★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
カルトの背後に潜む嘘〜ガイアナ「人民寺院」集団自殺事件の場合 投稿者 釜井@オリジナル 日時 2002 年 8 月 01 日 21:21:57:

■1978年ガイアナで起こった「人民寺院」の集団自殺事件
については表面的には、不気味なカルトのマインドコントロール
によって引き起こされた非常識な事件という事に成っている。

しかしながらその実態はマスコミ報道とは大きく異なる。
以下に転載するのは、
★「人民寺院」の集団自殺は、一部勢力のエージェントが仕込んだ
 「ヤラセ」事件である
と主張している研究者の著作からの文章。
私はここ ★阿修羅♪ で議論されてきた「オウム真理教」の事件や、
クローン人間で現在注目を集めつつある「ラエリアン」なども
同じ勢力の裏の関与を疑っている。

--------------------------------------------------------------------
■巨大洗脳実験場だったジョーンズタウン
アメリカ合衆国政府は長年完全なマインド・コントロール計画を進めていた。
CIAは成功しなかったため1973年に計画を中止したと言っている。
だが、自称「ユキアから出た救世主」ジム・ジョーンズという安っぽい男が
マインド・コントロールの手法をマスターできたくらいだから、
膨大な財源を持つ政府も成功したと考えたとしても見当違いと言えるだろうか?
ジム・ジョーンズ体験から生き残った人の多くはそう考えている。
そして彼らはさらに、ジョーンズタウンこそが政府が成功を収めた実験場だった
と考えているのだ。
1970年代にぽっかり口をあけた道徳的・精神的な深淵の中でジョーンズタウン
は繁栄した。誰もが暗闇の中で魂を探し求めていたあの70年代に
出現した無数のカルトと同様、そのメンバーたちは洗脳を受けたという。
人間の中身といってもしょせん配線と回路でしかないということを
物語る生きた証拠というわけだった。

楽園ジョーンズタウンは実際のところ地獄だった。
ジョーンズは信者を虐待し辱めた。最低限の食糧しか与えず強制的に奴隷労働
に駆り出した。レオ・ライアン議員がジョーンズが残虐だという訴えを
調査しようとジョーンズタウンを訪れたところ、彼と数人の報道記者が
殺害された。アメリカの歴史の中でも最も身の毛もよだつような、
恐怖の出来事がそれに続いて起きた。ジョーンズの命令下、洗脳された
九〇〇人以上にものぼる彼の信者たちが自殺したのである。
シアン化物を飲むという極めておぞましい自殺方法だった。
以上が、ジョーンズタウンの大虐殺を描いた大抵の記録に記されている
事実- 大半のアメリカ人が信じている事実 -である。
だが、ぞっとするような殺人、暗殺、有名な自殺事件を調べていて
よくあることだが、答えの見つからない、どうも気になる疑問が残るのだ。

ジョーンズタウンの虐殺を記録した録音テープにはジム・ジョーンズの声が
入っている。ある瞬間彼が「ドワイヤーをここから連れ出せ!」と
叫んでいるのが聞こえる。この「ドワイヤー」というのが
リチャード・ドワイヤーだった。そしてリチャード・ドワイヤーとは何者か?
他でもない、アメリカ中央情報局CIAで20年間勤めたベテラン要員だったのである。
ジョーンズタウンのはずれの滑走路でライアン議員他四人が殺害された後、
ドワイヤーが自分の手を「丹念に」洗っているのを目撃した人がいる。
「死体から服をはぎとっていたのさ」とドワイヤーは説明した。
「きれいな仕事とは言えないね」。
表向きは大使館の職員として働いていたCIAエージェントだったドワイヤーは、
そこで殺害された五人の財布やその他の持ち物を見せたという。ドワイヤーも
争いの最中に足を撃たれたが傷は「大丈夫だ」と語った。
彼は目撃者を先に行かせたが、本人はジョーンズタウンの方に戻った模様だった。

