★阿修羅♪ > 戦争b1 > 321.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
韓国・徴兵制なんて嫌だ! ある若者の闘い。(その3)【雨宮処凛がゆく!】
http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/321.html
投稿者 こーるてん 日時 2009 年 10 月 20 日 20:36:49: hndh7vd2.ZV/2
 

雨宮処凛がゆく!マガジン9条
http://www.magazine9.jp/karin/091014/
韓国・徴兵制なんて嫌だ! ある若者の闘い。(その3)


イギリスに留学したキム君は、17〜19歳までの2年間をそこで過ごした。
 イラク戦争反対デモや大麻合法化デモを目の当たりにしたり、スクォッティングの現場を訪ねたりと、イギリスでの生活は充実していたようだ。また、彼の「宗教」は「ビートルズ」とのことで、リバプールに「聖地巡礼」も行なったという。
 そんなイギリス滞在中、「日本に行ってみようか」と思い立つ。その時から、日本語の「ひらがな」の勉強を独学で始めた。
 イギリスから韓国に帰国し、日本に来るまでの間の2年間は韓国で過ごした。

 「韓国社会をあまりにも知らないんじゃないかってこともあり、いいとこと悪いとこを2年くらい見てから自分が行きたいところに行こうと思って。韓国でバイトして、フリーター生活ですね」  

 アルバイトは家庭教師やネットカフェの店員など。ちなみにネットカフェの時給は当時で2500ウォン(200円くらい)。韓国ではフリーターでは到底食べていけない。正社員と非正規雇用の格差は、日本以上なのだ。

 「韓国ではその差が物凄いあるので、どうしても正社員にならないと生きていけない。だからほとんどは正社員になるためでも軍隊に行く」

 何やら「徴兵制」というシステムによって、未来、というか人生そのものを人質にとられているようである。
 キム君はアルバイトしながら、毎日1時間、日本語学校に通い始めた。そんな彼にある日、とうとう「徴兵令状」が届いてしまう。しかし、ちょうどその頃、彼は大学に行くために受験勉強中だった。

 「学生だと延長されるんです。だから令状が来てから『受験勉強をしています』ってことで延長して、大学を受験して入学した」

 そうして大学生になり、なんとか「猶予期間」を手にしたキム君だが、徴兵制は大学生活にも暗い影を落としていた。

 「新入生勧誘の時から、男の3、4年生が『皆の前で歌ってみろ』とか言ってくる。3、4年生は徴兵帰りで年が離れてるんですよ。それで軍隊に行くと人が変わって帰ってくる。みんながそうだとは思わないけど、偉そう。バシッと力が入っていて、上下関係が厳しくて」

 そうしてある日、キム君は徴兵帰りの人たちに囲まれる。

 「態度が気に食わねえ、軍隊行ったのかって。何歳だ、今まで何してたんだとか」

 そうして彼は2週間で大学を辞めた。その年の9月、来日。

 「まずは韓国から出ようって。よく、出てもしょうがないんじゃないかって言われるんだけど、それは出ないとわからない。とりあえず出てから考える。現地に行けば何かあるんじゃないかって、なんの計画もないままに来ました」

 そんなキム君が日本に行ったら住もうと決めていたのが高円寺だった。ソウルではホンデという若者の街に住んでいたキム君が、訪韓した在日の人に「東京で一番ホンデに似てる街は?」と聞くと、「高円寺か下北」という答えが返ってきた。そしてこの「高円寺行き」が、のちのキム君の人生を面白いことにしていく。

さて、ここで突然だが、話は01年に遡る。
 01年、1人の韓国の兵役拒否者の若者(仮にA氏としておこう)が、観光ビザで日本にやってきた。日本語も喋れず、一ヵ月くらいしか滞在できなかったA氏だが、なぜか日本の「だめ連」界隈の人たちとハードに交流。日本で大暴れした挙句、入国管理局に捕まって殴られ、韓国大使館に助けを求めるものの、「法律を守らない奴など国は守らない」というようなことを言われて助けてもらえなかったという人である。私もこのA氏については「韓国から徴兵拒否のトンデモない人が来た」というような、もはや伝説レベルの噂を聞いているのだが、そもそも日本に何をしに来たのかはよくわからない。おそらく韓国の徴兵問題についてアピールしようと思ってきたのだろうが、彼の来日は、とにかく一部の日本人に大きなインパクトを与えたのだった。
 そのA氏がネットで書いている記事を、キム君はイギリス時代に読んでいたという。

 「彼の記事を読むと、日本でなんとか彼を助けようとする人たちがいっぱい出てくるんですね。日本にこんな人たちがいるんだって」

 そうしてキム君はA氏にメールを出した。その当時世界一周中だったA氏からは来年あたりイギリスに寄るから会おうと返事が届く。その翌年のある日の深夜、キム君のもとに突然電話がかかってきた。A氏からで、「今空港だけど金がなくてそちらまで行けません」というものすごく一方的な電話だった。キム君はA氏を迎えに行き、そこで日本で出会った人たちについていろいろと聞いた。

 「ペペ長谷川(だめ連)とか、そういう名前を聞いたんです。それで日本に行く直前に連絡先教えてってAさんに言ったら『なくした』って。で、とりあえず記事に載ってたペペ長谷川の顔を覚えて」

 キム君は、「日本に行ったらこの人に会いに行こう」と、便所サンダルを履いた脱力系のペペ長谷川氏の顔写真をしっかりと目に焼きつけた。そうして韓国から、徴兵制に疑問を持った若者が「だめ連」界隈の人脈を頼って来日する、という世にも不思議な出来事が起きたのである。
 果たしてキム君はペペ長谷川氏と会えるのか? 乞う御期待!
 それにしても、「だめ連」界隈、かなりワールドワイドな感じで世界中から「だめ」な人を呼び寄せているのである。
(以下次号)

キム・ソンハ君がかかわっている「韓国の徴兵制について考える」グループ「PANDA」のサイトはこちら。
http://panda1panda2.web.fc2.com/

韓国・徴兵制なんて嫌だ! ある若者の闘い。(その1)【雨宮処凛がゆく!】
http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/141.html

韓国・徴兵制なんて嫌だ! ある若者の闘い。(その2)【雨宮処凛がゆく!】
http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/198.html

・・・・・・・・・・・・・・・・

韓国では体罰は当たり前のことなのだそうです。男が女を殴るのは当たり前。親が子供に体罰を与えるのも当たり前。
韓国の子供が日本に越してきて、体罰を食らったことのない子供がいることに驚いた、という話があるくらいです。
軍隊の存在が韓国社会に大きく影を落としているのでしょうね。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。