★阿修羅♪ > 戦争b1 > 286.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
パキスタン:軍がタリバン組織へ大規模な攻撃を開始【毎日JP】
http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/286.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2009 年 10 月 17 日 21:11:18: YdRawkln5F9XQ
 

パキスタン:軍がタリバン組織へ大規模な攻撃を開始【毎日JP】
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20091018k0000m030055000c.html

【カブール栗田慎一】

パキスタン軍は17日、反政府武装勢力の連携組織「パキスタン・タリバン運動」(TTP)の拠点である北西部の部族支配地域「南ワジリスタン管区」への本格攻撃に着手した。

パキスタンが01年に米国の「対テロ」同盟国にかじを切って以降、最大の軍事作戦となる。

ただし、戦闘の長期化は避けられない見通しで、武装勢力による報復テロが強まる恐れもある。

軍関係者によると、軍は同管区周辺に3万人以上の兵士を配置。

一方、武装勢力側は国際テロ組織アルカイダと関係がある中央アジアや中東、中国などから外国人約5000人を含む総勢約2万人が抗戦態勢を敷いている。

軍は数日前から包囲網を狭めていたが、17日朝に武装勢力側が攻撃を仕掛け、激しい交戦に発展。

双方に多数の死傷者が出ている模様だ。

キヤニ陸軍参謀長は16日、ギラニ首相や北西辺境州首相らに武装勢力の動向や作戦の準備状況などを説明。

軍側は「作戦開始には政府の許可が必要」との立場を取ってきており、政府がゴーサインを出したとみられる。

同管区をめぐっては、米国がアルカイダなど「テロリストの聖域」と指摘し、アフガニスタン側からミサイル攻撃を続ける一方、パキスタン民生支援の条件として米軍との共同軍事作戦などを強く求めていた。

軍は作戦の着手でこうした圧力を回避する狙いもある。

ただ、同管区は12月から雪に閉ざされるため、戦闘の中断、長期化は必至とみられる。

また、02年以降の掃討作戦が治安や経済を悪化させ続けており、武装勢力側が全国でテロ攻撃を増やすのは確実で、市民の犠牲拡大も予想される。

TTPは、タリバンによって司令官に任命されたベイトラ・メスード総司令官(8月に米軍のミサイル攻撃で死亡)が07年に設立。

アルカイダから資金提供などを受ける一方、七つの部族地域の各武装勢力司令官や、08年11月のインド西部ムンバイ同時テロ事件の首謀組織とされるイスラム過激派「ラシュカレ・タイバ」とも協力関係を構築。

タリバンによるアフガン駐留米軍などへの攻撃を全面支援してきた。

このため、米国はパキスタンに同管区での軍事作戦を強く求める一方、南西部クエッタやその周辺に「タリバン最高指導者オマル師が潜伏している」とし、パキスタンのテロ対策が不十分だと批判している。

【関連記事】

米国:パキスタン支援法成立 文民政権の安定化後押し

パキスタン:警察施設で自爆テロ 11人死亡

パキスタン:同時攻撃39人死亡 武装勢力、治安施設標的

パキスタン:非軍事支援法案見直し求める 米国に外相派遣

パキスタン:自爆攻撃で41人死亡

毎日新聞 2009年10月17日 20時43分(最終更新 10月17日 20時45分)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
削除
結局、ムシャラフは米軍の手引きをしてこんな結果を招いてしまった。
ムシャラフは去ったが、パキスタン政府は更にタリバン、アルカイダ掃討を打ち出して悪戯に憎しみを再生産している。
オバマはアフガンどころかパキスタンまで不安定地域を拡大しただけであるが、今更退くに退けまい。

2009/10/18 00:31
気になる点は、岡田氏が、アフガンについて、アメリカと、どの様な交渉をしたか?なんですが。武力との、噂も、あります。もし、それであれば、危険です。
これからの、日本を、おもうと・・私は、そのように、結論がでてしまいます。
2009/10/18 01:10
ヒンヅークシは東西の世界征服を狙うものにとって「悪魔の山脈」はいにしえからのこと。
パキスタン国軍の「面子を掛けた」タリバーン掃討作戦、なにかしら、ベトナム戦争末期のメコン川溯上、カンボジア侵攻に似てきたな。
最新近代兵器で武装し、赤外線暗視装置をつけ、こんなに重装備しているのになんでやられるんだと「悩んでいるんだろう」な米兵-NATO兵は。同じ悩みをベトナム戦争のときはゴムぞうりはいて、寝巻きみたいな服着て、昔の銃でなんでこんなに強いんだと悩んだ米兵たちのように。みんな、ランボーみたいな連中だったら良かったのにな。
「毎日シャワーを浴びられるのかな」「スターバックスはあるのかな」とかいって「飛行機に乗せられて」来た連中と、牛の糞、ヤギの糞で暖を取り、「ここでしか生きられない」と思っている連中との差なのだ。常に民族解放戦争に介入するときは。ましてや、古代銃で戦って、常にその時代の最強の軍隊-異国民を追い払ってきた連中なのだから。
ヒンヅークシを味方に付け、穴に隠れ、極寒をしのぎ戦ってきたパシュトーンをアルカイダだ、タリバーンだの「粉飾」で誤魔化しても、「べトコン」の蔑称をもってしても勝ちきれなかったベトナム戦争。何も真剣に総括していなかったな。
「戦術局面では勝っていた?それがどうしたというのだ」というベトナム軍高官の言葉がそっくりかぇって来そうだ。
2009/10/18 14:44

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。