★阿修羅♪  戦争10
 ★阿修羅♪
戦争10検索
 次へ  前へ
核戦略見直し[抜粋] 投稿者 世界安保 日時 2002 年 3 月 15 日 15:41:45:

(回答先: 生物兵器対策で先制核使用も 米核戦略見直しで米紙 投稿者 倉田佳典 日時 2002 年 3 月 11 日 19:11:22)

核姿勢調査[抜粋]

2001年12月31日に議会に従いました。

2002年1月8日

核姿勢調査報告書

序文

議会は、次の5〜10年にわたってアメリカの核力用の方向をレイアウトする包括的な核姿勢調査を導くように国防省に命令しました。部
はその調査を完成しており、付属の報告書を準備しました。

早い時期に、私たちは、21世紀の間戦略の姿勢を開発する際に、議会権限を部が越えることを新しいセキュリティ環境が要求すること
を認識しました。ブッシュ大統領は、アメリカの軍を変形し、かつ私たちが住む新しくunpredietableな世界のためにそれを準備するよ
うに既に国防省に命令しました。彼の方向の結果は4年ごとの防御調査(QDR)です。?\築、の上で、その(QDR)この核姿勢調査は、私た
ちの制止する戦略における核攻撃力の役割への私たちのアプローチ中の大変化を推進し、私たちの戦略の姿勢の変形のために青写真を示
します。

この報告書は次のものから構成されて、新しいトリオを確立します:

攻撃のストライキ・システム(核でかつ非核);

防御物(活発で受動);そして

新興脅威に対応するために適時の方法の中で新しい能力を提供する再生された防御インフラストラクチュア。

この新しいトリオは、増強されたコマンドおよびコントロール(C2)、および知能システムによってともに境界です。

この新しいトリオの設立は、核兵器上の私たちの依存を縮小し、2つの方法で増殖するWMD能力に直面して攻撃を防止する私たちの能力
を改善することができます:

それとして制止を強化する攻撃の打撃部隊に、極度に依存するように、米国がもはやそうでないだろう防御物(能力および増強さ
れたC2を?ュ要する適時の調節および知能システムの前途に加えた)手段の追加は、冷戦中にありました。

非核の打撃部隊(従来のストライキおよび情報オペレーションを含んで)の追加は、米国が、それがその攻撃の制止する能力を提供
するために核力上の過去にあったほど依存しないだろうということを意味します。

新しいトリオを構築する新しい能力のコンビネーション、それが2001年11月13日にブッシュ大統領によって発表された、
1,700-2,200の操作上展開した戦略の核弾頭のゴールへのその核力を引くとともに、危険を国家にします。

下記はこの報告書でのハイライトの要約です。

第一に、核姿勢調査は、私たちの後ろの戦略の力のための立案と関係する冷戦慣習を置きます。ソ連の崩壊以来のその十年間で、米国の
核力の利用のための立案は、米国とロシアの新しい関係にもかかわらず、単に適度の修正を経験しました。ほとんどの変更は、START
条約によって要求されたものの向こうの戦略の核力のサイズか構成に行なわれていませんでした。同時に、計画およびその力のいくつか
の重大な要素の保持のために資金を提供することは不適当でした。

この調査の結果、あたかもロシアが単に旧ソ連によって持ち出された脅威のより小さなバージョンを示すかのように、米国はもはやその
軍隊を計画しないか、分類するだろうか、保持するでしょう。方向に続くことは、4年ごとの防御調査に米国の防衛計画のために下へ置
きました。核姿勢調査は、アメリカの冷戦の脅威に基づいたアプローチから能力に基づいたアプローチまでの戦略の力のために計画を立
てて変わります。この新しいアプローチは、米国と一致する核兵器の中で最低のレベルに、今後数十年、確実な抑制物および連合したセ
キュリティの間提供するべきです。

