★阿修羅♪  戦争10
 ★阿修羅♪
戦争10検索
 次へ  前へ
アフガニスタンジハードニュース(4/5) 投稿者 ドメル将軍 日時 2002 年 4 月 06 日 01:29:45:

●ムッラー・オマルからイスラム・ウンマへのメッセージ
奮闘するイスラム・ウンマへ:
「どれ程の預言者が、信心深い多くの敬神な衆と共に戦ったか。かれらはアッラーの道において、遭遇したことに気力を落さないで、また弱気にもならず屈しなかった。誠にアッラーは耐え忍ぶものを愛でられる。」[コーラン3:146 ]

あらゆる場所のイスラムの兄弟よ!
As-Salaamu Alaykum wa-Rahmatullah.
あなた方全員は、植民地化を図るアメリカ軍が我々の土地でしていることを聞き入れ、従っている。 ― 征服し、無実の人々を殺害し、アフガニスタン人の自尊心を傷つける凶悪な所業。
アメリカは、女性と子供の頭蓋骨を踏むつけ、巨大な爆弾から大量破壊兵器(アメリカは他国がそれを所持することを禁じている)までの最も強く、
最も醜悪な道具を使った後で我が国に侵入した。
アメリカはまた、他国がこの種の兵器を保有していると考えて平和な国々を侵略する。
それで、アメリカは何かアフガニスタンに良いことをしたか?
そして、世界をリードすると主張したアメリカは何を成し遂げましたか?
アメリカはアフガニスタンの貧困を終えましたか?
アメリカはアフガニスタンを侵略したのちに、この地域や世界に安全を与えましたか?
本当に、アメリカは「テロリズム」との戦いと称して、その大量の兵器で我が国を侵略し、数千人におよぶ無実で貧しい犠牲者を殺した。
それで、アメリカはこうする事によってテロリズムの終焉を保証しましたか?
アメリカは最初に、パレスチナのおけるユダヤ人のイスラエルの「テロリズム」を解決し、アメリカの支援を頼りにパレスチナ人を殺し、パレスチナの地を占領しているイスラエルへの支援を止めるべきではなかったか?
アメリカは最初に、カシミールでイスラム教徒に対するインドの「テロリズム」と戦うべきではなかったか?
本当に、全イスラム教徒はアメリカの望みが「イスラムとの戦いとイスラムのシャーリアを適用しようとする者を誰彼かまわず捕えることにある」のを知っている。
何故なら、イスラムとイスラム教徒は真実から離れない。アメリカはそれがアメリカの大義とユダヤの大義にとって非常に危険なものであることを知っているからだ。
アメリカはイスラムと戦っているとは言えないので、それを「テロリズム」との戦いと呼ぶ。
アメリカは全世界を支配し、貧しい国にある富を全て所有し、それを終えたあとで完全に安全になることを望む!
アフガニスタン・イスラム首長国でした事、アフガニスタンの人々にした事、それらを成し遂げた後でアメリカは安全になるだろうと、
そして、完全な支配のゴールに到達するだろうとアメリカが考えるなら、それは間違いである。
アメリカは尊大な軍隊の過去の失敗から学ぶべきである。アッラーはどのように彼等の邪悪を滅ぼしただろうか。
本当に、アメリカはイスラム教徒との戦いに勝ったと思っている。
しかし、我々イスラム教徒は、まだ日があることを、そして、時は前進し、戦争がまだ続くという事を知っている。
アメリカとそのユダヤ同盟国は傲慢と凶悪な行為のクライマックスに到達した。
そして、アッラーの為に残された唯一のことは、前任者がしたように彼等を破滅させ、破壊することである。
我々は未だにアッラーの約束と共にある。そして、その罰する手で我々に勝利を与えるというアッラーの約束を確信している。
アメリカの約束に関しては無効である。彼等は約束を達成することは出来ない。
もしアメリカがその武器と空軍と爆弾、ミサイル…をもって、我々を満足させるとともに、我々を捕え、我々とムスリムを滅ぼすことが出来ると考えているなら、
本当に、我々はアメリカが持たない唯一の武器を持つ:
アッラーに対する信仰(イマン)、アッラーへの隷属と信頼(tawakkul)という武器である。
信仰者の手に何もないなら、平和の核心とは何であろうか?
そして今日、強大な軍事力と兵器を所有する国々にとってそれらの兵器は、それが破滅的な物質を撒き散らすことで勝利に到達するのに役立ったよりも、
彼等の敵および彼等の宗教や民族の裏切り者にそれを提示することで勝利を獲得するのに有用だったよりも足手まといになったことを知っている。
本当に、アフガニスタンの人々はアッラーを信仰する民族である。彼等は我慢強く奮闘している。
イスラム民族(国家)は不信心者によるその土地の占領を受け入れないだろう。そして、不正に対して沈黙しないだろう。
彼等はアメリカでも誰でも不正を齎す者と戦うだろう。
そしてイスラム民族はまた、アッラーの次に、全ての行為において全ムスリムのユニティーを必要とする。
そして、最も重要な行為はアッラーへの祈願と賞賛である。
アッラーは、彼の宗教に仕え、彼を喜ばせるために働き、不信心な敵に勝利するように我々と貴方に成功をお与えになりました。
最も重要なことは、アッラーは最も強く、最も強大であるということです。(アル-カウィ、アル-アジズ)

