★阿修羅♪  戦争10
 ★阿修羅♪
戦争10検索
 次へ  前へ
パウエル国務長官は攻撃を事前に知っていたらしいね 投稿者 WW 日時 2002 年 3 月 31 日 06:44:54:

(回答先: パレスチナ自治政府、パウエル米国務長官の発言に失望感表明[ラマラ(ヨルダン川西岸)29日ロイター] 投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2002 年 3 月 30 日 10:58:13)

パウエルはイスラエルを非難せず、パレスチナのみを非難している。その姿勢は、アメリカの資源戦略からして当然の事だ。パウエルはアメリカという「チーム」の一員なのだから、イスラエル支持発言は当然のことなのだ。
その事をとやかく言っても、それは詮無き事だ。パウエルはグラディエーターのマキシマスでは無いのでね。彼は、単なる役人なのだ。それ以上でも、それ以下でもないのだね。

アメリカとイスラエルはこの手の暴力的対応しかできない国家であるのは、その成立からして暴力革命国家であるから当然だろうね。それは日本も同じだがね。
であるからには、パレスチナ人にだけ「非暴力運動」を要求するような木村愛二の主張も通りそうに無い。そもそも、日本にいながらにしてパレスチナやアフガンやコロンビアのゲリラ勢力に非暴力を訴えても、どうにもならないね。日本人が世界の事柄を決定しているのでは無いのだから、それは筋違いだろうからね。

しかし、パウエルがパレスチナを非難したのは、「予定通り」のシナリオらしいのだね。それは、「名誉革命」の国という事になっているイギリスの新聞が報道している事だ。こうあるね。

US was told of attack plan

Matthew Engel in Washington
Saturday March 30, 2002
The Guardian

The US secretary of state, Colin Powell, said yesterday that Israel had told Washington in advance of its plans to attack Yasser Arafat's compound and given assurances that it intended to isolate the Palestinian leader, but not to kill or capture him.
Mr Powell condemned recent Palestinian terrorist attacks "in the strongest possible terms", but did not criticise the Israeli action.
下略
http://www.guardian.co.uk/israel/Story/0,2763,676256,00.html

アメリカ政府にとっても、イスラエル政府にとっても、このパレスチナ自治区領土への侵攻はかねてからの計画に沿ったものに過ぎないという事だ。しかし、イスラエルでは、パレスチナ侵攻に反対する世論が巻き起こっていたのだね。その逆風を無視して人様の自治区領土に侵攻ができるかというと、それはそれ程簡単ではない。この侵攻が、シャロン首相とダブヤ暫定大統領の政治生命をさらに縮めるかどうか、それが見ものだろうね。

二人とも、すでに政治生命は絶たれている。侵攻計画であがいてどうにかなるものなら、とうにどうにかなっているはずだね。藁をもつかむ心理とは、こういうものだ。日本の驕慢政府も支持率はさらに低落したらしいが、その運命はこの二人と同じだ。

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。