★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: マルクス主義経済学のモデル構築の基礎はアメリカ先住民社会組織論 投稿者 行司 日時 2002 年 10 月 08 日 18:07:24:

(回答先: Re: マンデヴィルの「利得心はプラス価値」という逆転判断をスミスは取り入れ「諸国民の富」を書いた 投稿者 カレラ 日時 2002 年 10 月 08 日 17:36:03)

はい、およそそういうところです。
ただ、ケインズはもちろんアダムスミスの枠内に完全にいるわけですが、マルクス主義経済学は慎重な扱いが必要になります。彼らのモデル,特にエンゲルスの作品(1884年「家族,私的財産及び国家の起源」)は,あくまで,文化人るい学という学問の父で、アメリカ先住民の社会組織についての研究に一生を捧げたモルガンという学者の業績を基礎に考察しているからです。先住民,特に北米の人々は利己心がゼロに近かったのです。マルクスが死ぬ前に,最も悔しがったことの一つ,それは,もっと北米先住民について勉強したかった、ということでした。エンゲルスのその本の脚注にそう記されています。

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。