★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ロ米パイプライン戦争の伏流が旧ソ連圏とイラン・トルコを加え再燃か旧稿再発見 投稿者 木村愛二 日時 2002 年 10 月 20 日 21:44:28:

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『亜空間通信』404号(2002/10/20)
ロ米パイプライン戦争の伏流が旧ソ連圏とイラン・トルコを加え再燃か旧稿再発見】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 転送、転載、引用、訳出、大歓迎!

昨日は外出、一日遅れで以下の記事を見た。

『日本経済新聞(2002.10.19夕)
パイプライン建設で合意

【ウィーン=高坂哲郎】ソフィアからの報道によると、ルーマンニアとブルガリアの
両政府は十八日、イラン産天然ガスを両国経由で中・東欧諸国に送る新パイプライン
の建設で合意した。ルーマニアのポペスク工業資源相によると、新パイプラインはイ
ランからトルコを経て、ブルガリア、ルーマニアを縦断。ハンガリーなどに天然ガス
を供給する。

 以上で引用終わり。

 たしか、この件は、3年前にも似たような記事があったはずと、以下の電網検索。

全言語のページからパイプライン、イラン、ルーマニア、ブルガリア、トルコを検索
しました。
 約66件中1 - 33件目 ・検索にかかった時間0.06秒

 あった。以下が、わが3年前の「ユーゴ」連載記事の一部である。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/yugo-12.html

ユーゴ人道介入の口実「虐殺」デッチ上げ
(その12)カスピ海石油争奪戦の経済誌記事[前略]

1997.5.21.『ニューズウィーク日本版』:石油開発/カスピ海の大油田争奪戦/政府
の強力な援護を受け、着々と地歩を築く欧米の大手石油資本/技術と資本力で劣るロ
シアはイランと組んで反撃に出る
1998.7.『フォーサイト』:ルーマニアとブルガリア、パイプライン争奪戦に参入/
カスピ海原油の輸送ルートをめぐる問題
1998.11.4.『ニューズウィーク日本版』:油田/カスピ海の宝探しが熱い/カザフス
タンの石油資源をめぐる争いで、アメリカはロシアとイランの先を越そうと必死/カ
シャガン油田、米国のパイプライン計画[後略]

 以上で引用終わり。

 私は、3年前に、ユーゴ戦争は、カスピ海周辺の石油・天然ガス資源の争奪戦なり、
と喝破した。今年、アメリカ主導のトルコ経由、地中海に抜けるルートの着工が報じ
られたが、ルーマニアとブルガリアが諦めなかったものか、はたまた、背後の北ヨー
ロッパ諸国か、ロシアか、イランか、経由地で濡れ手に粟のトルコか、関係諸国の欲
望の渦巻きは、いまだ醒めやらず。ああ、これぞ石油地獄。血の池地獄。

 以上。

************************************

木村愛二:国際電網空間総合雑誌『憎まれ愚痴』編集長
ある時は自称"嘘発見"名探偵。ある時は年齢別世界記録を目指す生涯水泳選手。
木村愛二書店(↓):木村愛二作品の本とヴィデオを電網宝庫で特価販売
http://www.jca.apc.org/~altmedka/hanbai.html
(2002.07.13.ヒット数70,000突破!)
E-mail:altmedka@jca.apc.org
URL:http://www.jca.apc.org/~altmedka/
altmedka:Alternative Medium by KIMURA Aiji
Big big name, ah, ah, ah........

************************************
電網速報『亜空間通信』(2001.09.01.創刊 2002.10.20.現在404号発行済)
定期購読受付中・年会費1,000円 申し込みはこちらへ(↓)
altmedka@jca.apc.org

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。