Wa-Salaamu Alaykum wa-Rahmatullahi wa-Barakatuhu
イスラムとムスリムの召使
ムハンマド・オマル・ムジャヒッド
(2002年3月30日)


●ムシャラフはサダトと同じ運命に向かって進むかもしれない
イスラマバード(特別レポート):
アナリストは、ペルヴェズ・ムシャラフ大統領はエジプトのアンワール・サダト大統領と同じ運命に向かっているのではないかと話した。
サダト大統領は1981年、キャンプ・デービッドでイスラエルとの和平条約を締結しユダヤ人を呪うクルアーンの章句を禁じた後、公衆の面前で暗殺された。
サダト大統領は、イスラエルおよびアメリカと同盟し、イスラムとムスリム徒に害をなす協定に署名したことでエジプトのムスリムに非難された。
しかし、これとてムシャラフ大統領のイスラムとムスリムに対する悪意には遠く及ばない。
先週、ムシャラフ大統領の変節漢政府は、パキスタンに逃れてきていた約100人の外国人ムジャヒディンを逮捕し、即座にアメリカに引き渡した。
パキスタン、この国はムスリムに聖域と保護を与える為のイスラム国家として建国された。
しかし、現在では専制的なアラブ国家よりも悪質になり、不信心者の聖域になってしまった。
その指導者は恐れ気も無く、1924年にイスラム統治を破壊し、現在のトルコの創始者となったユダヤ人:ムスタファ・ケマル・アタチュルクの先例に倣って
「パキスタンを完全に非宗教的国家に改革する」と、公言した。
アタチュルクは、右から左に書くアラビア式の記述法を左から右に書くローマ式の記述法に変更してトルコ語を変えたこと、
公衆の場でのヒジャブ着用を禁じたこと、他の反イスラム的な法案を作ったことに責任がある。
パキスタン政府は、イスラムとムスリムの防衛のために、家や家族、彼自身の生活を離れた人々を逮捕しアメリカに引き渡すことで、既に全ての境界線を越えたようである。
彼等はその行動は強制されたものだったと言って自己の正当化を図り、無知なパキスタン人は、パキスタンとパキスタン人さえ無事であれば、
どれほどのムスリムが殺されようが、不信心者に引き渡されて目や耳、口を塞がれて動物のように檻に入れられようがようが構わないという国家主義的信念で100%それを受け入れた。
それ以外の誇り高いパキスタンの人々にとって今日は恥ずべき日となった。
そして、パキスタン人ムスリムは、彼等の前任者が執らなかった方法でイスラムとムスリムを裏切った国と国民としての自分を認識することを躊躇を感じている。
アナリストは、パキスタンの過激分子が裏切られたと感じ、裏切り者のパキスタン政府に対するジハードがアフガニスタンの連合軍に対するジハードよりも優先度が高いと理解し始めるのは時間の問題だと話した。
パキスタンの政治アナリストは、パキスタンで増大する不満分子がパキスタン政府の官僚を標的とした暗殺と殉教作戦をリードするかもしれないと語った。
万一これが起こるなら、それはアッラーに愛された人と戦った代価である:
「本当にアッラーの御好みになられる者は、堅固な建造物のように、戦列を組んでかれの道のために戦う者たちである。」[コーラン61:4 ]

