★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
月面上に宇宙都市発見 投稿者 2002年10月5日 PRAVDA 日時 2002 年 10 月 18 日 22:52:34:

月で都市が見つかる!(翻訳)

地球外生命体の文明の道理にかなった活動が、思いがけず我々の近くで姿を現した。
しかしながら、我々はそれに対して心の準備が出来ていない。

我々はまだ、次のような質問の答えを見つけようとする出版物をふと見つけることが
ある。宇宙に存在するのは我々だけなのだろうか?それと同時に、推論していた生物
の存在が月という我々のふるさとに近いところで認められた。しかしながら、この発
見はただちにシークレットとして機密扱いにされた。というのもそれは、すでに存在
する社会の原理を揺さぶりかねないくらい、とても信じられないことだからだと、ロ
シアの新聞「VechernyVolgograd」はリポートしている。

ここに公式なプレスリリースからの抜粋がある。「火星と月の調査に参加しているN
ASAの科学者とエンジニアたちは、1996年3月21日にワシントン・ナショナ
ル・プレスクラブで開かれた打ち合わせで、自分たちの発見に関する成果を報告
した。月で人工の建造物と物体が発見されていたことが初めて発表されたのであ
る。」 科学者たちは、一機のUFOに関することを除いて、かなり用心深く、そし
てあいまいに、これらの物体について語った。人工物であるということはあり得ると
彼らは絶えず言及し、そして公表された情報はまだ研究下にあって、公式結果がのち
ほど発表されるだろうと述べた。

ソ連が月でのそのような活動の存在を証明する写真資料を以前は所有していたという
ことも、打ち合わせの席上で言及された。そして、それがどのような活動であったの
かは明らかにされなかったのであるが、この活動とその痕跡がはっきりとわかる月面
の多くの箇所を、アポロとクレメンタイン宇宙ステーションから撮影された何千もの
写真とビデオの資料は捉えていたのである。アポロ計画の間にアメリカの宇宙飛行士
たちによって撮影されたビデオフィルムと写真が打ち合わせで公開説明された。人々
は、どうして資料がもっと以前に公開されなかったのかと非常に驚いたが、NASA
の専門家たちは次のように答えた。「月に何か生き物が、過去に、あるいは今も存在
しているという情報に対する人々の反応を予測することは難しかったのです。加え
て、それに対する理由は他にもあり、NASAの権限の範囲を超えていました。」

月研究に関する専門家 Richard Hoagland は、写真資料が一般カタログとファイルに
公表される前に、NASAがいまだにそれらに手を加えようとしているのだと語る。
彼らは、複写する際にそれらを修正したり、部分的にピントを合わせ直したりしてい
るのである。Hoaglandを含む数人の調査者たちは、地球外人種が、彼らが地球で活動
する際のターミナル・ステーションとして月を利用していたのではないかと推測して
いる。これらの示唆は、我々の惑星の様々な国に残る伝説や神話によって確認されて
いる。

月面都市の廃墟は何キロメートルにも及ぶ。大規模な基地を覆う巨大なドーム、おび
ただしいトンネル、そしてその他の建造物は、科学者たちに月に関する彼らの見解を
考え直させる原因となる。どのようにして月が誕生したのかということ、そして地球
の周囲を公転する原理は、科学者たちにとって大きな悩みの種としてうつっているの
である。月面に存在する、部分的に破壊されたいくつかの物体は、自然な地質学的形
態から外れて配置されている。というのも、それらは複雑な構成で、幾何学的な構造
を成しているからである。ハドリー谷の上部で、アポロ15号が着陸したところから
さほど離れていない場所では、高いD形の壁に囲まれた建造物が一つ発見された。こ
れを機に、44の地帯で種々の人工物が発見されたのである。NASAゴダード宇宙
飛行センターと ヒューストン・プラネタリー研究所は、その地帯の調査を行ってい
る。チホ・クレーターの近くでは、不可解なテラス形をした岩山の遺跡が発見され
た。同心状の六面体の遺跡と、テラスの側面にあるトンネルの入り口は、自然な地質
学的作用の結果としてはあり得なくて、まさしく広大な鋳型の鉱山であるかのようで
ある。コペルニクス・クレーターの近くでは、クレータの縁上に建てられた透明な
ドームが発見された。ドームは普通ではなく、内部から白と青が照り輝いている。月
でさえ実にそのような存在なのであるが、かなり特異な物体がファクトリー・エリア
の上部で見つかっている。

