★阿修羅♪ > 戦争b1 > 597.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
オバマ氏発言に被爆者は複雑 '09/11/14【中国新聞】
http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/597.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2009 年 11 月 14 日 15:19:14: YdRawkln5F9XQ
 

オバマ氏発言に被爆者は複雑 '09/11/14【中国新聞】
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200911140041.html

 日米首脳会談を終えたオバマ米大統領が、被爆地訪問に触れながらも「短期的には予定がない」と述べたことや、核兵器廃絶は目指すものの「生きているうちには無理かもしれない」と発言したことに、広島の被爆者は複雑な心境を語った。

 原爆資料館ピースボランティアの岡田恵美子さん(72)は「日米首脳が核軍縮について共同で会見すること自体が画期的。廃絶への明るい兆しを感じた」と評価する。

原爆投下の是非への質問に答えなかったことには「米国内には原爆を正当化する世論が根強く、大統領の立場では何もいえなかったのだろう」と推し量った。

 「重要なのは『核なき世界』を目指すとしっかり言っている点」と強調するのは広島県被団協の坪井直理事長(84)。同時に「できるだけ早く、原爆慰霊碑の前で核兵器は二度と使わないと言ってもらいたい」と求める。

 一方、もう一つの県被団協の金子一士理事長(84)は核抑止力の維持に触れた点を「どこまで本気で廃絶を考えているのか分からない」と懐疑的に受け止める。

「被爆地で、体全体で核兵器の残忍性を知らなければ分からない。

オバマ大統領に期待するのではなく、地道に廃絶への機運を盛り上げていくしかない」

 元原爆資料館長の高橋昭博さん(78)も「核兵器廃絶に関する会談内容は薄かったようで残念」と話しながらも「時間的な制約もあるだろう。

大切なのは、この日連携を誓った日米が、今後どう行動をしていくかだ」と期待をつないでいる。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。