★阿修羅♪ > 戦争b1 > 488.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「アフガンの混乱の背後にいるのは誰なのか?」
http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/488.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2009 年 11 月 03 日 23:02:45: 6nR1V99SGL7yY
 

「アフガンの混乱の背後にいるのは誰なのか?」というタリバンの論評記事
http://speedo.ula.cc/test/r.so/gimpo.2ch.net/news5/1253376418/112?guid=ON

Who are Behind the Chaos in Afghanistan?
http://www.alemarah.info/english/index.php?option=com_content&view=article&id=393:who-are-behind-the-chaos-in-afghanistan&catid=2:articles&Itemid=3
(抜粋要約)
最近カルザイ大統領が記者会見で
「身元不明のヘリコプターが北部へ武装グループを空輸した。
そのグループがその地の平和と安全を妨害している」と訴えた。

しかしその地域にいるムジャヒディン(タリバン)は、
「侵略者たちはムジャヒディンの隠れ場所を狙って夜間に民兵たちを空輸している。
そして民族間の戦いを駆り立てるために
民族同士の関係が敏感な地域を攻撃している」と言っている。

アメリカはそれによってアフガニスタンにおける米軍の存在の正当化ができ、
タリバンに反対するアフガンのマイノリティの中に支援者を作れると考えている。

*105-106の元記事の中に「ヘリは小丘の付近に着陸して、ターバンを巻き、
パトゥス--毛布風のショール--で身体を包んだ大勢のタリバンを降ろした」という目撃証言があるのですが、
この服装描写がいかにもタリバンだ、という感じでちょっと不自然な印象は持ちました。

http://speedo.ula.cc/test/r.so/gimpo.2ch.net/news5/1253376418/105-106

http://speedo.ula.cc/test/r.so/gimpo.2ch.net/news5/1253376418/105?guid=ON
Helicopter rumors refuse to die
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/KJ29Df01.html
・タリバンの北部での活動が活発になってきているが、この数ヶ月かあるいはそれ以上、
奇妙な「噂」が北部のクンドゥズ州、バグラン州などで広まり、語り続けられている。
・それは
「アフガン国軍とタリバンの戦闘中に、アフガン国軍がタリバン兵を包囲したところ、
国籍不明の外国のヘリがやってきて、タリバン兵たちを救出して去っていった」
「外国のヘリが南部から大勢のタリバン兵のグループを運んできた。
そのタリバンたちが、ある地区の地区センターを攻撃した」というようなもので、
いくつかのバリエーションがあり具体的な地名が出てくるものもある。
また直接自分の目で見たと主張する一般人・地元当局者もいる。
・国際部隊側はその話を強く否定している。しかし10月中旬にカルザイ大統領が
「『身元不明』のヘリがタリバンを運んでいるという報告を調査する」と
発言したことから、噂の信憑性が高まることとなった。

http://speedo.ula.cc/test/r.so/gimpo.2ch.net/news5/1253376418/106?guid=ON
・外国軍がタリバンを南部から北部に運び支援しているという噂の根拠のひとつは、
中央アジアのガスと石油を狙って、米英がそこに
影響力を展開したいと考えているのだろうという推測だ。
「タリバンがそこにいるから」という理由があれば
ロシアと中央アジア諸国からの反発を避けやすくなる。
・アフガニスタンの空域は事実上外国軍に独占されていて、
ヘリが飛んでいればそれは外国軍の物だと考えるのが自然である。
また、長年外国による工作活動の舞台となり、戦争で疲れているアフガン人が
陰謀論を信じやすくなるのは無理もないことと言える。

・たとえただの噂だったと証明されたとしても、
真の問題は西側国際部隊に対するアフガン人の根強い不信感かもしれない。

Taliban uses helicopters to get to the borders of Uzbekistan and Tajikistan
http://enews.ferghana.ru/news.php?id=1412&mode=snews  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
削除
戦争は虚実入り乱れての駆け引き。
第二次大戦の時も「米兵装う、ドイツ軍」、「ドイツ兵装うアメリカ軍」なんていうのもあったじゃないか。戦争のヒトコマ。
暗闇のヘリコプター、打ちっぱなしの携帯ミサイルの赤外シーカーのいい的だが。太陽で欺瞞の回避も無理。
傀儡政権の正当化付けのためのカルザイ選挙。「いつか来た道」のゴ・ジェン・ジェム、ゴ・ジェン・ヌーなんかもそうだったし、「やられっチまわない内に、取るだけとって」のいつものパターン。それが前提のクセして、汚職腐敗をしないことか。誰でも「ハァーィ」だ。
本当に「いつか来た道」。アメリカも早く解決した事にしなければなんねぇーんた゜な。
もうスグ冬で厳寒のヒンヅークシが牙を剥く、人間様は活動停止。「撃ちかたヤメー」だからな。これで「勝った、勝った」か。
2009/11/04 08:56

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。