★阿修羅♪  Ψ空耳の丘Ψ17
 ★阿修羅♪
Ψ空耳の丘Ψ17検索
 次へ  前へ
『薬害はなぜなくならないか』でも副作用報告症例の欺瞞調査仕組みに気付かず 投稿者 木村愛二 日時 2002 年 2 月 25 日 21:31:30:

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『亜空間通信』171号(2002/02/25)
【『薬害はなぜなくならないか』でも副作用報告症例の欺瞞調査仕組みに気付かず】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 転送、転載、引用、大歓迎!

 先に、『亜空間通信』167号(2002/02/21)【厚生ダミー医薬品機構の天下り人事と巨億税金ふんだくり状況と激怒先輩の速報】で「サンデー毎日「厚生省の犯罪」より抜粋」とし紹介した「高山家」の「激怒」の電網宝庫記事を、図書館から借り出した単行本『厚生省の「犯罪」薬害』(p.108-113、毎日新聞社社会部薬害エイズ取材班、日本評論社、1997.2.28)で、確認できた。 

 若干、改行や括弧が違っていたが、中身は同じだった。ただし、項目の見出しは、
「救済しない救済機構 」ではなくて、少し違う「救済しない『救済』機構 」だった。括弧を付けて「救済を自称する」の意味を持たせたものであろう。

 この単行本の奥付の裏には同じ社の発行の単行本、『薬害はなぜなくならないか』の広告が印刷されていた。その本も書棚にあったので一緒に借り出してきた。奥付を見ると、1996.11.15.初版発行である。

 他にも薬害関係の本を借り出したが、私が特に関心を抱き始めた薬の「添付文書」にふれていたのは、この『薬害はなぜなくならないか』だけだった。著者は内科の医者である。

 ところが、この本でも、「薬の危険な面、害(副作用)への注意が載っていない説明書は欠陥品である」とは記すものの、私が『亜空間通信』168号(2002/02/22)
【厚生省の犯罪など裸の猿の悪業を全部暴くのは不可能で疲れるから部分恐怖のみ】
で指摘した問題点、つまり、「副作用が報告された症例」の「報告」なるものが、「薬の販売元が病院、薬局などで調査する」であり、以下のような恐怖に満ちた欺瞞であることまでは、気付いていないのである。これではまだまだ「薬害はなくならない」と言えるので、以下、関連部分のみ引く。

 つまり、まったく科学的な調査の結果ではないのである。泥棒に自分の犯罪は軽い
と報告させ、許してしまうようなことである。自覚症状が明確で無い副作用を受けた
患者は水面下の氷山のように、まったく厚生労働省審査管理課の水面上、もしくは雲
の上からの視野に入っていないのである。ああ、恐ろしい。ああ、真相究明「魔」と
しては愉しい。いっひっひのっひっ。

 以上で引用終わり。

 すこで、本日(2002/02/25)、日本評論社に電話をして、担当の編集者に事情を話し、検討を要請した。ああ、疲れる。もともと、杉花粉症の症状の一つは、疲れることなのである。ああ、疲れた。

 以上。

************************************

木村愛二:国際電網空間総合雑誌『憎まれ愚痴』編集長
ある時は自称"嘘発見"名探偵。ある時は年齢別世界記録を目指す生涯水泳選手。
E-mail:altmedka@jca.apc.org
URL:http://www.jca.apc.org/~altmedka/
altmedka:Alternative Medium by KIMURA Aiji
Big big name, ah, ah, ah........

************************************

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。