★阿修羅♪
 ★阿修羅♪
国家破産9検索
みずほ、旧CEO首切りだけでは済まぬ〜現経営陣の責任問題追及は必至〔株ZAKZAK〕 投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2002 年 4 月 17 日 16:52:29:

みずほファイナンシャルグループのシステム障害は日を追うごとに実害も表面化し、みずほホールディングスの最高経営者(CEO)前田晃伸社長ら現経営陣の責任を問う声が強まっている。こうした情勢に、みずほ側は、グループの特別顧問に退いている統合前の旧3行の3頭取ら旧経営陣に詰め腹を切らせることで難局を乗り切る構え。だが、金融関係者は「現経営陣を温存したままで責任問題に決着は図れない」と厳しい見方だ。
「今回の一連の問題の責任は、準備段階の責任者である前CEOの3人にある」−。16日の会見で、山本恵朗・旧富士銀行頭取はこう話した=写真。
いまだ障害が収まらない、みずほのシステムは、旧第一勧業銀行の基幹システムを外部との窓口となるメーンシステムとして、これに接続コンピューターを介し、旧富士銀行と旧日本興業銀行の基幹システムを連結する「リレー方式」が採用されている。
平成16年の完全統合までの暫定システムなのだが、その導入に向け、旧3行間で激しい主導権争いがあり、それが混乱を招いたとの批判があった。これについて、山本氏は「自行のシステムが一番優れていると考えるのは当然」と、主導権争いがあったことを暗に認めた。
山本氏も「責任を痛感します」と前置きしたうえで、「(旧経営陣)3人の考え方は一致している」と強調。事実上、この3人が特別顧問を退任することで、現経営陣への波及を極力避ける思惑があるとみられる。
だが、金融業界や政界からは「旧経営陣に責任があるのは当たり前。これだけ混乱が拡大した要因には、現経営陣の問題認識の甘さもあった」との批判が日増しに強まっている。
というのも、みずほのシステムは、3月末の統合直前にデータ処理に遅れが出る可能性が指摘されていたことなどが明らかになっているためだ。不安を抱えたままの見切り発車に、最終的な「ゴーサイン」を出したのは前田社長ら現経営陣にほかならない。
さらに、16日の参院財政金融委員会の参考人招致で、前田社長は「今月いっぱいでほぼ正常化できる」としていたが、「1日の混乱発生後の認識の甘さで対応が後手に回り、問題解決が長引いている」(金融業界関係者)との批判もある。
みずほ側は旧経営陣のクビを差し出すことで、人身一新したばかりの現経営陣を温存したいとの意図があるのだろう。
だが、混乱による実害は日増しに増えており、現経営陣の認識の甘さと責任を問う声がさらに強まるのは必至だ。

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。