★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
盗み容疑の故ダイアナ妃執事 女王の一声で無罪放免(asahi) 投稿者 新規投稿 124 日時 2002 年 11 月 02 日 21:19:55:

英国のダイアナ元皇太子妃の死後、ダイアナさんや家族の私物を盗んだ罪に問われた元執事の裁判で、検察側が1日、突如公訴を取り下げた。決め手になったのは、被告の無実を示唆するエリザベス女王の一声。異例の「介入」に踏み切った女王の真意をめぐり、憶測が飛び交っている。
 ポール・バレル被告(44)はダイアナさんが97年に事故死するまで執事を務めた。昨年1月、ダイアナさんの服や帽子、写真など約300点をケンジントン宮から無断で運び出し、隠し持っていた疑いで逮捕された。

 女王は97年にバレル氏と言葉を交わした際、「ダイアナさんの所持品を安全な場所で管理している」と打ち明けられたことを最近思い出し、チャールズ皇太子を通じて、捜査員に連絡したという。検察は1日、「裁判は誤った前提で進められていた」との声明を公表、陪審に対し、バレル氏の無罪を評決するよう求めた。

 バッキンガム宮殿の報道官は同日、「バレル氏追及を断念したのは検察独自の判断」と述べ、女王の影響力行使を否定した。一方、同氏はロンドンの裁判所前で、「女王が救ってくれた」と興奮気味に語った。

 あっけない幕切れの背景を、BBCなどのメディアは「女王の司法介入」と報じた。近く、バレル氏に対する尋問が予定されるなど、裁判が佳境を迎えていただけに、疑念は深い。

 「公判で王室に都合の悪い事実が次々と明らかになる恐れがあった。女王は自ら、手を打つ必要を感じたのではないか」(英紙記者)といった見方も出ている。

(11:28)

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。