★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
反重力推進実験? janesに載ってましたがSFみたいな話でほんまかいな?でもジェーン誌に掲載されたのには驚き 投稿者 Ddog 日時 2002 年 8 月 05 日 12:29:57:

反重力推進実験? http://www.janes.com/defence/

ニック・コック、JDW航空宇宙コンサルタント、ロンドン

ボーイング、最大の航空機製造業者は、ハードウェアへそれらを補強する科学を巧みに計画実行することができる場合、従来の航空宇宙推進技術の一世紀をひっくり返すことができる実験の反重力プロジェクトにそれが作用していると認めました。

努力の一部(それはBoeing?s幻工場から追い出されている)が、シアトルで研究開発設備を進めるとともに、会社は彼がロシアとフィンランドで反重力装置を開発したと主張する、ロシアの科学者のサービスを求めようとしています。しかしながら、アプローチはロシアの官僚によって妨害されました。

科学者(質問イヴェジェニPodkletnov博士)との協力的な関係を深めるボーイングの運動は、それ自身の内部プロジェクト名を持っています:?把握??高度なスペース推進の重力探求。

JDWによって得られたドキュメントを要約するGRASPは、ボーイングが危うくなると考えるものを述べます。「重力修正が本当の場合(それは言います、)、それは航空宇宙ビジネス全体を変更するでしょう。」

GRASP?s目的はpropellentless推進(航空宇宙world?s、反重力のためのより形式上の用語)を調査することです、Podkletnov?s仕事の有効性を決定し、「そのような技?pのための可能な用途を検討する。」適用が宇宙発射システムを含むかもしれないとその会社は言います、宇宙船上の人工重力、航空機推進、そして?燃料がない電気生成?いわゆる?自由エネルギー。

しかし、さらに、根本的な新しい武器へPodkletnov?s仕事を巧みに計画実行することができるかもしれないことは明白です。GRASP紙はPodkletnov?sに注目します、次のことを主張する、彼の高性能の実験、装置の使用、呼ばれた、1つの?衝動重力ジェネレーター?、ビームを生産することができること、の?重力状?任意のオブジェクトに1,000gの瞬間の力を及ぼすことができるエネルギー?十分、特にオブジェクトが高速に移動している場合に、それを蒸気させるために原則としては。

Podkletnovは、ロシアの研究所装置が1キロメートル離れたオブジェクトを撃退する4in(10cm)の広いbeam?s能力を既に実証しており、それが200km以内の距離に無視できるパワー・ロスを展示する、と主張します。対人工衛星の武器あるいは弾道ミサイル保護物として使用にそのような装置が適応されるかもしれないと観察者は言います。Podkletnovは、その重量の2%まで失われた、彼の急速に回る超伝導を示す装置上にどんなオブジェクトも置くと宣言しました。

彼は、重力を保護することが物理学の既知の法則の下で不可能であると主張した因襲固守者によって中傷されましたが、米国米航空宇宙局(NASA)は1990年代中頃に彼の仕事を模写することを試みました。NASAが仕事のPodkletnov?sユニークな定式を欠いたので、試みは失敗しました。アラバマのNASA?sマーシャル宇宙飛行センターは、まもなくPodkletnov?s仕様書に建造された装置を使用して、実験の別のセットを導くでしょう。

ボーイングは最近直接Podkletnovに接近したが、速やかに、ロシアの技術移転コントロール(モスクワは、西洋へのロシア語先端技術の退去を止めたい)に不正になりました。

ドキュメントを要約するGRASPは、BAEシステムズおよびロッキード・マーチンがさらにPodkletnovと連絡をとったことを明らかにします「そして、このエリアの中にある活動を持ってください。」

さらに、「重力修正での分類された活動は存在するかもしれない」ことがありえるとボーイングは認めます。論文は、Podkletnovが強くあることを指摘します、反軍事、また研究が行なわれる場合、援助を単に提供するだろう、その?白い世界?開いた開発の。

Anti-gravity propulsion comes ‘out of the closet’

By Nick Cook, JDW Aerospace Consultant, London

Boeing, the world’s largest aircraft manufacturer, has admitted it is working on experimental anti-gravity projects that could overturn a century of conventional aerospace propulsion technology if the science underpinning them can be engineered into hardware.

As part of the effort, which is being run out of Boeing’s Phantom Works advanced research and development facility in Seattle, the company is trying to solicit the services of a Russian scientist who claims he has developed anti-gravity devices in Russia and Finland. The approach, however, has been thwarted by Russian officialdom.

The Boeing drive to develop a collaborative relationship with the scientist in question, Dr Evgeny Podkletnov, has its own internal project name: ‘GRASP’ — Gravity Research for Advanced Space Propulsion.

A GRASP briefing document obtained by JDW sets out what Boeing believes to be at stake. "If gravity modification is real," it says, "it will alter the entire aerospace business."

GRASP’s objective is to explore propellentless propulsion (the aerospace world’s more formal term for anti-gravity), determine the validity of Podkletnov’s work and "examine possible uses for such a technology". Applications, the company says, could include space launch systems, artificial gravity on spacecraft, aircraft propulsion and ‘fuelless’ electricity generation — so-called ‘free energy’.

But it is also apparent that Podkletnov’s work could be engineered into a radical new weapon. The GRASP paper focuses on Podkletnov’s claims that his high-power experiments, using a device called an ‘impulse gravity generator’, are capable of producing a beam of ‘gravity-like’ energy that can exert an instantaneous force of 1,000g on any object — enough, in principle, to vaporise it, especially if the object is moving at high speed.

Podkletnov maintains that a laboratory installation in Russia has already demonstrated the 4in (10cm) wide beam’s ability to repel objects a kilometre away and that it exhibits negligible power loss at distances of up to 200km. Such a device, observers say, could be adapted for use as an anti-satellite weapon or a ballistic missile shield. Podkletnov declared that any object placed above his rapidly spinning superconducting apparatus lost up to 2% of its weight.

Although he was vilified by traditionalists who claimed that gravity-shielding was impossible under the known laws of physics, the US National Aeronautics and Space Administration (NASA) attempted to replicate his work in the mid-1990s. Because NASA lacked Podkletnov’s unique formula for the work, the attempt failed. NASA’s Marshall Space Flight Center in Alabama will shortly conduct a second set of experiments using apparatus built to Podkletnov’s specifications.

Boeing recently approached Podkletnov directly, but promptly fell foul of Russian technology transfer controls (Moscow wants to stem the exodus of Russian high technology to the West).

The GRASP briefing document reveals that BAE Systems and Lockheed Martin have also contacted Podkletnov "and have some activity in this area".

It is also possible, Boeing admits, that "classified activities in gravity modification may exist". The paper points out that Podkletnov is strongly anti-military and will only provide assistance if the research is carried out in the ‘white world’ of open development.

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。