次に、私たちは、もっぱら攻撃の核力に依存する、戦略の姿勢が、私たちが21世紀に面する、潜在的な敵の防止に不適当であると結論
を下しました。多量破壊の武器を備えるテロリストあるいはならず者国家は、恐らくアメリカのその同盟国および友達に対するセキュリ
ティ関与をテストするでしょう。これを受けて、私たちは、友達と敵対者の両方(米国に)が決心すると保証する一連の能力を必要とする
でしょう。能力のより広い配列は、米国を脅かす行動および連合したセキュリティ、政治的な方針、軍事の方針、あるいは技術的な方針
の試みから状態を断念させるために必要です。米国の軍隊は、NBCの武器および長い距離以上それらを伝える手段を含む現代の軍事技術
へのアクセスを持っている、潜在的な敵への確実な抑制物を持ち出さなければなりません。最後に、米国の戦略の軍隊は、大統領にどん
な侵略者も破る一連のオプションを供給する必要があります。

21世紀に国の防衛目標を達成するために、新しいトリオ(攻撃の攻撃脚)の第1の脚は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、潜水艦発射弾道ミサ
イル(SLBM)および長距離の核武装した爆撃機の冷戦トリオを越えるでしょう。ICBM、SLBM、爆撃機および核兵器はもちろん、重大な
役割を果たし続けるでしょう。しかしながら、それらは、私たちの攻撃の制止の信用を強くする、新しい非核の戦略の能力に統合され
て、新しいトリオの第1の脚の単に一部になるでしょう。

新しいトリオの第2の脚は、活発で受動の防御物の開発および配備を要求します。―― 21世紀の新しいセキュリティ環境で攻撃の能力
が単独で攻撃を防止しないかもしれないという認識。2001年9月11日の出来事はこの現実を強調します。活発で受動の防御物は完全に
なりません。しかしながら、制限のある攻撃の有効性の否定か縮小によって、防御物は攻撃に水を差し、危機の管理に対する新しい適応
性を提供し、従来の制止の失敗に対する保険を提供することができます。

新しいトリオの第3の脚は反応する防御インフラストラクチュアです。冷戦の終了以来ずっと、米国防御インフラストラクチュアは収縮
しています。また、私たちの核インフラストラクチュアはやせ衰えて持っています。武器システムの新しい世代をさばくのには20年以
上かからないように、新しい能力の開発および調達への新しいアプローチが設計されています。核インフラストラクチュアに関して、そ
れを展開した力に対する確信を高めて、無用の武器を除去し、技術的な驚きの危険を緩和するために修理する必要があります。大規模な
戦略の変更に応答する私たちの能力の維持は、私たちが私たちの核兵器保有量を縮小し同時に、核兵器の中で競争を始めないように敵に
説得することを可能にするかもしれません。

この新しいトリオの有効性はコマンドおよびコントロール、知能および適応性のある立案に依存します。敵の意図および能力上の「精巧
な」知能は、力への適時の調節を許し、それが打ち防御することができる正確を改善することができます。ストライキおよび防衛軍の利
用を柔軟に急速に計画する能力は、危機を管理し、攻撃を防止し、軍事の行動を導く際に米国に重要な利点を供給するでしょう。

新しいトリオを構築して、私たちの展開した核兵器を縮小し私たちの戦略の姿勢での柔軟性を増加させることは、資源意味合いを持ちま
す。古い武器体系を退かせて、かつ新しい能力を作成するのにコストがかかります。防御インフラストラクチュアの回復、戦略の防御物
を開発し展開させて、私たちの命令およびコントロールの改善、知能、立案および非核のストライキ能力は、新しい防御イニシアチブお
よび投資を要求します。しかしながら、これらの投資は米国を核兵器上の私たちの依存を縮小する間に、より安全にすることができま
す。

4年ごとの防御調査は、アメリカのポスト冷戦防衛戦略の根拠を設立しました。4年ごとの防御調査に基礎を置いて、核姿勢調査は、新
しいトリオの中への攻撃の核トリオが来る数十年間の間設計していた冷戦時代を変形するでしょう。

ドナルドH.Rumsfeld
国防長官

報告書の身体

「核兵器は、アメリカ、その同盟国および友達の防御能力に重大な役割を果たします。それらは、WMDおよび大規模な在来型軍事力を
含む広範囲の脅威を防止する確実な軍事のオプションを提供します。これらの核保有能力は、目標の危険クラスでもつアメリカ・オプシ
ョンを与える、ユニークな特性を所有します[それ、である]戦略と政治的な目的を達成するのに重要。」(p。7)

