★阿修羅♪  戦争10
 ★阿修羅♪
戦争10検索
 次へ  前へ
アフガニスタンジハードニュース(3/13) 投稿者 ドメル将軍 日時 2002 年 3 月 13 日 17:35:34:

●クウェートで軍備増強
クウェート(特別レポート):
先週、英国政府は現在の「イスラム・テロリズムとの戦い」をイラクに対する軍事行動にまで拡大するかを討議していた。
この議論は単に、「英国政府はアメリカの命令に従って行動しておらず、その決定において若干の主権を有する」ということを英国社会に示すための言い訳に過ぎない。
クウェートからの目撃情報によれば、「2002年1月から毎週、船積みされた英国の重武器類(チャレンジャー・タンクを含む)がクウェートの軍事基地に運ばれており、夥しい数の英国人軍事顧問も来ている」とある。これが実際の状況である。
これはまず第一に、英国政府がイラクとの外交に興味すら持たなかったことを意味する。
そして議論、国連武器査察官などの全てのスローガンが単にメディアと社会を欺く手段であることを示すものだ。

●アメリカは世界で唯一の核テロリスト国家 イスラエルでさえその「称号」はもたない
ワシントン(オンライン):
アメリカからの最近の公式レポートによると、「アメリカ政府は4つのイスラム国家を含む7カ国(イラク、イラン、リビア、シリア、中国、ロシアと北朝鮮)からの如何なる脅威に対してでも先制核攻撃をする計画がある。」と、いうことだ。
国務長官コリン・パウエルはこのように説明した:「すべて研究の結果...この種の国家(イラン、イラク、シリア、北朝鮮)は大量破壊兵器の類を開発しており、それは我々全てにとって脅威である。」
この声明は明らかに偽善である。何故なら、もし、過去の実績が核軍縮の理由になるなら、アメリカ合衆国はまず最初に大量破壊兵器の軍縮をしなければならない国であるからだ。
アメリカは人類の歴史上核兵器を使用した唯一の国である。1945年、日本の広島と長崎に核兵器を使い、およそ220,000の人々を殺害した。
このディスクローズで、アメリカが今日の世界で唯一、「核テロリスト国家という称号」を持ちつづけている国であることが判る。
イスラエルでさえその「称号」には手が届かなかった。
米当局は彼らの計画を自衛手段として正当化した。彼らがそのアメリカ市民が危険に晒されていると感じるなら、彼らは第一撃に核兵器を使うだろう。
オサマ・ビン・ラディンは、アメリカ人にイスラム市民を殺害する前によく考えさせる手段として世界貿易センターとペンタゴンを破壊したイスラム教徒の行為を自衛手段として正当化した。
当然、彼等はこの正当化を受け入れない。何故なら、そのようなもの(イスラム市民または無実の人)などいないのだから。

パキスタンで(通常の)情報収集の任についていた米CIAのエージェントでジャーナリストのウィリアム・パールが殺されたとき、
世界中の人々が ― 済まなさそうなムスリムが先頭にたって ― 東から西まで一斉に非難と哀悼を示した。
しかしながら、現在の軍事行動で9月11日攻撃の犠牲者の2倍もの数のアフガン市民が殺害されたことをアメリカの研究者が証明(アメリカ合衆国の空爆によるアフガン市民の被害の関係書類を参照して下さい:ニューハンプシャー大学のマークW.ヘロルド教授による包括的な計算)したとき、
これらの済まなさそうなイスラムの『オフィシャル』スポークスマン(モスクおよびイスラム組織の)からは声明も、嘆願書も、そして哀悼の辞も寄せられなかった。
これらの組織にとって、不信心者に良いイメージを与えることが数千の無実のムスリムの血よりも重要なのである。

アメリカ人がイラクとパレスチナでイスラムの血を流すのを止めさせる自己防衛の手段としての9月11日攻撃をオサマ・ビン・ラディンが正当化するのを受け入れられるだろうか?
英国のジャーナリスト ロバート・フィスクはこう言った:「テロリズムは、言葉を使う人々に対して使われる暴力である。」
それなら、アメリカの制裁で殺されたイラクの100万人の子供達、そして、アメリカの兵器で殺された数千人のパレスチナ人たちは、
彼等に対するこの暴力行為を犯した人々に『テロリスト』のラベルを貼る権利 ― 9月11日の攻撃で死んだ三千人くらいの人々よりも多くの権利 ― を確かに有するのだろうか?


