★阿修羅♪
 ★阿修羅♪
国家破産9検索
次へ 前へ
経済観測:手抜き[毎日新聞4月25日] ( 2002-04-25-23:23 ) 投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2002 年 4 月 25 日 23:15:50:

株価が急落し危機が叫ばれると景気対策を急ぐが、株価が戻り危機を脱出すると、手を抜いてしまう。この10年間、政府自民党は、これを何回繰り返したことか。
3月危機に脅かされた小泉政権は、デフレ対策第1弾を打ち出したが、株価が戻ると第2弾は先送りされている。頭脳明晰(めいせき)だが、何かの資質に欠ける人たちが、経済政策を動かしているのかな。
9月の米同時多発テロ直後の大方の予想を裏切って、米国の景気は予想よりはるかに早く、かつ強く戻った。そのお陰でアジア諸国も成長軌道に乗りつつある。
しかし日本だけは別かもしれない。小泉政権がもし今国会中にデフレ対策の第2弾を打たないと、今年の実質成長率は、IMF(国際通貨基金)の見通しどおり、マイナス1・0%前後になるだろう。その深刻さを理解しないで、小泉政権は例によって決意の表明か大綱の決定だけで、今国会を終えてしまうだろう。
その結果は、想像するだに恐ろしい。最悪の場合、日本経済の落日は決定的となり、日本衰亡史が始まる。子孫にあわせる顔がない。
繰り返し言う。金融政策は、もう利かない。在来型公共事業の大盤振る舞いで乗り切れる情勢にもない。切り札は税制の活用しかない。しかし大規模な減税先行は、足腰の立たない財政が許さない。
活路は減税財源が不要な贈与税の非課税限度引き上げだ(消費増に結びつかない相続税減税は後回しだ)。それとストック不況対策として、土地関連税の軽減だ。その減税財源はたばこ税の大増税で賄うこと(景気への悪影響なし)。今国会中に関連法案を通して実行に移さないと間に合いませんぞ。小泉さん、よーく聞けよ。(大三)

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。