★阿修羅♪ > 戦争b1 > 379.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
普天間問題:外相の県内移設発言に首相「結論は私が出す」【毎日JP】
http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/379.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2009 年 10 月 24 日 21:40:36: YdRawkln5F9XQ
 

(回答先: 岡田外相「嘉手納基地への統合も」に地元町長が反発「断じて許さない」 投稿者 妹之山商店街 日時 2009 年 10 月 24 日 20:14:34)

普天間問題:外相の県内移設発言に首相「結論は私が出す」【毎日JP】
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091025k0000m010069000c.html

【フアヒン(タイ中部)西田進一郎】

鳩山由紀夫首相は24日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)への移設計画見直しに絡み、岡田克也外相が県内移設を目指す考えを示したことについて「(県外移設の可能性が)ないということではない」と指摘。

その上で「結論は私が出す」と強調した。

東南アジア諸国連合(ASEAN、10カ国)との首脳会議などのため訪問中のタイで同行記者団の質問に答えた。

鳩山首相は外相発言について「政治主導だから閣僚が自分の思いを述べられることはあってもいい。

ただ、最後は私が決める」と述べ、岡田氏個人の考えとの認識を示した。

結論を出す時期については、11月のオバマ米大統領来日時などの期限は区切らない考えを改めて示し「しかるべきところで私が判断する」と述べた。

岡田外相は23日の記者会見で「県外は選択肢として考えられない」と明言。

移設先として、米空軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合を軸に検討する考えを示していた。

【関連記事】

普天間移設:「早期対応を」米次官補が福山副外相に

東アジア共同体:米国の参加を求める考え表明へ…鳩山首相

普天間問題:移設計画見直し時期「早く結論」…鳩山首相

普天間問題:岡田外相「沖縄県外移設ない」 統合軸に検討

岡田外相:大統領訪日前に訪米へ…11月初旬めど

毎日新聞 2009年10月24日 21時27分

【ワヤクチャ】普天間基地撤去だけ決めればいい。代替地はいらんだろう。アメリカ奴隷をもうやめよう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
削除
ホントホント。
こんな国はないよ。
敗戦で、米軍が上陸したらば、男はタマタマぬかれて、オンナはメリケンに孕まされるという事だった。
 そのとおりなった。タマタマ抜かれたジーさんと日本人でないメリケンばかりになった。艱難辛苦に耐えた忠臣蔵を忘れたか。死を覚悟して、復讐したというか、報復した。普天間追い出すためにストライキしたって殺されるわけでもない。このままでは、マスマス毟り取られて、貧困化し、それがいやなら、誰かさんみたいに、自分と祖国を裏切り懐こやしてどうする。
2009/10/24 23:46
先送り専門で何も決めない鳩山。
結局普天間は元のまま。
2009/11/08 23:58
新政権はアドバルーンを沢山飛ばして反応を見るが宜しい。
従来の経緯をじっくり検証して、様子を見ながら、最適な代替案を探るのが良いのです。先送りでも何でもない。急いては事をし損じる。
鳩山首相が最後の決断をして、それが元のままならそれからは批判大いに結構。
でも今から先走ってゴチャゴチャ言ってはチンピラのたわ言にしか聞こえません。
2009/11/09 00:59
民主党が選挙前に、普天間を県外に移設するというできもしない、無責任な公約をして、選挙に全員通ってしまったので、今になって沖縄県民とアメリカの挟み撃ちにあってどうしようもなくなっているというのが実態でしょう。結局普天間は現状のままという最悪の事態になると予想される。
2009/11/10 01:54

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。