虐殺後1年経って、CIAの人間がジョーンズタウンに姿を現したことを読んで知った
ジョセフ・ホルシンガーは憤慨を抱いた。ホルシンガーはレオ・ライアンの
助手をやっていたのだ。ライアンは彼にとって最良の友人であり指導者であった。
CIAの影がジョーンズタウンにちらついているのを見て、ホルシンガーの心の中に
恐ろしい疑惑が沸き起こってきた。
虐殺以後、人民寺院からの多くの脱走者が考えた可能性を彼も考え始めた。
ジム・ジョーンズは既にアメリカ大衆にとってチャールズ・マンソンに匹敵する
ような悪の象徴であった。ホルシンガーその他の人たちはジョーンズタウンの
現実はマンソン事件などよりはるかに邪悪で凄惨の度合いの強い悪ではないか
と推測したのだ。
ジョーンズタウンのことはテレビドラマで取り上げられたが、
そのシナリオがシナリオだっただけに「クール・エイド(アルコール飲料)」乱行に
ちなんだ無数のジョークを生む結果となった。だが現実は正反対で、
ジョーンズタウンで死んだ人たちの多くは上腕部への注射によってシアン化物を
注入されたのだった。自殺をするために打つ場所としてはおかしい。
現場に到着した最初の検視官でガイアナでもトップクラスの病理学者
C・レスリー・ムートーは実際には犠牲者のうち二〇〇人だけが
自らの手で死んだと述べた。ジョーンズタウンで亡くなった二六〇人の子供たち
の全ては殺害されたと彼は言う。ムートーは、口の奥に強制的にシアン化物を
注射されて死んだ七歳の子を見つけた。当初約四〇〇人と報告された死者の数は、
数日後には最終的に九一三人にまで膨れあがった。
その食い違いに対する公式の説明は、死体が重なっていたからだというものだった。
懐疑論者は、脱走しようとした人が何百人もいて彼らが捕えられ惨殺されたのだ
としている。
虐殺現場では精神治療薬が大量に見つかっており、中にはジョン・ヒンクレーも
愛用したバリウムも混じっていた。レオ・ライアンを暗殺した犯人は、
生気のない目をしており、やり口がてきぱきとしていたという目撃談があった。
ライアンを殺したとされる容疑者ラリー・レイトンは、
親戚が言うところによると、人民寺院のことに首を突っ込んでいけばいくほど
「後催眠トランス状態」に陥っていった。
レイトンの父親は彼のことを「ロボット」と表現した。

■ジョーンズに付き添うCIA工ージェント。自殺ではなく殺人だったという事実。
政府の隠蔽工作の匂い。
レオ・ライアン議員の助手だったジョセフ・ホルシンガーにとって、
衝撃的な結論を示す証拠の断片が揃いつつあった。

「ジョーンズタウンは、MK-ULTRAの一環としてCIAが行った大規模な
マインド・コントロール実験だった可能性がある」

とホルシンガーは1980年に発表した。
カリフォルニア大学バークレー校のある心理学者から「犯罪者植民地」と
題された論文を受け取ったのだが、これがパズルの最後の断片を提供してくれた。
「論文を書いたバークレーの著者は……MK-ULTRAを終了したというよりも
CIAは公の機関から民間のカルト・グループヘと計画を移したのであり、
その中には人民寺院も含まれると考えている」とホルシンガーは述べた。
6年間人民寺院に参加しガイアナに移る前に離脱したジョイス・ショーは、
大量自殺という話は「一種の恐ろしい政府の実験か、もしくは人種主義者の
病的な犯行のようなもの……つまり黒人を抹殺するためのドイツ式の計画か何か」
を隠すための隠れ蓑ではないかと考えた。 
------------------------------------------------------
超陰謀-支配エリートが目指す真実の新世界秩序 
ジョナサン・バンキン 著
徳間書店

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。