★阿修羅♪
 ★阿修羅♪
国家破産9検索
国家破産制度:新ルール作り G7などで議論本格化[毎日新聞4月17日] ( 2002-04-17-21:06 ) 投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2002 年 4 月 17 日 21:53:07:

【ワシントン竹川正記】
国家の破産に対して、企業の破産法制のように処理を秩序立てて行う新ルール作りをめぐる議論が高まっており、19日から米ワシントンで開かれる先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)や国際通貨基金(IMF)の国際通貨委員会などの場で本格化する。ただ、関係者間の意見の隔たりは大きく、どこまで議論を詰められるか、予断を許さない。
クルーガーIMF筆頭副専務理事は今月初め、巨額のデフォルト(債務不履行)を起こしたアルゼンチンのように、資金繰りに行き詰った国が出た場合、債務削減の調整にあたる独立の調停機関を新設する構想を打ち上げた。IMFが昨年11月に提案した「国家破産処理制度」案はIMFが破産認定するなど大きな権限を持つため、欧米有力銀行が「不利な条件を押し付けられてはたまらない」と反発。クルーガー案は調停役を新機関に委ねるのがポイントだ。
だが、銀行側の警戒感は強く、米財務省にも、公的機関の存在を前面に出した市場原理の働かない枠組みでは「結局機能しない」との見方が強い。国際金融担当のテーラー財務次官は、債務国が国債発行時に銀行など債権者側と、債務削減・繰り延べ条件を事前に決めておく民間主体の方式を提唱。銀行側はテーラー案を評価するが、借り手の途上国側は国債発行手続きが煩雑になるうえ、融資条件を悪化しかねないことを懸念している。

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。