★阿修羅♪
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
東京三菱銀:RCCに不良債権5000億円売却へ[毎日新聞5月6日] ( 2002-05-06-03:01 ) 投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2002 年 5 月 06 日 18:27:31:

東京三菱銀行は5日までに、不良債権の最終処理を加速するため、整理回収機構(RCC)に対し、02年度中に元本ベースで5000億円規模を売却する方針を固めた。01年度の売却額は大手行全体で2036億円にとどまっており、東京三菱だけで昨年度の大手行の2・5倍になる。他の金融グループも追随する見通しで、不良債権の最終処理が大きく進展する可能性もある。
5000億円の債権はRCCへの直接売却のほか、入札方式も検討する。東京三菱の不良債権残高は、約3兆5500億円(01年9月末)で、RCCへの売却が約15%を占めることになる。
RCCは、破たん金融機関だけでなく、健全な金融機関からも不良債権を買い取っているが、国民負担の回避を公約に掲げ、債権の購入価格は極めて低い。99〜01年度にRCCが健全金融機関から買い取った債権元本1兆3035億円に対し、買い取り価格(時価)は549億円と元本の4%に過ぎなかった。
また、RCCに債権を売却されると、その企業が受けるマイナスイメージは決定的で、RCCへの銀行の債権売却は進んでいない。
こうした状況を打開するため、今年1月には金融再生法が改正され、債権の買い取り価格が時価に引き上げられた。併せて、企業再生本部を新設し、再建機能を拡充するなど、RCCの「使い勝手」が向上した。
金融庁が、破たん懸念先以下の不良債権を1年以内に5割処理する方針を打ち出したこともあり、RCCが積極的に活用される条件が整いつつある。
不良債権の総資産に占める比率が高くなれば財務内容が悪化し、銀行の仲介機能の低下につながる。東京三菱銀がリードする形でRCCが積極活用され、不良債権処理に弾みがつけば、景気回復の阻害要因を取り除くことも期待できそうだ。【藤好陽太郎】

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。