しかしながら、?U.S。核力、アメリカが準備をするほとんどの偶発事故に単独で不適当です。アメリカおよび連合した利益は核ストライ
キを要求してはなりません。?A?新しいミックス?核能力、非核の能力および防?qの能力の?種々のセットのためにアメリカが今後数十
年に直面する、潜在的な敵および予期し茲蟇?ス發ぁ?月を通じない脅威に要求される。?(p。7)

「より大きな柔軟性は、核力および冷戦中の場合だったより立案に関して必要です。新しいセキュリティ環境中の潜在的な敵のスペクト
ルによって最も評価された財産は種々かもしれません。また、ある場合には、敵が評価するものについての米国の理解が発展するかもし
れません。従って、危険でそれらの財産を保持するために必要とされる武器の数は減少しましたが、米国の核力はまだ危険で広範囲の目
標タイプを保持する能力を要求します。この能力は様々な偶発事故の下の潜在的な相手の広いスペクトルに関する有効な制止戦略の支援
における核力の役割の鍵です。規模、範囲および目的において異なる核攻撃オプションは他の軍事戦力を補足するでしょう。コンビネー
ションは、オプションの範囲を提供することができます、必要とした、に、持ち出された、敵への確実な抑制物、危険の、および利益と
損失のその値および計算は非常に異なるかもしれない、から、そして過去の敵のものより識別することがより困難?(p。7)

「防衛の技術の進歩は、制止および攻撃からの保護を提供しアクションの米国の自由を保存し、米国の連合、コミットメントの信用を強
くすることを支援する活発で受動の防御物と、非核の米国および核保有能力が結び付けられることを可能にするでしょう。"(p。 7)

「ミサイル防御物は、潜在的な敵の戦略と運用上の計算に効果がありうるシステムとして出現し始めています。それらは今提供し活発な
防御物ができます、に対して、短い-中距離用の脅威に。」(p。11)

米軍力それら自身、核力を含むことは「同盟国と友達のものの米国の利益を脅かすことができる、軍事のプログラムあるいはオペレーシ
ョンに着手しないように敵に説得する」た?゚に今使用されるでしょう。(p。9)

「弾道ミサイルを遮ることができる防衛のシステムは、核兵器が危険で敵のミサイル発射筒を保持する必要を縮小するかもしれませ
ん。」(p。9)

?インフラストラクチュアの現代で反応する核兵器セクターは特に操作上展開した核兵器保有量のサイズとして、不可欠です、縮小され
る。?(p。10-11)

?立案プロセス[新しいトリオのために]様々な柔軟な、あらかじめ計画された非核と核オプションを生産するに違いないだけでなく危機
か予期しない矛盾の中で追加のオプションの適時の構築を支援するために十分な順応性を組込むに違いありません。」(p。11)

II. ?政策ゴールを防御する新しいトリオの寄付?(p.12)

(保証し断念させる、防止する、敗北 )

? 保証します ???U.S。核力は、セキュリ?eィ・パートナーに、特に核の攻撃、生物学の攻撃、あるいは化学の攻撃の既知の兆しある
いは疑わしい兆しがある状態で、あるいは軍事の開発を驚かすことの場合には保証をし続けるでしょう。この保証は貢献することができ
ます。親しみのある国々がそのような脅威および状況を防止する彼らのものの核兵器を得るべき誘因の縮小。核保有能力は、さらにアメ
リカが、潜在的な敵の間の米国の虚弱に対する誤りの理解力に基づいた高圧に従わないだろうと米国の公に保証します。(p。12)

?米国の母国および保護の防御、前に、基礎は、アメリカがWMDを背部をつけた高圧的な脅威を打ち消し、同盟国と友達を守るためにそ
の力射出力を使用するという能力を増加させます。?(p。13)

" 断念させます "?「敵の領域の至る所での広範囲の目標を打つことができるシステムは恐ろしい能力を追求しないように潜在的な敵に
説得するかもしれません。例えば、長距離の精密ストライキ武器とリアルタイムの知能システムの間のリンケージのデモンストレーショ
ンは、可動性の弾道ミサイルに極度に投資しないように潜在的な敵に説得するかもしれません。」(p。12)

