★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 機会があったら見てほしい本物映画 投稿者 小耳 日時 2002 年 10 月 12 日 13:30:05:

(回答先: 機会があったら見てほしい日本映画 投稿者 F 日時 2002 年 10 月 12 日 00:57:37)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
「暴力・SEX・洗脳SF」のハリウッド映画なんてみるよりも
  もっと本当の、真実の映画をみましょう。

●広河隆一通信 HIROPRESS.net
http://www.hiropress.net/
映画「プロミス」。これは BOX 東中野で早朝上映されています。
ユダヤ人とパレスチナ人の子どもたちを追ったドキュメンタリーです。
http://www.hiropress.net/column/
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

■ HIRO COLUMN
文:広河 隆一

「プロミス」

Posted: 9/14/2002

【ベイルート 14 日】

「アメリカの正義」が、新たに多くの人々を殺そうとしています。

 この動きを黙って見逃したら、今後、子どもたちに語る言葉はなくなるでしょう。

 たとえば「正しいと思うことをしなさい」「人を傷つけてはいけません」「盗んではいけません」「人を殺すことは最大の悪です」など。

 この強者の狂気の時代に、見て欲しい映画を紹介します。

 映画「プロミス」。これは BOX 東中野で早朝上映されています。ユダヤ人とパレスチナ人の子どもたちを追ったドキュメンタリーです。

 激しい対立の時代に生まれ育った子どもたちは、周辺で近しい人間が殺されたり、爆発で命を落とす恐怖にさらされています。しかし子どもたちは対話と理解がないことには何も始まらないと考え、相手に会うことを決意しました。その過程の逡巡、不安が見事に記録されています。

 そしてユダヤ人の子どもたちは、検問所を越えてディヘイシャ難民キャンプのパレスチナ人の子どもたちを訪ねて行くのです。

 そのときの子どもたちを見て、私は胸が詰まりました。パレスチナ人とユダヤ人の子どもが、いっしょに遊ぶ笑顔を見ているだけで、涙が止まらなくなりました。

対立が対話によってしか解決できないということを、この映画は示そうとしています。
対話からしか何も始まらないことを教えてくれます。

 今年 6 月、NHK BS1 の番組で、私はイスラエルのネベ・シャロームの実験について紹介しました。ここはユダヤ人とパレスチナ人の子どもが半数ずつ学ぶ学校です。ユダヤ人はアラビア語を、パレスチナ人はヘブライ語を学びます。そして子どもたちは、近くのパレスチナ村の廃墟に出かけて、なぜそこにパレスチナの村の跡が残っているのか、勉強するのです。そして子どもたちは、教室で話し合い以外の方法では、お互いの理解は生まれないことを、徹底して教えられます。

 ユダヤ人とパレスチナ人の対話の試みは、様々なところでありました。むかし「平和の船」に双方から同数の人々が乗船し、船上で何日も過ごす中から、対話と理解を求める試みもなされました。

 私が代表をしていた「パレスチナ・ユダヤ人問題研究会」は、両者の代表 2 人ずつをまねいて、日本の各地で「ユダヤ人とパレスチナ人の共存のためのシンポジウム」を開催した事があります。当時の朝日ジャーナルが詳しく紹介しています。

 「平和の種」という運動もありました。

 パレスチナ人とユダヤ人の子どもたちがアメリカでキャンプを過ごしました。最初はぎすぎすした雰囲気の中で相手を批判するばかりだった子どもたちは、やがて少しずつ話し合いを始めます。彼らは、問題の解決は唯一、話し合いによってもたらされる、ということを学びはじめます。

 自分の生活の場所に戻った子どもたちは、やがてお互いが住んでいる所を訪ね合い始めます。ユダヤ人の子どもはパレスチナ難民キャンプを、そしてパレスチナ人の子どもはユダヤ人の街を。

 ここまでの話は外国で番組に作られ、それは NHK でも放映されました。

 こうしたことはすべて、和平への期待の中で行われた試みでした。多くの可能性が語られ、夢が語られました。そしてその後、シャロンが登場しました。

 9 月末にシャロンがエルサレムの聖域に上ることによって、パレスチナ人の抵抗運動が劇化します。和平への絶望がパレスチナ人の戦いをエスカレートさせ、イスラエルの弾圧も熾烈をきわめました。

 イスラエルの中に住むパレスチナ・アラブ人も 13 人が射殺されました。14 歳の少年が殺されたというので、私はガリラヤ地方に父親を訪ねました。父親は、どのようにして息子が殺されたか、オリーブの木の下で話してくれました。

 イスラエル兵や警察が村に押し寄せ、村の少年たちは投石しました。息子は間に立って、村人に投石をやめよう、挑発に乗るな、と叫びました。彼はアメリカの「平和の種」のキャンプで得た「非暴力的な解決」「対話による解決」を身を張って実践しようとしたのです。

