけに市場への影響もそれなりに大きいものです。
ですので、ある程度以上の経験者であればオンライントレードをする上でのそういったリスクを分散するために証券会社を常時複数利用する、というある種見えない敵と戦っている様な部分があります。なにせ、やたら都合のいいタイミングで起こるため利用している時点で避けようがありません。これは短期売買をしている人にとっては笑いごとで済まされる話ではありません。
連中にとってはどこまで行っても個人投資家はカモでしかあり得ないのです。狩る相手がいなければ相場操縦野郎は飯を食えないのですから。

今回の話はFXですが、こういった本質的な部分には何も変わるところはないでしょう。
2009/11/01 13:05

こちらに動揺を引き起こして余裕を保つ作戦でしょうか。

米CIT破綻懸念でNYダウ30種平均250ドルを超える下げ
http://www.asyura2.com/09/hasan65/msg/746.html
2009/11/01 13:45

南アのランドのような流通の薄い通貨を、上場さすこと自体が間違っている。

日本の月曜の早朝は、世界では真夜中、カバー先の銀行の客は、寝ています。


2009/11/04 15:57

月曜の朝の暴落だったと思うが、他の通貨にも波及していた。くりっくは使っていないが。ただ、このまえの金曜日にはクロス円は下落することはテクニカルでわかったよ。金曜の始値でカナダドル/円のショートを建てて、運よく朝カバーした。1時間に70銭とか下げたからなんだこれはと思ったが。まあ、詐欺の手口であることは間違いないが、3円暴落して破産するレバでポジション持ってたり、そもそもクロス円がこの前のセッションで下落することが分からなかった投資家にも問題がある。
2009/11/09 17:08

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。