★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 143.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/143.html
株式日記と経済展望:世界一危険なバカ 「ブッシュ妄言録」 最高権力者がバカだとシャトルも落ちる
投稿者 あっしら 日時 2003 年 2 月 03 日 17:23:25:


2003年2月2日 日曜日

●発表します!この木曜日、ロナルド・レーガン空港から飛行機とチケットカウンターが飛び立ちます!(ブッシュは超能力者か)
◆I am here to make an announcement that this Thursday, ticket counters and airplanes will fly out of Ronald Reagan Airport.

●私のことを大統領として知能が足りないといっている人達は、その事実をまだまだ甘く見ている。(ブッシュが核のボタンを持っていることか)
◆I think anybody who doesn't think I'm smart enough to handle the job is underestimating.

●彼らは私を過小評価している。(アメリカの新語大賞に選ばれました)
◆They misunderestimated me.

●テキサス州知事として、私は公立中学・高校のために高い基準を設けた。私もその基準をクリアしたんだ。(ブッシュは高校を卒業したのが自慢らしい)
◆As a governor of texas, I have set high standards for our public schools, and I have met those standards.

●本のすばらしさは、美しい挿し絵にあるのです。(ブッシュは漫画のファンか)
◆One of the great things about books is sometimes there are some fantastic pictures.
(「ブッシュ妄言録」より):http://www.fugafuga.com/kenkyu/bushism/index.html

アメリカの権威の象徴である、スペースシャトルのコロンビア号が事故を起こし、7名の乗組員が亡くなられました。新聞やテレビの情報から考えると、コロンビア号はかなり老朽化しており、3度も打ち上げが延期されている。廃棄も検討されましたが、100億円もの費用を掛けて改修工事が行われ、打ち上げが実施されている。打ち上げの際にも左側の翼が落下物により破損した事も認められている。

スペースシャトルは大気圏突入の際に、摩擦で火の車になる。少しでも耐熱タイルが剥がれておれば、そこから機体はばらばらになることが想像されます。つまり事故を起こすまでに、いくつもの判断ミスが下され事故が起きたといえる。アメリカ人の大雑把さが事故を起こした原因とも言える。NASAも予算がかなりカットされ、計画の実施にかなり無理が来ているのだろう。以前なら国威の発揚になり、予算も掛けられたが、当たり前のことになると予算は削られる。

よくアメリカの一人勝ちとか、一国繁栄主義とか言われるが、しかしアメリカの国力は落ちてきているのだ。軍事力だけが突出しているために、全体から見た国力を見誤っているのだ。総合的に見て1960年代がアメリカの絶頂期だったのだろう。そしてブッシュ大統領の登場がアメリカの衰退の象徴となるのだろう。ユーゴ空爆とかアフガニスタン空爆とか、ほとんど国家をなしていない所ばかりを攻撃している。イラクにしても抵抗すべき軍隊を持っていないから攻撃するのだろう。

「ブッシュ大統領の妄言録」はアメリカの現状を言い表しているのだけかもしれない。アメリカの選挙制度も上手く機能していないようだ。アメリカの選挙の実態は選挙監視団を送り込まなければならないような出鱈目が横行している。ニクソン、ケネディの選挙のときも、ブッシュ、ゴアの選挙のときも、おそらく真実の結果は逆だったのだろう。アメリカは明らかに狂い始めている。日本はこのようなアメリカについてゆく事は危険だ。社会学者の宮台真司氏は次のように述べている。

戦後もそうです。日米安保条約は、四八年から突如として再軍備要求を突きつけて来たアメリカのエゴイズムに巻きこまれないために、吉田茂が考えた防波堤でした。「アメリカについていくふりをしつつ、アメリカのいいように利用されないように頑張ろう」という話だったんですよ。そういう本義が忘れ去られてしまい、「アメリカの言うことを聞いてさえいれば、アメリカは日本のために頑張ってくれるよ」となった。そんなことあるわけないじゃん(笑)。だから冷戦体制が終わって以降、日本は単にアメリカに利用されてる。

 それから「規制緩和」。日本にはいまでも既得権益者を守る参入障壁が、至るところに、蜘蛛の巣のように張りめぐらされています。これを外すための規制緩和は絶対に必要です。ところが、これと、グローバル化──アメリカへの軍事力一局集中化、高度情報社会化、アメリカン・ウェイ・オヴ・ライフの席巻──に身をまかせろという話とは、全く違う。このことをはっきりいう人間がおらず、規制緩和論者は総じてグローバリゼーション推進派になる。竹中平蔵さんがそうです。これを区別できる人間がいないのが大きな悲劇です。既得権益で私腹を肥やす国賊を排するために、規制緩和は必要です。しかし、日本を食い物にしようとしている国外のやつらの方便に身をまかせるのは、やはりこれも国賊です。

 「国益を騙って私益を漁る連中」に気をつけなくてはいけません。一九九〇年に合意した日米構造協議が典型です。規制緩和と内需拡大を約束したことになっていますが、実際は違う。当時日本にはWindowsよりもはるかにスペックの高いトロンOSがあった。これを開発者の坂村健さん(現・東京大学大学院情報環教授)の意向もあって教育機関に無償で配りましょうという話になっていたのを、アメリカ政府が「トロンOSへの肩入れは非関税障壁である」といってやめさせた。さらに当時日本のバイオ・テクノロジーはアメリカと肩を並べていましたが、アメリカ政府は、日本政府が研究や投資の支援を行うことも非関税障壁だからやめろと言ってきた。その要求を呑んだ結果が「空白の一〇年」です。


(「漂流するメディア政治」宮台真司・神保哲生対談より):http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_message.cgi/3e3e21a68d3c1010367c?aid=&tpl=sales/miya_jin01.html


 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。