●米軍 コースト地方から撤退
コースト(イスラム通信員):
最近の情報は、米軍はガルデズから退却後にコースト地方からもまた撤退したことを明らかにした。
月曜日の朝、地元の地方政権はなんの警告もなしに全都市を閉鎖した。
当局は、武器回収のための戸別の捜索活動があると発表した。
全ての道は塞がれ、店は閉められ、外出禁止令が出されて市民は屋内に閉じ込められた。
地元民は、(外出禁止令の)この期間中に捜索活動が全く行われなかったと報告した。
信頼できる地元の関係者によれば、この取り締まりは、この地方の米部隊を安全に撤退させることを目的にしたものだった。
2、3日前、ウルガン地方のシャロビと呼ばれる地域を通行中の米輸送隊がムジャヒディンの待伏せ攻撃に遭った。
5人の兵士がこの攻撃で死んだ。
また別件では、ロガールでムジャヒディンが米兵が乗っている車輌を攻撃し、5人の兵士を殺害した。
この地域でムジャヒディンが再結成している兆しとアフガンの地方勢力の緊張に結びつけられたこれらの最近の事件は、アメリカにパクティア、コーストとロガール地方からの撤退を急がせる原因になった。
通常通り、スポークスマンは撤回の理由は『アナコンダ作戦の目的の全てが殆ど達成され、テロリストは敗退した』からだと述べた。


●パキスタン領内でばら撒かれるパンフレット
イスラマバード(PPI):
米航空機が、パキスタンのトライバルエリアに大量のリーフレットをばら撒きだした。
パンフレットには、「オサマ・ビン・ラディンに避難所を与えることで有罪と見なされた者は、誰であろうともその家を破壊される」というメッセージが書かれている。
ラジオ・テヘランは、そのパンフレットにはまた、「オサマとその仲間はアフガニスタンの人々の平和な人生を見たくない」と書かれていると言った。
そのリーフレットにはまた女性の写真があり「アメリカはアフガンの女性に平等な権利と自由を与えた。アフガニスタンの未来は暫定政権との協力にかかっている」と、ある。


13 March 2002 :
Huge British Military Build-Up in Kuwait

http://www.azzam.com Daily news, articles and interviews on the Jihad in Afghanistan
http://www.maktabah.net or http://www.amazon.co.uk for Join the Caravan 2nd Edition by Sheikh Abdullah Azzam

KUWAIT (Special Report):
During the last week, the British Government has been debating military action against Iraq in the current War Against Islam/Terrorism.
These debates are just an excuse to show the British public that the British Government is not acting on the orders of the Americans, but that it has some sovereignty over its decisions.
The reality of the situation is that since January 2002, eyewitnesses in Kuwait have reported that weekly shipments of heavy British weaponry, including Challenger tanks, have been arriving into military bases in Kuwait, together with significant numbers of British military advisors.
This signifies that the British Government was not even interested in diplomacy with Iraq in the first instance, and that all the slogans of debates, UN Arms Inspectors, etc. are just means of fooling the media and the public.


