★阿修羅♪  戦争10
 ★阿修羅♪
戦争10検索
 次へ  前へ
アフガニスタンジハードニュース(3/14) 投稿者 ドメル将軍 日時 2002 年 3 月 17 日 17:15:31:

●キューバの捕虜が外界とコンタクト
グアンタナモ(ラジオ・レポート)
300人のタリバンとアル・カイーダの捕虜は、3ヵ月におよぶ苦痛と拷問の後、初めて外界に連絡することができた。
捕虜の1人が米兵によって刑務所のまわりを連れ回されているときにジャーナリストとコンタクトをとった。
BBCによれば、捕虜は英語で叫ぶことによってジャーナリストと連絡をとったということだ。
捕虜は、「誰かこのキャンプX-RAYの中の私達の存在を知るものがいるか?」、「誰かこの有り様を世界に伝えた人がいるのか?」と尋ねた。
彼は更に、彼等がこの14日間ハンガーストライキをしている、しかし、彼等の苦痛を気にとめる人はこの世界にいないと言った。
捕虜はキャンプ内のぞっとするような状態を改善するためにハンガー・ストライキを始めた。彼等の多くは脱水症状を防ぐために点滴を受けた。
300人のムジャヒディン捕虜は、世界中の何百人もの弁護士が彼等と連絡をとろうとしているが、所謂「自由の輸出国」米国がそれを妨げているということを知らない。

●核兵器使用の可能性
ワシントン(インターナショナル・デスク)
米国は、アメリカ合衆国の存続を脅かす構えの国に対して、核兵器を使う用意があることを確認した。
米国務長官コリン・パウエルと国家安全保障担当補佐官コンドリーザ・ライスは、7ヶ国に対して核攻撃の可能性があることを確認した。
現在、アメリカ人はこの惑星上に存在するあらゆる国にとって危険な脅威になっており、世界は立ち上がって何かをしなければならない。
米国は大量破壊兵器から防衛する唯一の手段は、それ以上に破壊的な兵器で応じることであると述べた。
それと同時に、米軍は世界中の様々な国に設置してある平和維持オフィスを全て閉鎖する意向があると言った。
米国平和学会ディレクター ジョージ・オリバー大佐は、米国のニュース・エージェンシーに、
『米国がこのような処置をとるのは愚かである。世界は米国が平和など気にかけない国であると感じるだろう。』と話した。


14 March 2002 :Call For Justice From Mujahid in Camp-X

http://www.azzam.com Daily news, articles and interviews on the Jihad in Afghanistan

FOR THE FIRST TIME CUBA PRISONERS COMMUNICATE WITH THE WORLD

GUANTANAMO(Radio Report) :
The 300 Taliban and Al-Qaida prisoners were able to contact the outside world for the first time after 3 months of suffering and torture.
One of the prisoners was able to contact the journalist as he was being driven around the prison by US soldiers.
According to the BBC, one of the prisoners contacted the journalist by shouting in english.
The prisoner asked if anyone knows about their presence in Camp X-Ray, if there was anyone to tell the world about their plight.
He further said that they had been on hunger strike for the last 14 days, but no one in the world cares for their suffering.
The prisoners started their hunger strike in an attempt to improve the appalling conditions within the camp, many have been drip-fed to prevent dehydration.
The 300 Mujahideen prisoners are unaware that hundreds of lawyers in the world are trying to reach them, but are being prevented by the so-called exporters of freedom, the US.

US CONFIRMS REPORT OF PROBABLE USE OF NUCLEAR WEAPONS

WASHINGTON(International Desk) :
The US has confirmed that it is willing to use nuclear weapons against those countries which pose a threat to the survival of the United States.
US foreign minister Colin Powell and National Security Adviser Kandoleeza Rice, have confirmed the probable nuclear attack against 7 countries.
This is something the world should stand up and do something about, as the Americans are now becoming a dangerous threat to every nation on this planet.
The US stated that the only way to be safe from weapons of mass destruction, is to reply with even more devastating weapons.
Whilst at the same time, US troops have thought to close all peace keeping offices setup in various countries around the world.
The US Peace Keeping Institute director, Colonel George Oliver, while speaking to a US News Agency said that it would be silly to take such steps as the world would then feel that the US do not care for peace.


http://www.azzam.com Daily news, articles and interviews on the Jihad in Afghanistan
http://www.maktabah.net or http://www.amazon.co.uk for Join the Caravan 2nd Edition by Sheikh Abdullah Azzam

 次へ  前へ





フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。