★阿修羅♪ > 戦争b1 > 509.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
モサド生物兵器研究員逮捕とウクライナパンデミック
http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/509.html
投稿者 姉葉大作 日時 2009 年 11 月 06 日 08:50:49: 1eq0f123HFFf2
 

今年8月にモサドの生物兵器研究開発に携わっていたとされる微生物学者科学者ジョセフ・モッセ氏が逮捕されるという騒動があったの。
彼の逮捕は全米で生中継されており日本のマスゴミでも報道されたと思うけど真相は、全然違う。彼の容疑は、表向きはホワイトハウス脅迫罪(当局がよくやる手w)なんだけど重大な内部告発している事が判明した。
内部告発内容は、インフルエンザワクチンも製造している製薬企業バクスター社がウクライナで生物兵器をばら撒く計画がある事を逮捕前に語っていた........逮捕劇から2か月後、実際にウクライナで(フルーウイルスだとされているがなぜこの地域でこれだけ大規模なパンデミックが発生したのかは原因不明)のパンデミックが始まっており住民の目撃情報として正体不明の航空機が上空から何か(生物兵器?)を散布しているという怪情報もある
.....ウクライナは首都のディナモ・キエフを中心に選挙も絡み国中が大混乱。


日本語訳情報では、以下が詳しい↓

内部告発したモサド生物兵器研究員ジョセフ・モッセの逮捕劇を全米で生中継




2009.11.05 Thursday
本日は数日前から話題になっている、ウクライナで発生した謎のインフルエンザ流行に関する記事です。生物兵器だとする陰謀説、選挙戦を有利に戦うための野党の工作だとする陰謀説、確かに色々と出てきています。

しかし、本文中のジョセフ・モッセ氏が発した警告との奇妙な一致は何を意味しているのでしょうか...?

Ukraine virus mystery deepens

深まるウクライナのウィルスに関する謎

発行2009年11月3日午後1:02 | 記事、RNWニュースデスク

不可思議なインフルエンザの流行に、大統領選挙運動期間中の国を支配されているウクライナ(Ukraine)は、現在ヒステリー状態にある。学校は閉鎖され、公の集会は禁じられている。

状況は非常に悪く、キエフ市長は水曜夜のダイナモ・キエフ(Dynamo Kiev)とイタリアのインターミラン(Inter-Milan)との間で行われる、サッカーチャンピオンリーグの試合を閉鎖された屋内で開催する事まで計画している。最低の場合においても、少なくとも観客はフェイスマスクの着用を求められるだろう。

同国は、先週末に抗ウィルス製剤のタミフルを65万ダース発注したが、さらに数十万ダースが発注過程にある。同様に数百万ものフェイスマスクも製造されている。

ウクライナにおける正体不明のインフルエンザウィルスの謎が、RNWによって最初に報告されたのは10月29日の事であり、(状況は)さらに深まりつつある。様々な陰謀論者のウェブサイトでは、現在でも生物戦の実験が原因であるとの可能性が論じられている。

流言の発生は意外ではない

もしウクライナが、1986年に発生したチェルノブイリ(Chernobyl)の原発事故の因果関係に関して未だに対処中であったなら、このような流言が生まれることは意外なことではない。しかし、それらは単なる噂なのだろうか、或いはそう主張する何らかの実体があるのだろうか?

2009年8月、イスラエルの情報機関モサド(Mossad)の元微生物学者だと称するジョセフ・モッセ(Joseph Mosse)と言う男が、ホワイトハウスに対する脅迫を行ったかどでロサンゼルスで逮捕された。

彼の逮捕直後、バクスター・インターナショナル(Baxter International)という会社が、ウクライナで生物兵器を準備しているとの警告と共にラジオ番組に彼が立ち寄ったとの報告が寄せられた。これらの報告によると、モッセ氏はその兵器がインフルエンザワクチンを介して広まるだろうと話したと言う。

現実か見解か

モッセ氏の微生物学者としての資格が、このウェブサイトに掲載されている彼の研究概略によって確認されたことで、これらの報告には信頼性が与えられている。同様に、軽飛行機が正体不明の物質をキエフ市中心部で散布しているのが目撃されたという話が巡っているが、これは同国の緊急行動オフィス?(Office of Emergency Response)によって否定されている。

しかし、これは流行している説の1つに過ぎない。ある政治アナリストは、流行病の話題が1月に行われる選挙の運動期間中に、野党政治家によって作られたまやかしであると考えており、またウクライナ政府はその主張を軽視している。同政府の姿勢は、ウクライナに調査団を送り、平年の通常レベルを超えるような深刻なインフルエンザ発生の証拠が発見できなかった、と報告している世界保健機関(World Health Organisation)に支持されている。

結果を待ち受ける

ウクライナのVasyl Kniazevych【ワシル・ニアゼビッチ?読み方不明】厚生相は、この未確認のウィルスが既に発見されている、既知のカリフォルニアA/H1N1インフルエンザであるという考えを国営ラジオで話した。これは、H1N1ウィルスの中でもより感染力の強い種であると考えられている。同相の話では、不可思議なウィルス特定のための試みには、数週間を要する見込みだと言う。ウクライナと他の国々が調査結果を待っている間にも、競合する様々な説が循環し続けることは疑いの余地がない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
削除

ウイルスとワクチンというセット攻撃が画策されている可能性がだんだんと高くなってきたなぁ

もう、陰謀論なんて楽観している場合じゃない。

情報をもっと集めねば。

しかし、WHOもグルな国家的悪巧みの可能性がかなり高いとなると、この世も末だわ。

この攻撃から身を守る方法は 日さん の提唱する自給自足で社会から少し距離を置く生活形態しかない気がする。

2009/11/06 09:32

「セット攻撃」の事は、まだまだ一般の人は知りません。
親しい人に教えてください。
「自給自足で社会から少し距離を置く」のは、その後でお願いしたいです。
私も今回の件は、薄々、湾岸戦争症候群から類推して危ないとは思っていたので、
暫くぶりで阿修羅を急いで読みました。
”ひとりの小さな手”さん、”あのに”さんの投稿で、知った次第です。
 
それと、自分の子供に対して親として責任もあるので、ひつこく言ってます。
今、強制接種になるのが一番気がかりです。
広範囲に考えると、子供は正常でも、結婚相手が今回の輸入ワクチンで傷害を受けていれば、
出産はできません。
湾岸戦争でワクチン毒にさらされたのは男性兵士でしたが、帰国後、異常出産が
起こっています。
男女問わず、生殖機能を破壊されると見ています。(→アジュバンド)
”どっちだ”さんの「輸入ワクチンの安全性・非安全性 早分かり一覧」も詳しいです。

2年後くらいに、世間は大騒ぎしているでしょうが、もう手遅れです。

2009/11/07 11:26

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。