 イスラエル兵が押し寄せ、村の男たちは逃げました。息子はオリーブ林の中に取り残されました。彼には逃げる理由がなかったのです。

 イスラエル兵は銃で彼の背中を殴り、少年は倒れました。すべては父親の目の前で起こりました。少年は「お父さん!」と叫びました。次の瞬間、イスラエル兵の銃口が火を吹きました。至近距離で実弾が発射され、少年は射殺されたのです。

 平和への対話の試みが崩壊した瞬間でした。

 ネベ・シャロームでも最近の戦争状態は、子どもたちの心に複雑なしこりを残しているようです。この学校では日本人の愛州さんという女性が働いていましたが、彼女は紛争地域の子どもたちの心のケアの問題を学ぼうとしてここに身をおいていました。しかしネベ・シャロームの子どもたちは、家に帰ると家庭やコミュニティで様々な影響を受けま す。激しい衝突や自爆テロの後など、教室にも緊張が走ると、彼女は言います。

 対話だけでは対立は解消できないことを、「プロミス」も教えてくれます。2 年後に子どもたちを再びカメラが追った時には、出会いの可能性は消えていました。

 この映画はシャロンが首相になって、状況が最悪の事態へと突入する前に撮影されました。対話の試みのほとんどすべてが、その後に崩壊しました。

 「対話と理解」を信じてそれを実践した子どもたちがぶつかる壁と失望は大きなものです。一生それは残るでしょう。それに対して、大人たちは責任をとらなければなりません。そして次の事を知らなければなりません。

 それは対話を求める運動は、多くの場合、強者の側からなされるということです。弱者に対して現状を認めさせる強者の動き、既成事実化の動きと連動している場合が多いのです。それ以前には何があるか。弾圧や占領や差別があるのです。殺戮もあったりします。
 それは対話が始まらなくては解決できない問題なのでしょうか。それ以前の問題なのではないでしょうか。対話だけでは解決できない問題があるのですが、それの多くは対話以前 に解決しなければならない問題なのです。占領の解決は、パレスチナ人が解決しようとしたら、抵抗運動になります。それは対話に敵対する動きです。占領は占領している側が終わらせなければならない問題なのです。

 1967 年の戦争は、対話不足のために起こったのではありません。和平は対話を必要とするが、対話だけではどうにもなりません。どうしても占領が問題の発端であり、占領地からイスラエルが撤退することによってしか、和平が可能にならないということは事実なのです。

 占領に反対するパレスチナ人の抵抗は、投石による抵抗運動 (インティファーダ) を生み出しました。それは銃による抵抗にエスカレートしました。しかし占領は終わりませんでした。絶望したパレスチナ人は自爆攻撃を行うようになります。それは多くの場合、市民を対象としたテロになります。テロがユダヤ人に植え付けた不信と恐怖は大変なものでした。しかしイスラエルは、自分たちが「国家テロ」という形でパレスチナの人々にどれほどの恐怖と殺戮を行ったのか、見る視点をなくしてしまいました。12 歳のユダヤ人少女が自爆テロで殺されるのを嘆く人が、同じ 12 歳のパレスチナ人少女がイスラエルの爆撃によ
って殺されることに対して目をつぶるということが、まかりとおっています。そして占領が根本的な問題であることを考えることもできなくなっています。今の事態がイスラエルの占領によってもたらされたことを認識する心を失っています。

 それではどうすればいいのでしょうか。もっと爆弾で思い知らせることで、ユダヤ人が認識を始めるでしょうか。認識は始まりません。恐怖による撤退は、あるかも知れませんが。

 では現状をそのままにして今、両者の対話を呼びかけることが、問題の解決になるでしょうか。これは占領者と被占領者の対話なのです。「平和の種」のオルガナイザーや、「プロミス」の監督にもそうした認識はあると思いますが、映画では語られません。子どもたちが始めた「対話による理解」は挫折しました。「プロミス」は見る者に、その原因は何かと問うています。

 映画を見た後、もっと対話が必要だというような答えは答えにはなりません。そしてこの「対話の挫折」の後に見える世界は、占領者、富める者が、誰の犠牲で成り立っているのか、まったく「自分の姿を鏡に映してみないで」(チョムスキー)、暴力を欲しいままにしている世界です。

 かつて私たちが行った「パレスチナ人とユダヤ人の共存のためのシンポジウム」の共同宣言は、「占領者と被占領者の間に共存はあり得ない。まず占領状態を終わらせることが、共存の出発点」と述べています。

 これはユダヤ人とパレスチナ人の間だけで言えることではありません。不気味な 9 月の今だからこそ、日本の、そしてアメリカの姿に、この問題を重ねて考えることが必要だと思えるのです。

プロミス
http://www.uplink.co.jp/film/promises/top.html

BOX 東中野
http://www.mmjp.or.jp/BOX/

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。