●当ウェブ・サイトの速度の問題
ご迷惑をお掛けしていると思います。対処中ですので、もう数日お待ちください。


Message from Mulla Umar to the Muslim Ummah

05 April 2002

Azzam.Com Server Speed Problems:
We apologise for the slow speed that some users may be experiencing when visiting the new azzam.com web-site.
Please be patient with us for the next few days as we strive to resolve these problems.

Courtesy of taliban-news.com

To the Striving Islamic Ummah:

"But they never lost heart for that which did befall them in Allah's Way, nor did they weaken nor degrade themselves. And Allah loves as-Sabireen (the patient ones)." [Quran 3:146]
O Brothers in Islam in every place!
As-Salaamu Alaykum wa-Rahmatullah.
You all hear and follow what the colonising American forces are doing in our land - from evil deeds, to conquering, to killings of the innocents, and to humiliating the Afghans.
After having entered our lands by stepping on the skulls and bones of women and children, and after having used the strongest and ugliest tools of destruction - from immense bombs to weapons of mass destruction, which America bans all other countries of owning.
They also invade other peaceful countries because they think that they own some of these weapons.
So, what good has America done in Afghanistan?
And what has it accomplished to the world which it claims to lead?
Did America end the poverty situation in Afghanistan?
Did America provide safety in the region and in the world after having invaded Afghanistan?
Indeed, America has invaded our land with its massive weapons, and has killed thousands of innocent and poor victims, while claiming to be fighting "Terrorism."
So, has America guaranteed the end of terrorism by doing this?
Shouldn't America have first tried to overcome the Jewish Israeli "Terrorism" in Palestine, and to stop its support of the Israeli people who rely on it in the destruction and the killing of the Palestinian people and the occupation of their land?
Shouldn't America have first fought the Indian "Terrorism" against the Muslims in Kashmir?
Indeed, all the Muslims know that America only wants to fight Islam, and to capture everyone that tries to apply Islamic Shariah, because it knows the biggest danger to its cause and the Jewish cause is Islam and its people who stick to it with the truth.
America cannot say they are fighting Islam, so it calls what it is fighting "Terrorism."
America wants to control the whole world, and to own all the riches that the poor nations have, and to be in total safety after doing that!
If America thinks, after what it has done in the Islamic Emirate of Afghanistan and what it has done to the Afghan people, that it will be safe and that it will attain its goals of total control, then it is wrong and it should learn from the past mistakes of the arrogant forces and how Allah destroyed them because of their wickedness.
Indeed, America thinks it has won its war against the Muslims, but we Muslims know that there are still days to come and that time is moving forward and the war still goes on.
America and its Jewish allies have reached the climax of arrogance and evil deeds, and the only thing left is for Allah to destroy and demolish them, like he has done to their predecessors.
We are still tied to Allah's Promise (SWT), and we are very sure about it, for Him to give us victory and to give us the punishing hand.
As for America's promises, they are invalid and it cannot accomplish them.
If America really thinks that it will be able to do as it pleases with us, and to capture us and end us and the Muslims, with its weapons and the strength of its air force and its bombs and missiles...Indeed, we have the only weapon that America doesn't own:the weapon of faith (Iman) in Allah, the servitude of Allah and trust (tawakkul) on Him (SWT).
What is the point of peace if the hands of the believers don't hold anything?
And we see today, countries that owned big war weaponry and force, those weapons became more of a hindrance than they were useful to attain victory due to the amount of ruinous matters they spread and their submission to their enemies and their betrayal of their religion and nation.
Indeed, the Afghan people are a nation which trusts in Allah, they are a struggling, patient, Muslim nation, which won't accept the occupation of its lands by disbelievers, and who won't keep quiet upon injustice, who will fight America and whomever it brought with it, and which also needs, after Allah (SWT), the unity of every Muslim in all deeds and the most important deed is their supplication to Allah and their praise.
Allah has given us and you success to serve His religion and to work on pleasing Him, and our victory against the disbelieving enemy, and most importantly, that he is the All-Strong and All-Mighty (Al-Qawi, Al-Aziz).
Wa-Salaamu Alaykum wa-Rahmatullahi wa-Barakatuhu
The Servant of Islam and Muslims
Muhammad Umar Mujaahid
16 Muharram 1423AH (30 March 2002)