壁に囲まれた正方形の地階の上に直径約50メートルの円盤が置かれているのであ
る。ほとんどひし形に近い写真では、地面の中に黒っぽい円筒形をした朝顔口も見て
とれるが、これは地下に潜った砦に通じる、覆われた通路の入り口に似ている。ファ
クトリーとコペルニクス・クレーターの間には、長方形のエリアが存在し、幅300
メートル・長さ400メールになる。        

アポロ10号は「Castle(城)」と呼ばれる1マイルの長さに及ぶ物体の写真
(AS10-32-4822)を撮っており、これは14kmの高さがあって、月面上に明瞭な影を落
としている。この物体はいくつかの円筒部と大きな接合部から構成されているように
見える。城の内部の多孔構造が写真の一つにはっきりと見てとれるが、これ
は物体の一部が透明であるような印象を与えている。

以上は多くのNASAの科学者たちが出席していた打ち合わせの席上で分かった
ことなのであるが、Richard Hoagland が別の機会に城の写真の現物を要求したと
き、写真はまったく一枚も見つからなかった。それらは、アポロ10号の乗組員に
よって作成された写真のリストからさえも消えていたのである。物体の中間的な映像
だけが記録保管所で見つかったが、不運にもこれは物体の内部構造物を描いては
いない。

アポロ12号の乗組員が月面に着陸したとき、半透明でピラミッド形をした物体に
よって、その着陸が観測されているのを目撃している。それは月面の上を数メートル
のところで空中停止しており、暗闇の空に向かって虹色にちらちら光っていたのであ
る。

1969年、宇宙飛行士たちの「嵐の海」への旅に関するフィルムが公開されたとき
(宇宙飛行士たちは再び奇妙な物体を目撃しており、のちに「striped glasses」
(縞模様の眼鏡)と呼ばれるようになった)、NASAはとうとう、そのような類の
統制がいかなる結果をもたらすのかといことを理解した。宇宙飛行士のMitchell
は、帰還成功後の感想を聞かれてこう答えた。「絶えず頭の向きをぐるりと変えな
ければならなかったので、首がまだ痛みます。というのも、そこにいるのは我々だけ
ではないと感じていたからです。祈るしかありませんでした。」 ヒューストン宇宙
センターで働き、アポロ計画の期間中に作られた写真とビデオの原料について研究し
ていたJohnston は、Richard Hoagland と人工物について議論し、NASAの指導層
は、非常にたくさんある、控え目に言っても異常な月の物体に、ひどくイライラさせ
られたと語った。月へのパイロット飛行が禁止されるかもしれないとまで語られたの
である。

調査員たちは、部分的に破壊された都市に似た古代の建造物に対し、特に興味を抱い
ている。写真では、驚くほど規則的な、正方形と長方形の建造物による幾何学模様が
見てとれる。それらはまるで、地上5〜8kmから見下ろした我々の都市に似ているの
である。任務管理のある専門家は写真について次のように論評している。「我々の仲
間は、月面都市の廃墟、透明なピラミッドやドーム、そして神のみぞ知る今やNAS
Aの金庫の中の奥深くに包み隠されたその他のものを観察し、不毛の島の砂の上で、
突然裸足の足跡を見つけたロビンソン・クルーソーのように感じたのです。」 地質
学者や科学者たちが月面都市や他の異常な物体の写真を調べたのち、何と言っている
のだろうか? 彼らは、そのような物体は自然の形成の仕方ではあり得ないと述べて
いる。「特にドームとピラミッドに関して、我々はそれらが人工のものであると認め
るべきである」と。 地球外文明の道理にかなった活動が、我々の近くで思いがけず
はっきりと現れた。心理的に我々はこの準備が為されていなかったが、現在でさえ、
それらが真実であるとほとんど信じれない人々も中にはいるのである。

(2002年10月5日 PRAVDA)


Sensation: Cities Found on the Moon!

Reasonable activity of an alien civilization showed up unexpectedly close to us. However, we were not psychologically ready for it

We still come across publications trying to find an answer to the following question: Are we alone in the universe? At the same time, the presence of reasoning beings has been detected close to our home, on the Moon. However, this discovery was immediately classified as secret, as it is so incredible that it even might shake the already existing social principles, reports Russia's newspaper Vecherny Volgograd.

Here is an extract from the official press-release: “NASA scientists and engineers participating in exploration of Mars and the Moon reported the results of their discoveries at a briefing at the Washington National Press Club on March 21, 1996. It was announced for the first time that man-made structures and objects have been discovered on the Moon.” The scientists spoke rather cautiously and evasively about these objects, with the exception of an UFO. They always mentioned that the man-made objects are possible, and stated the information was still under study and official results will be published later.

