★阿修羅♪ > 戦争b1 > 384.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 【冤罪収容所:アルカイダと言わないと拷問をうけたw】「署名拒み電気ショック」グアンタナモ元収容者が講演
http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/384.html
投稿者 官からアメリカ人へ 日時 2009 年 10 月 25 日 08:39:15: Dx5sTVjBq/alo
 

(回答先: 【まるで奴隷:これがブッシュ流w】日常的に暴行、食事なしも=拷問での死者も目撃−グアンタナモ元収容者が来日 投稿者 官からアメリカ人へ 日時 2009 年 10 月 25 日 08:34:25)

「署名拒み電気ショック」グアンタナモ元収容者が講演
2009年10月24日19時8分


キューバにあるグアンタナモ米軍基地の対テロ戦収容所に、無実なのに収容されたムラット・クルナズさん(27)が、自身の体験を語るため来日した。収容所はオバマ大統領が来年1月までに閉鎖すると表明したが、200人以上が収容されたまま。「収容所の実態を多くの人に知ってもらいたい」と、24日から全国8都市で講演する。

 クルナズさんは、トルコ人移民だった両親の間にドイツで生まれた。結婚して3カ月後の01年10月、聖典コーランを学ぶためパキスタンへ。帰国直前に現地当局に拘束され、米軍に引き渡された。グアンタナモに移送されたのは翌年2月。「アルカイダのメンバーだ」と認める文書への署名を拒否すると、電気ショックにかけられたという。

 ある日、尋問した米兵から、自分が3千ドルで売られたことを聞かされる。当時、テロリスト摘発に米政府は報賞金を出していた。収容所に子どもやホームレス、高齢者が多い理由がわかった。「無実の人間をゴミのように売買するなんて」

 06年8月、突然解放され、祖国へ戻った。だが、妻は2年前に離婚届を出し、大好きだった叔父は病死していた。友人たちは距離を置くようになり、職を求めても名前を告げると断られた。

 今は収容所閉鎖を求めて欧州各国で講演を続けている。24日夕に横浜、25日午後に東京で講演する。詳細は、アムネスティ・インターナショナル日本のサイト(http://www.amnesty.or.jp/)へ。(杉山麻里子)

http://www.asahi.com/national/update/1024/TKY200910240274.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。