★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK76 > 1020.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢氏関連政治団体 繰越金が20億円  政党の結党・解散を繰り返す過程で、政治資金を膨らませて 【しんぶん赤旗】
http://www.asyura2.com/10/senkyo76/msg/1020.html
投稿者 愚民党 日時 2010 年 1 月 01 日 09:19:52: ogcGl0q1DMbpk
 

小沢氏関連政治団体
繰越金が20億円
結党・解党のたび膨らむ

--------------------------------------------------------------------------------

 ゼネコンからの不透明な巨額献金が指摘されている民主党の小沢一郎幹事長が関係する政治団体があわせて20億円を超す繰越金を持っていたことが、本紙の調べでわかりました。政党の結党・解散を繰り返す過程で、政治資金を膨らませています。

 2008年分の政治資金収支報告書を調べたもの(表参照)。繰越金はその年の収入総額から支出総額を引いたもので、翌年の政治活動の資金となります。

 10億円を超す繰越金があるのは、1994年10月に設立された改革国民会議。小沢氏が代表幹事や党首を務めた新生、新進、自由の各党の「政治資金団体」でした。2003年9月、自由党が民主党に合流するための解散にともない、一般の政治団体となりました。その際、約5億6096万円の政党助成金を含む約13億8215万円を受け取りました。

1000万円を支出

 08年の収支報告書によると、同会議は、小沢氏が若手を育成するために開いている「小沢一郎政治塾」の会場費や講師料として約1000万円を支出。小沢系若手グループ「一新会」に500万円寄付しています。

 一方、7億円近い繰越金がある「改革フォーラム21」は、93年2月に新生党の政治資金団体として設立されました。94年12月に新生党が解散、新進党になった際、新生党本部と各支部の残ったほとんどの金、約9億2500万円の寄付を受けました。

 改革国民会議、改革フォーラム21とも、政党解散・立ち上げにともない、政治資金残金の受け皿になってきたわけです。

 両団体は同じ場所にあり、電話番号も一緒。代表者は98年の参院選に自由党から比例代表で立候補した人物が、会計責任者は小沢氏の側近といわれた平野貞夫元参院議員が、それぞれ兼任しています。

興味深い証言

 改革国民会議については、昨年12月18日、小沢氏の元公設第1秘書の西松建設違法献金事件の初公判で、興味深い証言が紹介されました。

 検察側が、1999年6月〜2001年冬まで、小沢氏の事務所で経理事務を担当した元秘書の供述調書を読み上げたのです。

 「改革国民会議の資金について、小沢議員から会計責任者に指示して、随時、小沢議員の関連政治団体へ資金移動がなされており、改革国民会議も小沢氏の『財布』にすぎなかった」

 91年〜00年に経理を担当していた別の元私設秘書の調書も読み上げられました。

 「改革国民会議あてに寄付してもらって、あとで小沢氏の資金管理団体『陸山会』に送金されたこともあった」

 小沢氏をめぐっては、陸山会による土地購入で、収支報告書に記載されていない購入資金約4億円の原資が問題となっています。この問題で、小沢氏の元秘書で陸山会事務担当だった民主党の石川知裕衆院議員が東京地検特捜部に任意聴取されています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-01-01/2010010123_01_1.html



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月01日 09:37:26
とりあえずは森小泉安倍らのカルト政権に2度と戻ることが無いように
民主党には今年もがんばって欲しい。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。