It was mentioned at the briefing as well that the Soviet Union used to own some photo materials proving the presence of such activity on the Moon. And, although it wasn’t identified what kind of activity it was, thousands of photo- and video materials from the Apollos and the Clementine space station showed many parts on the lunar surface where this activity and its traces were perfectly evident. The video films and photos made by US astronauts during the Apollo program were demonstrated at the briefing. People were extremely surprised why the materials hadn’t been presented to the public earlier. NASA specialists answered: “It was difficult to forecast the reaction of people to information that some creatures had been or still are on the Moon. In addition, there were some other reasons to it, which were beyond the control of NASA.”

Specialist for lunar studies Richard Hoagland says that NASA is still trying to alter photo materials before they are published in public catalogues and files. They do some retouching or are partially refocussing them while copying. Some investigators, Hoagland is among them, suppose that an extraterrestrial race had used the Moon as a terminal station during their activity on the Earth. These suggestions are confirmed by the legends and myths of different nations of our planet.

The ruins of lunar cities stretch for many kilometers. Huge domes on massive basements, numerous tunnels, and other constructions cause scientists to reconsider their opinions concerning the Moon. How the Moon appeared and principles of its revolving around the Earth still pose a great problem for scientists.

Some partially destroyed objects on the lunar surface can’t be placed among natural geological formations, as they are of complex organization and geometrical structure. In the upper part of Rima hadley, not far from the place where the Apollo-15 had landed, a construction surrounded by a tall D-shaped wall was discovered. As of now, different artifacts have been discovered in 44 regions. The NASA Goddard Space Flight Center and the Houston Planetary Institute are investigating the regions. Mysterious terrace-shaped excavations of rock have been discovered near the Tiho crater. The concentric hexahedral excavations and the tunnel entry on the terrace side can’t be the results of natural geological processes; instead, they look very much like open cast mines. A transparent dome raised above the crater edge was discovered near the crater Copernicus. The dome is unusual, as it is glows white and blue from the inside. A rather unusual object, which is unusual indeed even for the Moon, was discovered in the upper part of the Factory area. A disk of about 50 meters in diameter stands on a square basement surrounded with walls. In the picture, close to the rhomb, we can also see a dark, round embrasure in the ground, which resembles an entry to an underground caponier. There is a rectangular area between factory and the crater Copernicus, which is 300 meters wide 400 meters long.

Apollo-10 astronauts took a photo (AS10-32-4822) of a one-mile long object called "Castle," which is at the height of 14 kilometers and casts a distinct shadow on the lunar surface. The object seems to consist of several cylindrical units and a large conjunctive unit. The internal porous structure of the Castle is clearly seen in one of the pictures, which gives the impression that some parts of the object are transparent.

As it turned out at the briefing where many NASA scientists were present, when Richard Hoagland had requested originals of the Castle pictures for the second time, no pictures were found at all. They disappeared even from the list of pictures made by the Apollo-10 crew. Only intermediate pictures of the object were found in the archives, which unfortunately don’t depict the internal structure of the object.

When the Apollo-12 crew landed on the lunar surface, they saw that the landing was observed by a half-transparent, pyramidal object. It was hovering just several meters above the lunar surface and shimmered with all the colors of the rainbow against the black sky.

In 1969, when the film about astronauts travelling to the Sea of Storms was demonstrated (the astronauts saw the strange objects once again, which were later called “striped glasses”), NASA finally understood what consequences such kind of control could bring. Astronaut Mitchell answered the question about his feelings after his successful return: “My neck still aches as I had to constantly turn my head around, because we felt we were not alone there. We had no choice but to pray.” Johnston, who worked at the Houston Space Center and studied photos and video materials made during the Apollo program, discussed the artifacts with Richard Hoagland and said that the NASA leadership was awfully annoyed with the great number of anomalous, to put it mildly, objects on the Moon. It was even said that piloted flights to the Moon might be banned.

Investigators are especially interested in ancient structures resembling partially destroyed cities. Photos reveal an astonishingly regular geometry of square and rectangular constructions. They resemble our cities seen from the height of 5-8 kilometers. A mission control specialist commented on the pictures: “Our guys observed ruins of the Lunar cities, transparent pyramids, domes, and God knows what else, which are currently hidden deep inside the NASA safes, and felt like Robinson Crusoe when he suddenly came across prints of bare feet on the sand of the desert island.” What do geologists and scientists say after studying the pictures of lunar cities and other anomalous objects? They say that such objects can’t be natural formations. “We should admit they are artificial, especially the domes and pyramids.” Reasonable activity of an alien civilization showed up unexpectedly close to us. We were not ready for it psychologically, and some people hardly believe they are true even now.

http://english.pravda.ru/main/2002/10/05/37771.html

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。