★阿修羅♪ > 戦争a9 > 153.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
賠償肩代わり6億円 公務外米兵犯罪 日本が見舞金 井上議員追及
http://www.asyura2.com/09/wara9/msg/153.html
投稿者 尾張マン 日時 2009 年 5 月 28 日 12:01:06: YdVVrdzAJeHXM
 

(回答先: 米軍関係の事件事故補償 日本負担金3億8000万円 投稿者 尾張マン 日時 2009 年 5 月 28 日 11:53:34)

2009年5月27日(水)「しんぶん赤旗」

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-05-27/2009052701_02_1.html

 在日米軍人の公務外での事件・事故で、米政府が被害者に慰謝料を支払わず、代わりに日本政府が「救済措置」として見舞金を支給したケースが、一九七二年度から二〇〇八年度までに、沖縄で二十四件、約二億三千三百万円、本土で二十七件、約一億四千九百万円となっていることが分かりました。

 また、米政府が慰謝料を支払った場合でも裁判所の命じた損害賠償額に満たず、日本政府が差額を見舞金として被害者に支給したケースが一九九六年以降、沖縄で五件、約一億八千二百万円、本土で二件、約六千八百万円となっていることも分かりました。これら見舞金の総額は、六億三千二百万円に上ります。

 二十六日の参院外交防衛委員会で日本共産党の井上哲士議員の質問に対し、防衛省の井上源三地方協力局長が明らかにしました。

 在日米軍の法的地位を定めた日米地位協定は、公務外で事件・事故を起こした米軍人が被害者に賠償金を支払わない場合、米政府が代わって慰謝料を出すことになっています。しかし、米側から支払われない場合、日本政府が代わって見舞金を支給することになっています。

 また、慰謝料が支払われても裁判所の命じた賠償額に満たない場合があり、九六年のSACO(沖縄に関する日米特別行動委員会)最終報告で、日本政府がその差額を支払うよう努力すると定められました。

 井上氏は「被害者の方に結果として賠償金に近いお金が渡るのは大事だ」としつつ、「本来は米兵が払うべきものであり、それができなければ米国が払うべきだ」と強調。日本政府が肩代わりしている見舞金の返還請求を米側に提起すべきだと主張しました。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争a9掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。