★阿修羅♪  戦争10
 ★阿修羅♪
戦争10検索
 次へ  前へ
【イスラエルとアメリカの関係、そしてその陰謀論】 投稿者 ユタ様 日時 2002 年 4 月 02 日 00:12:08:

アメリカは今、マリファナを合法化し麻薬国家となりつつある。
実はアメリカは、世界の麻薬消費のうち50%を占める麻薬大国であるからなのだ。
今後は麻薬消費大国に留まらず麻薬密売大国になる可能性は十分にあり得る。
麻薬と銃社会は健全で安全な国家とはいえない。
異文明に対し不平等な説明で戦争まで発展することはむしろ自然な成り行きなのであり、何ら健全とは言えない米国にとって唯一のプライドの誇示なのだ。

■キリスト教原理主義とユダヤ教の関係
モーセは殺人と略奪を好む神だ。
エルサレムを略奪すること、これがユダヤ教の教えなのだ。
ユダヤ教の聖教が終わるまでこの忌まわしい呪いの詩は続く仕組みになっている。
ドイツがユダヤ人を虐殺した理由である。
ユダヤ教の十戒によれば
「人を殺してはいけない」
とあるが、実はモーセが十戒を作成した直後に自ら3000人を殺している。
このデタラメな宗教がユダヤ教なのだ。
しかもモーセがエジプトを発つ前にもエジプト人を一人殺している。
つまり最初から最後まで殺人者の教祖だったのだ。

ユダヤ教における十戒には「略奪してはいけない」ともある。
しかしユダヤ人に与えられた約束の地は、なんとエルサレムなのだ。
何故エルサレムなのかは、当時この地が栄えていたからである。
つまりイスラエル建国以前から、ユダヤ人はエルサレムを「俺のもの」にしようと
何千年もの間パレスチナ人(エルサレム)に嫌がらせをしているのである。
かつてイスラエルと国連の契約で、エルサレムにユダヤ人入植地を作ったのだが
それでは物足りずに今度は「全部よこせ」といって武力行使しているのである。
では何故、アメリカがイスラエルの側につくのか?
それは宗教関係にある。
アメリカはキリスト教原理主義、イスラエルはユダヤ教。
双方に違いはあるがキリスト教の元祖はモーセでありユダヤ教である。
キリスト教では旧約聖書としてユダヤ教を含有している為、イスラエルがエルサレムを欲しがる理由も分るのだ。
反面、西洋にとってモルモン教、イスラム教などは異教であり理解し難いものである、つまり邪教なのだ。
報道を見ても、まるでパレスチナ人が野蛮で悪魔的であるようなイメージを植え付けている。
米国連続テロ事件でもパレスチナ人が狂喜しているような報道を捏造した。
アメリカ人にとって、真実を知りたい訳ではなくキリスト教以外が野蛮であることが理想であって欲しいからなのだ。

■言葉とは、洗脳によって本能を謳歌するものに過ぎない
・人々は「現実」を知りたいとは思っていない。
・大衆の記憶力は悪い。
・彼らの中で優先する情報は常に映像である。
アメリカには、メディアを操作して世論を誘導するためのさまざまな理論がある。なかでももっと
もメジャーな理論といわれるのが、この「ディーバー式」だ。
アメリカはこうした法則を駆使することで、情報操作を自在に行い、いつでも国民を戦争に駆り
立てることができる。
「これは、レーガン元大統領の次席補佐官を務めたマイケル・ディーバーという人物が'80年代
に開発したものです。彼は、演説や会見を印象深くするために大統領にボイストレーナーを付け
たり、耳に心地よい言葉を選んだり、会見での大統領の立ち位置を研究したり、どうしたら世論
に対し効果が上がるかを、徹底的に研究しました」(明治学院大学法学部の川上和久教授)
「情報の洪水」という、絶え間なく錯綜する膨大な情報を逆手に取り、本来の役割である「真実
の確認」を意図的に怠り、本能的ともいえるターゲットの悪魔化を捏造してくのだ。
 アメリカの週刊誌などを読むと、多くの場合、イラクのサダム・フセイン大統領は、残虐で国際
ルールを守らない、悪党中の悪党として描かれている。それに対してアメリカ大統領は正義を
守る保安官で、悪党を倒すために国際社会を先導している・・・。というのが、1990年の湾岸戦
争以来、繰り返されてきたストーリーだ。
 だが中近東に行ってみると、人々が頭の中に描いているストーリーは全く逆だ。悪の化身、ア
メリカは、パレスチナの人々を追い出して建国されたアラブの敵、イスラエルの最大の支援者と
してアラブを敵視し、イスラエルを攻撃しようとしたイラクを経済封鎖し、罪もないイラクの庶民た
ちを苦しめている・・・。
 湾岸戦争の際、イラクのクウェート侵攻に対しては、アラブ諸国を含め、世界のほとんどの国
がサダム・フセイン大統領を非難した。フセイン大統領を支持したのは、パレスチナ人など、アラ
ブ世界の中でも抑圧された人々に限られていた。
 だが、その後7年たち、国連がイラクに対する経済封鎖を続けていることについて、国際社会
は疑問を抱き始めた。
安全保障理事会で拒否権を持っている常任理事国5カ国のうち、アメリカとイギリス以外の3カ
国(ロシア、フランス、中国)が、制裁の強化に反対したのである。