AMERICA REMAINS THE WORLD'S ONLY NUCLEAR TERRORIST;A TITLE NOT EVEN HELD BY ISRAEL

WASHINGTON (Online):
Recent official reports from America have disclosed that the US Government has had first-strike nuclear plans ready against seven countries, in the event of any threats from those countries, which include four Muslim countries:Iraq, Iran, Libya, Syria, China, Russia and North Korea.
World Secretary of State, Colin Powell said in reference to this disclosure:
"All that study said ... is that this class of nations -- Iran, Iraq, Syria, North Korea -- are developing the kinds of weapons of mass destruction that should be troubling to all of us."
The hypocrisy of this statement is apparent because if a previous track record is a reason for nuclear disarmament, then the United States should be the first nation to be disarmed of weapons of mass destruction as it is the only nation in the history of humankind to have ever used nuclear weapons in anger, as it did in 1945 against the Japanese cities of Hiroshima and Nagasaki, killing an estimated 220,000 people.
This disclosure reveals that American retains its title as the only nuclear terrorist state in the World today, a title that even Israel has not been able to reach.
US officials justified their planning as a measure of self-defence, that they would use nuclear weapons in a first strike if they felt threatened that American citizens were at risk.
Usama Bin Ladin justified the actions of the Muslims who destroyed the World Trade Centre and the Pentagon as a measure of self-defence, as a measure to let the Americans think twice before continuing to kill Muslim civilians.
Naturally, this justification is not accepted from him because there is no such thing as a Muslim civilian or innocent.
When one American CIA agent, journalist William Pearl, is killed whilst on routine intelligence gathering duty in Pakistan, the people of the World, at the forefront of them apologetic Muslims, from East to West stand up in a chorus of condemnation and condolences.
However, when American academics themselves prove that over twice as many Afghan civilians have been killed during the current campaign, as were killed in 11 September attacks (see A Dossier on Civilian Victims of United States' Aerial Bombing of Afghanistan: A Comprehensive Accounting by Professor Marc W. Herold of the University of New Hampshire, there are no statements and petitions and condolences from these apologetic 'official' Muslim spokesmen, mosques and organisations, for whom showing a good image infront of disbelievers is more important than the blood of thousands of innocent Musims.
In the same way, would Usama Bin Ladin's justification of the 11 September attacks as a means of self defence to stop the Americans shedding Muslim blood in Iraq and Palestine ever be accepted?
In the words of British journalist Robert Fisk:
"Terrorism is violence used against the people who use the word."
Surely then the one million children who have been killed in Iraq with American sanctions and the several thousand Palestinians killed with American weapons, have more of a right to label those who carried out this violence against them as 'terrorists', than the three thousand or so who who died in the 11 September attacks?


U.S TROOPS EVACUATE KHOST REGION AFTER FIVE SOLDIERS KILLED IN URGAN

KHOST (Islam Correspondent):
After the retreat from Gardez, recent information has also revealed that the American forces have withdrawn from the Khost region as well.
On Monday morning the local provincial administration sealed the whole city without any warning.
The authorities announced that there would be door-to-door search operations to recover weapons.
All roads were blocked, shops closed and a curfew was imposed to keep civilians indoors.
The locals however reported that no searches had been carried out at all during the whole period.
The real reason for the clampdown, according to reliable local sources, was to allow a safe evacuation of the U.S. troops who had been in the region.
A few days ago a U.S convoy passing through an area named Sarobi in the Urgan region was ambushed by the Mujahideen.
Five soldiers were killed in the attack.
In another incident, the Mujahideen attacked a vehicle carrying American soldiers in Logar, killing five more troops.
These recent incidents, coupled with the threat of the Mujahideen regrouping in the region and tension with the local afghan forces, caused the U.S. command to order a hasty retreat from the Paktia, Khost and Logar areas.
As usual, the spokesman said the reason for withdrawal was because all objectives of Operation Anaconda were nearly achieved and the 'terrorists' had been defeated.


PAMPHLET WARNING THOSE WHO SHELTER USAMA BIN LADIN INSIDE PAKISTAN

ISLAMABAD (PPI):
American aircraft have started dropping large quantities of leaflets in the tribal regions of Pakistan.
The message in the pamphlet was that anyone found guilty of giving shelter to Usama bin Ladin would have his house destroyed.
Radio Tehran said that the pamphlet also stated that Usama and his companions did not wish to see the Afghan people living a peaceful life.
The leaflet also contained a picture of a woman saying that the U.S. had come to give the Afghan women equal rights and freedom, and the future of Afghanistan depended on cooperation with the interim government.


http://www.azzam.com Daily news, articles and interviews on the Jihad in Afghanistan
http://www.maktabah.net or http://www.amazon.co.uk for Join the Caravan 2nd Edition by Sheikh Abdullah Azzam

Associated Links :

Afghans poised to storm Al-Qaeda positions in Gardez
http://www.frontierpost.com.pk/afghan.asp?id=1&date1=3/12/2002

Afghan battle 'over'
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1869000/1869153.stm

America wants to turn the unthinkable into usable tools of warfare
http://news.independent.co.uk/world/politics/story.jsp?story=273525

 次へ  前へ





フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。