★阿修羅♪  戦争10
 ★阿修羅♪
戦争10検索
 次へ  前へ
アフガニスタンジハードニュース(3/8) 投稿者 ドメル将軍 日時 2002 年 3 月 08 日 17:51:49:

●ムジャヒディンのブービートラップ、カブールで十字軍兵士を殺害
カブール(特別レポート):
2002年3月6日水曜日、早くからムジャヒディンはカブールのとある家に大砲の砲弾のコレクションを準備した。
砲弾の準備が出来ると、ムジャヒディンに共鳴するアフガン人が、一番近くの西側の軍隊の分遣隊に「家で砲弾が見つかった」と知らせた。
ドイツとデンマークの軍隊は現場に急行した。そして、ブービートラップに気付き、賢明にも遠くから信管を抜こうとした。
しかし、彼等の知恵は(命を救うのには)十分ではなかった。爆弾はリモートコントロールで起爆された。
砲弾は、それが爆発したときに入り口近くの通常の爆発物も爆発させるように、住宅の入口の近くの高性能爆薬のメイン・チャージに取り付けれらていた。
これは順々に爆発し大爆発に至った。そして、四方八方からどうすることもできない十字軍兵士を飲み込み、爆発の中心から50m以内にいる者をすべて殺した。
この作戦を敵の活動の結果と認めたくないドイツ国防省は「カブール市内の弾薬集積所でSA−3対空ミサイルの信管を抜く作業中の事故で兵士が死亡した」という虚偽の声明を発した。
そのような声明は良く知られた常識を嘲笑うものだ:
(i)都市内で大砲の信管は抜かない。郊外でしたほうが良い。
(ii)爆発の危険が大きいので、弾薬集積所で大砲の信管を抜かない。


●ガルデズで800人のムジャヒディンを殺したというアメリカの馬鹿げた主張
ガルデズ(特別レポート):
上記のドイツ国防省のでっち上げ声明と同時に、ペンタゴンはいつも通り丸ごとのファブリケーションを続け、「ガルデズ行政区の山岳地帯での戦闘で既に何百人ものムジャヒディンを殺害した」と述べた。
トミー・フランクス将軍と他の何人かのアメリカの指揮官のコメントから若干の推論が引き出せる。;
1. この戦争初期のクンドゥスの包囲戦において、アメリカは包囲網のなかのムジャヒディンの数を8000〜10,000と推測した。
その戦闘が終わったとき、そこには少数のムジャヒディンの捕虜と数人の殉教者がいた。そして、10,000人の兵士の徴はなく、このひどい誇張と嘘に対する説明はなかった。
2. トラボラの戦闘で、アメリカ人は5000人のムジャヒディンを包囲した、そして、止めをさすと言い張った。
戦闘終了後、そこには(ムジャヒディンの)一掴みの捕虜と数体の死体があった。5000人のムジャヒディンの徴はなく、アメリカ人からの説明もなかった。
3. アメリカ人は、800人程度のムジャヒディンの殺害を確認したと主張した。
フランクス将軍が世界に言わなかったことは、アメリカ軍がムジャヒディンの最前線にさえ達しなかったということだ。
最も近づいたアメリカ部隊ですら、前線から4km離れている。
その部隊とは前線で戦っている彼らのアフガニスタンの同盟軍である。そして、彼等は激しい犠牲を強いられている。
このでっち上げの数字は何処からきたのかと疑問に思う。
4. アメリカ人は戦闘に少なくとも8機の新しいヘリコプターを送った。さらに、そのうちの少なくとも5機か6機のヘリコプターが使用不能だということを証明した。
5. クンドゥスとトラボラの真実が明らかになったように、この戦闘の真実もすぐに明らかになる。インシャー アッラー
イスラム教徒はまた、ゲリラ戦の本質はスピードと機動性を備えた「ヒットエンドラン」戦術に基礎をおくものだと気付くだろう。
軍隊が自分達よりも多勢で、より良い装備をして、強力な空軍兵力をもった敵に直面したとき、一ヶ所に留まって戦うのは軍事的に無意味だ。
むしろ、敵を100ヶ所から攻撃し、敵が全く予期していない場所から攻撃する。そして『1000の切返しによる死』によって敵を殲滅する。
イスラム教徒はムジャヒディンを助けるために、(最も認められているところで)ドゥアーに混ぜて祈りなさい:
『アッラーがアメリカを破壊し給い、アメリカ兵に恥辱を与え、彼らの頭上に嵐を吹かせ、地震と洪水と苦悩を与え給うように』