「防御物は、敵が軍事的に競争することをもっと骨が折れてより高価にすることができるか、あるいはアメリカとの戦いを行うことがで
きます。ミサイル防衛用一連の技術およびシステムのデモンストレーションは、潜在的な敵に諌止の効果がありえます。ミサイル防御物
に逆らう問題(特に多数の層を備えた防衛のシステム)は、困難で時間を消費し、高価な仕事の見通しを潜在的な敵に贈ります」(p。
13)。

「既存の武器システムを改良するインフラストラクチュアのキャパシティー、武器の生産を波立たせるか発展する、そしてフィールド、
新しいトリオ用の完全に新システムはアメリカと軍事的に競争するのを他の国々に止めさせることができます。?(p。14)

? 防止します ???反応して打つべき米国の能力の確実性と結合して、U.S力を外国へ含む米国の領域および力射出力の[ミサイ
ル][D]efenseは、地方対決における、よりよいバランス米国の利害関係および危険へもたらすことができ、このように、U.S.保証の信用
を強化することができます;同盟国と友達に対する攻撃を防止するように設計された。?

「その[防御研究開発、そして産業の]インフラストラクチュアは、核備蓄およびコマンドとコントロールの構造が攻撃に耐えるという能
力の信頼度に対する確信を提供するに違いありません。より広く、[それ]は、それらを秘密にし、強固にし、かつ分散させる敵の努力に
直面して、危険高価値目標でもつ改善された米国の能力の支援により、攻撃の制止を増強することを支援します。」(p。14)

" 敗北 ??「非核のシステムおよび核兵器の両方から構成されて、新しいトリオのストライキ要素は、相手を決定的に破る軍事行動のデ
ザインおよび行為中のより大きな柔軟性を提供することができます。非核のストライキ能力は付随的損害および矛盾段階的拡大を制限す
るのに特に有用かもしれません。非核の攻撃(例えば深い地下燃料庫あるいは伝記武器設備)に耐えることができる目標に対して、核兵器
を使用することができるかもしれません。」(p。12-13)

「ミサイル防御物は、アメリカに包囲された同盟国か友達を放棄することを強制すると意図した小規模なミサイル攻撃を破ることができ
ました。新しいトリオのストライキ能力および他のパワー射出力に保護を供給した防御物は、敵に逆襲するアメリカおよびその同盟国お
よび友達の能力を改善するでしょう。さらに、それらは、大統領に1つ以上のミサイルおよびWMDを武装した相手を含む危機を管理する
オプションを供給するかもしれません。」(p。12)

コマンド、コントロール、立案および知能(p。 15)

「軍隊が新しいトリオ軍隊必要条件を満たすために漸増的に変更されるとともに、コマンドおよびコントロール(C2)は残余の軍隊構造の
要素の有効性を保証するのにより批判的になります?ストライキ・オプションは約束プロセスの全体にわたる意思決定者と複雑な立案、
柔軟性およびインターフェースを要求するでしょう。コマンドとコントロールはより複雑になるでしょう。また、支援するシ?Xテムおよ
びプラットフォームは増大、近代化および置換を要求するでしょう。」(p。15)

?正確で適時の目標とする情報は、ストライキ能力の致命傷、および核兵器の代わりになるかあるいはミサイル防衛財産の適時のポジシ
ョニングに備える非核のストライキ能力の可能性の両方を増加させることができます。」(p。15)

国防政策ゴールおよび関連する核兵器必要条件(p。 15)

「流動性のセキュリティ環境では、正確な核力将来は必要なレベルは?m実性で予言することができない。次の十年間(米国)の間、操作
上縮小するゴールは、1,700〜2,200の弾頭の範囲への戦略の核力を展開させました、米国の核必要条件に影響することができるセキュ
リティ環境で変更を提供するのに必要な柔軟性の程度を提供する。」(p。15)

核のF0RCE(p。 16)の分類

?核ストライキ能力のために必要条件をセットする際に、ア?<潟Jが覚悟していなければならない偶発事故中に区別することができま
す。即時か、潜在的か、予期しないものとして偶発事故は分類することができます。」

?即時の偶発事故はよく認識された現在の危険を含んでいます?即時の偶発事故の現在の例は、イスラエルあるいはその隣人に対するイ
ラクの攻撃、韓国に対する北朝鮮の攻撃あるいは台湾のステータスに関する軍事対決を含んでいます。」

