★阿修羅♪
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
NTTと電力各社、「光ファイバーネット」で派遣争い 「YOMIURI ONLINE」 投稿者 ほくめん 日時 2002 年 5 月 06 日 23:50:59:

東京電力など電力各社が光ファイバーを使った家庭向け高速インターネット事業サービス(FTTH)に参入し、NTTグループが警戒感を強めている。中でも、インターネット接続料込みで1万円を切る格安料金の東電に対抗し、営業エリアが重なるNTT東日本は急きょ料金を値下げするなど防戦に懸命だ。ブロードバンド(高速大容量通信)時代を担う光ファイバーサービスを巡り、新たな収益源にしたい電力各社とNTTの覇権争いが今後、激しさを増しそうだ。(田中左千夫、高橋 徹)【格安料金】

 東京電力は3月末、FTTHサービスを都内で始めた。2003年度中に東京都の23区と武蔵野市、三鷹市の全世帯でサービスを開始する予定で、2005年度の加入数30万世帯、売上高210億円を見込む。

 関西電力や九州電力も4月1日から、グループ会社を通じてFTTH事業を始めた。中部電力も今秋のサービス開始を目指している。

 月額利用料は接続料金込みで、東電が9880円、関電が6000円、九電が5500円と各社とも、接続料込みで1万円を超えるNTTグループより安い価格に設定し、割安な価格で一気にNTTを引き離す戦略だ。【成長期待】

 総務省の調べによると、3月末時点のFTTHサービスの利用者数は2万6400件で1月末に比べ倍増しており、今後成長が見込めそうだ。

 電力各社がFTTHサービスへの参入を急ぐのは、電力自由化で電気料金の値下げが進むと、安定した収益を得るのが難しくなるため、新たな収益源を確保する必要があるからだ。

 電力会社は、電気の需給状況を判断するため、発電所など主要設備を独自の光ファイバー網で結んでおり、東電、関電、中電の3社の光ファイバー網の総延長は約8万4300キロ・メートル(2001年3月末現在)に達し、NTT東西の首都圏・近畿エリアの8万5000キロ・メートル(同)に匹敵する施設を保有している。【対抗措置】

 NTT東西地域会社は、光ファイバーサービスを新たな収益の柱に据えようとしていただけに、電力各社の攻勢に困惑顔だ。東電と競合するNTT東日本は当初は静観する構えだったが、「光事業のシェアを確保するためにも東電は意識せざるを得ない」(幹部)とし、複数の利用者で光ファイバー網を共有する新しい家庭向けサービスを月額5800円で始めると発表した。

 NTTは、昨年のマイライン(電話会社事前登録制)導入時に、値下げ競争で収益力が低下した教訓を踏まえ、採算性を度外視した値下げは行わない方針だが、電力各社とのサービス競争が本格化すれば、さらなる値下げを迫られる局面も出てきそうだ。

(5月6日01:57)

NTT&電力会社殿:使ってみたらADSL並みなんてことはないですか???

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。