●目撃情報:アメリカとアフガニスタンの同盟軍の死体180体、捕獲された8人のアメリカ海兵隊員、アメリカ兵の死体を積んだ3台のトラック
ガルデズ(イスラム・ニュース&モニタリング・デスク):
ここ6日間続いているムジャヒディンと米主導の連合軍との戦闘で、5機のヘリコプターの破壊が確認された。
そして、残りの飛行機の大部分も酷い損傷を受けたようで、代替用に新しいヘリコプターが送られた。
米当局は、2機のヘリコプターの損失と、8人のアメリカ海兵隊員の死とほぼ50人の負傷者の存在を認めた。
しかしながら、地元の居住者からの報告は異なっている。
この地域からの詳細によると、現在進行中の作戦で米軍は大幅な物質的・人的損失を蒙った。
アメリカの主張に反してヘリコプター5機が破壊された。
目撃者は、およそ180体のアメリカ兵とその同盟軍の兵士の死体がガルデズとザーマトの戦場から回収されたと言った。
ガルデズの住民は、アメリカ兵の死体だけを積んだ3台のトラックがこの地域を去るのを見たと報告してきた。
昨晩、ボイス・オブ・ドイツのウルドゥー語サービスは、現在この地域にある全てのヘリコプターは技術的に使用不能(ムジャヒディンの攻撃による激しい損傷に因るもののようだ)であり、ペンタゴンは代替用に新しいヘリコプターを送ることを余儀なくされたと明かした。
BBCもまた、このレポートを確認した。
もう一つの事件は、ムジャヒディンがピル‐グルサール付近での待ち伏せ作戦に成功したというものだ。
アメリカ部隊がこの地域で見つけた一群のムジャヒディンを追跡している間に、この攻撃は森で起こった。
地元の村人は、少なくとも40人の兵士がこの作戦で死に、8人のアメリカ人が捕らえられ山に連れ去られたと話した。
この地域を猛烈の爆撃していた軍用機は、捕獲のニュースを受けた後に爆撃を止めた。
この件は、デイリー・イスラムのリポーターがインター・ナショナル・ニュース・エージェンシーに連絡をとって確認した。
元ムジャヒディンのコメント:
『戦争でこの地域に10年留まったロシア人でさえ、短期間のうちにこれほど酷い損害(アメリカ軍がこの短期間に負ったような損害)を受けなかった。』


08 March 2002 :
Mujahideen Booby Trap Kills Crusaders in Kabul

http://www.azzam.com Daily news, articles and interviews on the Jihad in Afghanistan
http://www.amazon.co.uk or http://www.maktabah.net for 2nd Edition of Join the Caravan by Sheikh Abdullah Azzam

KABUL (Special Report):
Early on Wednesday 06 March 2002, the Mujahideen primed and prepared a collection of artillery shells in one of the houses in Kabul.
Once the shells were ready, an Afghan sympathetic to the Mujahideen, informed the nearest detachment of Western troops that artillery shells had been discovered in a house.
German and Danish troops rushed to the scene and, sensing a booby trap, intelligently attempted to defuse the explosives from a distance.
However, their intelligence was not enough to save them, and the explosives were detonated by remote control.
The artillery shells had been attached to a main charge of high explosives near the gate of the residence, such that when the shells exploded, they also detonated the conventional explosives near the gate.
This in turn led to a massive explosion, engulfing the helpless Crusaders from all sides and killing everyone within 50m of the centre of the explosion.
In order to not attribute this operation to enemy activity, the German Defence Ministry issued a false statement, saying that the soldiers were killed in an accident at an ammunition dump inside Kabul city, whilst attempting to defuse some SA-3 anti-aircraft missiles.
Such a statement mocks common sense in that it is well-known that:
(i) ordnance is not defused inside cities, but rather in countryside and
(ii) ordnance is not defused at ammunition dumps because there is a great risk of explosion.