「潜在的な偶発事故は妥当性があります、しかし即時でない、危険。例えば、アメリカに対する新しく対立的な軍事の連合の出現、ある
いはその、同盟国、の中で、どれ、1人以上のメンバー、配達のWMDおよび手段を所有する、潜在的な偶発性である、それ、米国の防衛
計画用の主な結果を持つことができた、核力の計画を含んでいること。?(p。16)

予期しない偶発事故は突然で予言されないセキュリティの挑戦です。」キューバ危機のように。「同時代の実例は、既存の核兵器保有量
が新しく対立的なリーダーシップ・グループの手に入る突然の政権変更、あるいはWMD能力を明らかにする相手驚きを含んでいるかも
しれません。」同じ箇所に

「北朝鮮、イラク、イラン、シリアおよびリビアは中へ複雑になりうる国々の一人です、即時、可能性、あるいは予期しない偶発事故。
すべては、アメリカおよびそのセキュリティ・パートナーへの長年の敵意を行っています;北朝鮮およびイラクは特に慢性の軍事の関係
でした。スポンサーか湾テロリスト、およびすべてはみな活発なWMDおよびミサイル・プログラムを持っています。」Ibid

「中国のまだ開発途上の戦略の目的のコンビネーションおよびその核と非核の力のその進行中の近代化により、中国は即時潜在的な偶発
性に関係することができる国です。」(p。16-17)

「ロシアはアメリカに加えて最も恐ろしい核力を維持します、そしてそれほど印象的でない場合、本質的、従来の能力。しかしながら、
そこで、今同じようにそこでモスクワとの矛盾のイデオロギーの源でない、冷戦中にありました。アメリカは、ロシアとのより協同の関
係および動きを、恐怖の均衡政策フレームワーク(それは定義によって相互の不信および敵意の表現である)から遠ざかって求めます。a
として。結果、a;妥当性がある一方、ロシアを含む[核ストライキ]偶発性は期待されません。」(p。17)

(U)「調節する米国の即時の核力必要条件、ロシアとの変更された関係の認識の中で、aはありますか、重大なステップ、冷戦から遠ざけ
て相互の脆弱の、およびより協同の関係への政策。?(p。17)

(S)「Russia?s核力およびプログラムはしかしながら、関係のままです。ロシアは、その周囲のまわりの多くの戦略の問題に直面しま
す、乾燥する、その将来のコースは確実性で図表にすることができません。米国の立案はこれを考慮に入れるに違いありません。ロシア
との米国の関係が著しく今後悪化する場合、米国はその核力レベルおよび姿勢を改訂する必要があるかもしれません。」(p。17)

操作上展開し反応する核力

「操作上展開した力は即時で予期しないの情?オ中の米国防御目標を達成するのに必要な能力に偶発事故を供給するために分類されます。
すなわち、軍隊の十分な数は、不意の開発の場合には小さく付加的なマージンを保存する間に既知の脅威に逆らう短い通知で利用可能で
あるに違いありません。アメリカが2012年に展開させると予定されている1700-2200弾頭は操作上展開した力を構成するでしょ
う。?(p。17)

「反応する力は、潜在的な偶発事故に会う操作上展開した力を増大する能力を提供するように意図されます。反応する力?リーダーシッ
プが発展する危機の厳しさに比例した操作上遅れた力の数を増加させるべきオプションを保持します。反応する力は、数日で、だが週、
月あるいは年などで利用可能である必要がありません。例えば、日または数週間で展開していない備蓄から追加の爆弾を取り出すことが
できるかもしれません。対照的に、ICBM力に追加の武器を加えることは、翼の中の隊のため?フ一年の間とることができました。反応す
る力[さらに]操作上展開した武器、その証拠信頼度問題のために置換が提供することができる蓄えを提供する。」

米国核力サイズ

「現在の射出に基づいた、1700 2200の操作上展開した力、危険で保持するべき2012年の...will支援米国制止政策による戦略の核弾
頭、どんな相手、政治的支配および兵力のそれらの道具を含む値、また相手を否定するために、それらの戦争目的。制止目的のための危
険で保持される目標のタイプはリーダーシップおよび軍事戦力を特に含んでいます、WMD、軍事コマンド施設、および軍事力を支援す
るコントロールおよびインフラストラクチュアの他の中心。?

