★阿修羅♪ > 戦争b1 > 608.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ユダヤ人はイスラエルの脅威となる異邦人を殺してもよい  (ROCKWAY EXPRESS )
http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/608.html
投稿者 新世紀人 日時 2009 年 11 月 15 日 14:26:19: uj2zhYZWUUp16
 

http://rockway.blog.shinobi.jp/Page/2/

ユダヤ人はイスラエルの脅威となる異邦人を殺してもよい

ラビ・イツハク・シャピロ

◆11月10日

 中東問題は、イスラエル問題である、と指摘してきたが、そのひとつは、以下の記事にあるように、ユダヤ人の持っている極端に肥大化された「選民思想」にある。この選民思想はいかなる手段を使用してでも、またどんな相手であっても、イスラエルの行く道を遮る、ないしは脅威となりそうな存在に対し、殺害することをよしとすることを宗教的な信条として持っている。
 このような狂った考え方、あるいは物事の捉え方がまかり通るため、中東のパレスチナの問題の解決はほとんど不可能になっているのだ。これをパレスチナ人は身をもって体験してきているため、絶望の中にいるが、世界のイスラム教徒、アラブ人の同胞らの、そして世界中の人々の支えがあるため、祖国の解放と独立のための戦いを継続できている。

 このイスラエルの病理をいかに解決するか、というのが人類最後の問題のひとつかも知れない。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●ユダヤ人はイスラエルの脅威となる異邦人を殺してもよい
【11月9日 Haaretz】
 ユダヤ人テロリストのヤコブ・テイテルが逮捕された数週間後、西岸にいるラビ(ユダヤ教教師)は9日、イスラエルの脅威となる異邦人をユダヤ人は殺してもよい、という内容の本を出版した。

 ラビ・イツハク・シャピロは、イェツハル入植地のオド・ヨセフ・チャイ・イェシバの代表者だが、著書の「王のトーラ」の中で、国家に脅威を及ぼすならば、子供でも赤子でも殺してよい、と書いている。
 シャピロは、彼の多くの教えを聖書から引用した成句を利用している。それに自分の意見や信じることを加えている。
 「脅威を与える面では責任はない者たちでも、諸国の有徳な者たちを殺害することは許される」と書き、更に「もしわれわれが罪を犯した異邦人あるいは、7つの戒律を犯す者を−われわれは戒律を大事にするゆえ−殺害することで悪いことは何一つない」

 ラビ・イツハク・ギンツブルグやラビ・ヤコブ・ヨセフを含む何人かの著名なラビたちは、自分の生徒や弟子たちにこの本を推薦している。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2009/11/10 (Tue) 国際政治


[新世紀人コメント]
しかしながら、この様な思想を持つ人物が実はイスラエル問題(パレスチナ問題)の解決を促進するとして珍重されて野放しにされて泳がされている可能性が高いと私は考える。
健全な精神が支配的な日本人の思考においては判りにくいかも知れないが、暴力的な解決が最も簡単で確実であり論理的で判りやすいと帝国主義においては考えられるであろう事は、帝国主義を知る者においては到達できる当たり前の結論ではないのか。
「ナントカは世界に冠たる民族だ」とは帝国主義においては真に好都合な煽動だ。

 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
アブラハムの子供であるというなら、アブラハムの業を行ないなさい。アブラハムはそのようなことを行ないませんでした。
(ピノキ)

2009/11/16 23:44

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。