RIDICULOUS AMERICAN CLAIMS TO HAVE KILLED 800 MUJAHIDEEN IN GARDEZ

GARDEZ (Special Report):
At the same time as the invented German Defense Ministry Statement above, the Pentagon continues in its usual round of fabrications, by stating that hundreds of Mujahideen have already been killed in the current battle in the mountains of Gardez Province.
Some inferences can be drawn from the comments made by General Tommy Franks and various other American commanders:
1. In the siege at Qunduz earlier on in the war, American estimates at the number of Mujahideen trapped inside the province were around 8-10,000 warriors.
When that battle ended, there were a small number of Mujahideen prisoners, some martyred, but no sign of the 10,000 warriors and no explanation from the Americans at these gross exaggerations and lies.
2. In the battle at Tora Bora, the Americans claimed that they had surrounded 5000 Mujahideen and that they were about to finish them off.
At the end of the battle, there were a handful of prisoners and a few bodies from the side of the Mujahideen, but no sign of the 5000 Mujahideen and no explanation from the Americans.
3. The Americans have claimed to have confirmed kills of 800 or so Mujahideen.
What General Franks did not tell the World was that American troops have not even reached the front-line positions of the Mujahideen.
Rather, the nearest American troops are 4km away from the front-line.
It is their Afghan allies who are fighting on the front-lines and it is they who have suffered the heaviest casualties.
Therefore, one wonders from where these invented figures arose.
4. The Americans have despatched at least eight new helicopters to the battle, further proving that at least five or six of their helicopters have been put out of action.
5. The truth will soon become apparent insha-Allah in this battle, as it became apparent at Qunduz and Tora Bora.
The Muslims are also reminded that the nature of guerilla warfare is based on hit and run tactics with speed and maneuverability.
When an army is faced with a larger and better equipped enemy that possesses heavy air power, it is not military sense to stay and fight in one place.
Rather, it is to strike the enemy from a hundred places, from where it least expects, and thus destroy the enemy by causing it 'death by a thousand cuts'.
The Muslims are urged to assist the Mujahideen with their duas in the locations where it is most accepted, and to pray that Allah destroys America, humiliates its soldiers and sends upon it storms, earthquakes, floods and afflictions.


EYWITNESS REPORTS:
DEAD BODIES 180 OF U.S TROOPS AND AFGHAN ALLIES LITTER THE BATTLEFIELD, EIGHT U.S. MARINES CAPTURED, THREE TRUCKLOADS OF DEAD U.S. SOLDIERS SEEN LEAVING THE AREA.

GARDEZ (Islam News + Monitoring Desk):
Over the last six days of the ongoing battle between the Mujahideen and the U.S. led coalition, five helicopters have been confirmed as destroyed and most of the remaining aircraft have sustained such intense damage that new helicopters are being sent in to replace them.
The U.S administration has itself acknowledged the loss of two helicopters, the deaths of eight American marines and injuries to almost fifty others.
The local residents, however, have a different account of events.
Details received from the region say that U.S. forces have sustained heavy material and human losses in the current operation, with five helicopters being destroyed as opposed to the U.S claim of two.
Eyewitnesses said that around 180 dead bodies of American soldiers and their allies have been retrieved from the battlefields in Gardez and Zarmat.
Gardez residents reported seeing three trucks loaded with the dead bodies of only American troops leaving the area.
Last evening, the Urdu service of the Voice of Germany disclosed that all helicopters present in the region were technically out of service, most likely due to the severe damage inflicted by the Mujahideen, and so the Pentagon was forced to send new helicopters to replace them.
The BBC has also verified this report.
In another incident, the Mujahideen executed a successful ambush on enemy troops in the nearby region of Pir Gulsaar.
The attack took place in a forest while the U.S. troops were tracking a group of Mujahideen who had been spotted in the area.
Local villagers said that at least forty soldiers had been killed in this operation alone and eight Americans had been captured and taken away to the mountains.
The warplanes intensely bombing this region suddenly stopped their operations after receiving the news of the capture.
This was verified when the reporter from Daily Islam contacted an international news agency for confirmation.
According to former Mujahideen, not even the Russians, who stayed in the region for ten years engaged in war, had sustained such heavy losses as the U.S. forces have in the short period thus far.


http://www.azzam.com Daily news, articles and interviews on the Jihad in Afghanistan
http://www.maktabah.net or http://www.amazon.co.uk for Join the Caravan 2nd Edition by Sheikh Abdullah Azzam

Associated Links :

Over 500 Taliban, al-Qaeda men killed in Gardez battle: US
http://www.jang.com.pk/thenews/mar2002-daily/07-03-2002/main/main2.htm

Entering its sixth bloody day, the Afghan battle that would be over in 24
http://news.independent.co.uk/world/asia_china/story.jsp?story=271721

Fierce fight rages in Arma hideout: Taliban, Al Qaeda death toll rises to 400
http://www.dawn.com/2002/03/07/top11.htm

 次へ  前へ





フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。