★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「日本人」の問題じゃないでしょう? 投稿者 桑原 日時 2002 年 10 月 25 日 04:04:10:

(回答先: Re: 「理屈」だから言えるんです。 投稿者 MASA 日時 2002 年 10 月 25 日 00:52:40)

「日本人って・・・」というより、「国家に幻想を抱く人間って・・・」と言い換えた方がよさげです。
MASAさんはどうも、「問題があるのはなんでも日本人」ととらえてしまう傾向があるようですね。
確かに日本人にも問題はあるでしょう。
しかし、悪いことはなんでも他国のせいにして、自分たちの非は認めない権力者や国民のいる国は、日本だけではありませんね。北朝鮮はもちろん、韓国にも中国にもアメリカにも、世界中のの大半の国々の中に、そういう傾向があるといってもいいでしょう。
ま、そういう人々はそれでもいいんじゃないでしょうか。何ジンだから云々とは関係ないことだし、宇宙にでも行って地球人のどんぐりの背比べを眺めるというのも、なかなかオツな一興というところですかね。
何か、そういう鳥瞰的な視野で人類を見た場合、そういう偏った見方をする人というのは、バランス的にちと変わったところのある人、に見える気さえします。
(そういう人がそうじゃない人を巻き込んで戦争をはじめるのは困りますが・・・)。

ともかく、私はsilent tearsさんがおっしゃっているように、「まとも」だからこそ他国のアラについてだって言える、という視点に賛同します。いま現在の自分自身が、相手と同じ内容のことをしていたり、同等のことを信じているのでなければ、言う資格は充分あると思うのです。

私のごく身近なところにも、かねてから従軍慰安婦問題や植民地問題に積極的に取り組んで活動している者がいますが、彼も北朝鮮のことをきっぱりと批判しています。
彼は、よく韓国や中国を訪問しており、昨年は北朝鮮も訪問して、国家のかなり中枢にいる人々とも会ってきたようですが、彼らや国の体制について、かなりシビアで辛辣な批判をしていました。
が、私はそれは別段おかしいとも思わなかったし、ましてや彼に批判する資格がないなどとは、思い付きもしませんでした。
むしろ、自分の目で直接見てきただけに、非常に説得力のある的を得た批判のように聞こえました。

己の過去についての痛いことや過ちでも、事実を直視して省みることができ、またそこから学んで向上できる人を、健全で大人だと思いこそすれ自虐的だとは思いませんが、ただ自分や自分の属している社会を「だから日本人は・・・」「だから北朝鮮人は」などと自己否定的に切って捨てるような人は、逆に他人(他国人)ばかりを悪者として切って捨てる人とは表裏一体の、自虐的で卑屈で子供じみたところのある人のように感じてしまいます。
自分が見えていない人が、相手の批判だけするというのは、確かにみっともないでしょうが、相手も結局同じだったりすることも多い。そういう場合は、どっちの側につくべきかという以前に、そういう人たちと同じ土俵に立ちたくないと思っていればいいんじゃないでしょうか?

それを鏡の向こうの自分自身と喧嘩するの類の、どっちもどっち、同義反復反射的な低次元のやりとり、と評してみたわけです。

北朝鮮に対する批判にしても、過去を引き合いに出すのでなければ、より民主的な社会を実現している現在の日本の方が、ほとんどの議論で北朝鮮より批判の内容が建設的で当を得ており、勝っていると見て、自信を持った方が良いのではないでしょうか。
少なくとも、日本「にも」かつて悲惨で非人道的で愚かな(負け戦を挑んだ結果、国内にも沢山の犠牲者を出したという意味で)出来事があったという事実を事実として見据え、そこから学んで変わることが出来るようになった人間なら、たった今そのような愚かなことを自他の国民に対して行っている国家があれば、むしろ積極的に批判を展開するように、努めた方が良いと思います。

とにかく、安易にニヒリスティックな日本人論には走らない方が良いと思います。

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。