1948年 第一次中東戦争・・・ イギリスとともにイスラエルを支援(?四次まで)
1950年 朝鮮戦争・・・ 国連軍として韓国を支援し北朝鮮軍・中国軍と戦闘
1962年 キューバ危機・・・ キューバのミサイル基地を巡りソ連と核戦争の危機
1964年 ベトナム戦争・・・ 南ベトナム政府を支援し戦争へ。その後に泥沼化
1979年 アフガニスタン紛争・・・ アフガンに軍事介入したソ連に対抗しゲリラを支援
1980年 イラン・イラク戦争・・・ 後に”天敵”となるサダム・フセインを後方支援
1982年 レバノン派兵・・・ レバノン扮装収拾の名目でベイルートに出動
1983年 グレナダ侵攻・・・ 「現地アメリカ人支援」などの名目で出兵
1986年 トリボリ空爆・・・ ベルリンのディスコ爆破事件の報復でリビアを空爆
1989年 パナマ侵攻・・・ ノリエガ将軍逮捕の名目で侵攻、市民に犠牲者多数
1991年 湾岸戦争・・・ クウェートに侵攻したイラク軍に多国籍軍で攻撃
1993年 バグ脱兎空爆・・・ ブッシュ大統領(父)暗殺未遂事件の報復
1998年 スーダン・アフガニスタン空爆・・・ ケニア・タンザニア米大使館爆破事件の報復
1998年 イラク空爆・・・ 国連の査察を拒否したとして空爆を開始
1999年 ユーゴ空爆・・・ 内戦が続くユーゴの首都などを多国籍軍として空爆
2001年 アフガニスタン空爆・・・ 米国内同時多発テロの報復として空爆開始

 アメリカはこれだけ戦争をしている。
いくら反戦運動をしようが、アメリカはまったく聞く耳を持たない。
そればかりかますます情報工作をして、いかにも敵対者が悪魔的であるかを誇張し、洗脳したうえで虐殺を行う。
彼らが戦争を好むのは、麻薬と銃社会を生み出したアメリカの本能といえるだろう。
 旧約聖書は実に恐ろしいことを教えてくれている。
「人を殺してはいけない」「略奪してはいけない」
など数々の戒律を説いてはいるが、客観的には教祖自身が殺人、略奪をしていたのである。
聖書の教えは、キリストやモーセは神秘的な物語を美しく説き、人々に戒律を教える一方では
自らは戒律を無視し他人の財産を奪うことなのだ。
つまり「キリスト・モーセは救世主」ということを教えているのだが
正確には「救世主のようなキリスト・モーセは知的でありこれこそ神の恩恵である」ということなのだ。
「聖書」ではなく「上手なウソの使い方」マニュアルだったのだ。
 世界各国に布教を努めるアメリカだが、これは自己防衛の為である。
つまり汚い手を洗う為の布教であり、キリスト教原理主義国家のやり方なのだ。
これに対抗して、かつての日本軍は天皇陛下を用いた。何故なら日本は非キリスト教原理主義国家であったが、天皇陛下はその役割を十分に補えていたのだ。
しかし日本国は敗戦し、天皇制はアジアに浸透しなかった。
アメリカは次いで、日本軍が経済封鎖と植民地支配をアジアに広げていたこの宿敵の為に、汚い手とならざるを得なかったこの日本軍が、敗戦後はなおも彼らの良いように罪の尻拭いをさせ、ますます汚い手になったのである。
 アメリカでは日本が「燃える硫黄の池」であることは有名である。
アメリカは自らを神の意思とし、キリスト教原理主義としているため、
敗戦国はすべてアンチ・キリストとして裁かれ、聖書の預言にあるような獣を崇める国として、日本はその預言の中に当てはめられているのである。続きを見ると、要するにアメリカに敗戦した国々は世々限りなく煙が上がり、あらゆる財は遠ざかるのである。
しかし戦後の日本は軍事力こそ持てなくなったが、金持ちになってしまったのでアメリカは一部混乱し、修正を加えるために経済制裁を加えた。
これがバブル崩壊、円安ドル高である。
キリスト教原理主義が今日でも信仰され、愛されているのはこの預言のためなのである。
 アメリカ人は経済封鎖が悪い事とはちっとも思ってはいない。
失業・飢餓・大不況はキリストの裁きであり、キリストを崇めているアメリカ人は正義を自覚できるからである。
これこそ「キリストは人類の罪を背負ってくださる」のだ。
敵に回すと実に恐ろしい熱狂ぶりである。
http://219.23.28.73:8080/doubt/warface.htm

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。