?計画された力、2012の構造は14の三つ叉の矛SSBN(滞在時のオーバーホール中の14のうちの2つを備えた)500緊急応召民兵II
ICBM、76機のB-52H爆撃機および21機のBー2爆撃機を含みます。」

核縮小用のパス

「2012年の1,700-2,200の弾頭の操作上展開した力への概念のパス平和維持者ICBM(戦略のサービスからの削除4三つ叉の矛SSBN)を
除去し、三つ叉の矛SLBM、緊急応召民兵III ICBMからの武器をダウンロードします;またB-52HおよびBー2爆撃機。これは、2007年
(それらの潜水艦が警戒パトロールには利用不可能なので、操作上展開するように、オーバーホール中のSSBNのためのSLBM弾頭は数え
られないでしょう)までに3,300の操作上展開した戦略の核弾頭に帰着するでしょう。」(p。19)

「3,800の操作上展開した弾頭より下の後の縮小によって達成することができる。様々な方法。正確な方法は、部が2003年に始まって
導く、周期的な調査の間に決定されるでしょう?B国防長官は、スタッフの共同のChief?sの議長、米国の戦略の軍隊コマンドの陸海空3
軍の最高司令官およびNNSAの参加でこれらの調査が試みられることを指示するでしょう。管理者。」(p。19)

III. 新しいトリオの作成

「新しいトリオの要求および既存の能力のオーバーホールを満たすことは必要です。これは高度に動的な危機状況中に、全国リーダーシ
ップがpreを計画されたオプションを適応させすることができるように、新しいオプションを構築することができるために使用されるツ
ールを改善することを含んでいます。」(実行する)(ストライキ計画)(p。23)

「さらに、アメリカが、....adjustmentsが必要かもしれない状況を急速に変更することに合わせて調節することができるように、DoD
およびNNSAの両方の技術ベースおよび生産準備インフラストラクチュアは近代化されるに違いありません、新しい使命に残りの核力の
能力を一致させる...必要が、残存する核力の部分を修正するか、改良するか、交換するかあるいは概念を開発するために発生するかもし
れません、のために、核兵器に、よりよく続く、適した、国のニーズです。冷戦核兵器保有量の縮小されたバージョンが正確に結合した
ものが撹拌する核力になるだろうことはありそうもありません、2012年に要求するだろう、そしてを越えて。?(p。23)

?FY04 DPG[ガイダンスを計画する防御]は、調和し非矛盾するためにガイダンスを提供するでしょう、核と非核のシステム用の必要条
件。」(p。24)

?提案されたFY03-07将来の年に元気付けられたイニシアチブは計画(FYPD)を防御します、次のものを含んでいる:

可動性で再配置可能な目標 .DoDは、危険で重大な可動性の目標を保持するためにサービスを横切って適用されて、システムレ
ベルアプローチを深めるつもりでした。
困難で、深く埋められた目標を破ること .DoDは、敵の困難で、深く埋められた目標を見つけて、識別し、特徴づけて、かつ目
標とする手段を著しく改善するプログラムをインプリメントするでしょう。
長い範囲ストライキ .DoDは、範囲を変えることで、すべての土地および天候の中で、および否定されたエリアの中で重大な固
定でと可動性の目標を破るためにシステム・レベル・アプローチを追求するでしょう。
誘導弾潜水艦(SSGN) .DoDは、SSGN配置に対する戦略の核貢献から内向的で、4つのSSBNの転換に資金を提供するつもりでし
た。
正確ストライキ .単一の使命を帯びて攻撃することができるより目標の数を増加させる努力。要素はaを含んでいます?不調情報
分配システム?提供するために?ストライキ能力のための重大な情報の交換用の耐ジャム性で安全で、ディジタル・ネットワー
ク、?a?共同の空対地の離れているミサイル?A?小さな直径爆弾、?そしてその?無人格闘空気乗り物?
This page is too long to be completely translated. The remainder of this page will not be translated.

http://www.globalsecurity.org/wmd/library/policy/dod/npr.htm

 次へ  前へ





フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。