Musharraf May Be Heading for Same Fate as Anwar Sadat

ISLAMABAD (Special Report):
Analysts have said that President Parvez Musharraf may be heading for the same fate as Egyptian President Anwar Sadat, who was assassinated in 1981, after his peace treaty with Israel at Camp David and his banning of all Quranic verses cursing Jews, to be recited in public.
President Sadat was blamed by Muslims in Egypt for allying himself with the Israelis and Americans and signing an accord that caused harm to Islam and Muslims.
However, despite this, he did not go as far as President Musharraf in his enmity to Islam and the Muslims.
During the last week, President Musharraf's apostate government has arrested and immediately handed over approximately 100 Foreign Mujahideen who were taking refuge in Pakistan.
Pakistan, a country that was first founded on the pretence of a Muslim state providing sanctuary and protection to Muslims, has now become worse than some tyrannical Arab regimes and a sanctuary for disbelievers.
Its leader has openly said, without fear, that he intends to transform Pakistan into an entirely secular state, following in the footsteps of the Jew, Mustafa Kamal Ataturk, the destroyer of the Islamic Caliphate in 1924 and the founder of modern-day Turkey.
Ataturk was responsible for changing the Turkish language, from an Arabic-style right-to-left script, to a Roman-style left-to-right script, and for banning hijab in public places, amongst other anti-Islamic measures.
The Pakistani Government already seems to have crossed all bounds, by arresting and handing over to America, people who left their homes, their families and their livelihoods for the sake of defending Islam and the Muslims.
Further to that, they have justified their actions by saying that they were forced, and ignorant Pakistanis have accepted this justification 100%, with the nationalistic belief that as long as Pakistan and Pakistanis are safe, then it does not matter how many Muslims are killed or handed over to disbelievers to be kept in cages like animals with their eyes, ears and mouths cuffed.
Today has become a day of shame for the otherwise proud Pakistani people, and Muslims who are Pakistani feel ashamed to identify themselves with a country and a people who have betrayed Islam and Muslims in a way not done by their predecessors.
Analysts are saying now that it is only a matter of time before violent elements in Pakistan feel betrayed and begin to realise that Jihad against the treacherous Pakistani Government is more of a priority than Jihad against the Coalition forces in Afghanistan.
Political analysts in Pakistan have said that increasing discontent in Pakistan may lead to the targetting of Pakistani Government officials for assassinations and martyrdom operations.
If this were to happen, it would be the price of waging war against Allah's beloved:
"Indeed Allah loves those who fight in His Way in battle ranks as if they were a solid wall." [Quran 61:4]


http://www.azzam.com Daily news, articles and interviews on the Jihad in Afghanistan
http://www.maktabah.net or http://www.amazon.co.uk for Join the Caravan 2nd Edition by Sheikh Abdullah AzzamAssociated Links :

Usama Bin Laden's Recruitment Video (May 2001) Online (1hr 38mins)
rtsp://media.cc.columbia.edu/ciao/cbr/laden.smi

Anwar Sadat Assassinated
http://www.awesome80s.com/Awesome80s/News/1981/October/6-Sadat_Assassination.asp

Abu Zubaydah's arrest activates probe
http://www.dawn.com/2002/04/05/top2.htm

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。