★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 145.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/145.html
株式日記と経済展望:スペースシャトルは中止されるべきである 高くついて、時代遅れで、非実用的である。(TIME誌の2003年2月10日の号から)
投稿者 あっしら 日時 2003 年 2 月 03 日 17:26:19:

(回答先: 雑誌タイム:シャトル計画はカネ食い虫、危険で実際性もなく、全面的にストップすべし。 投稿者 オクラ 日時 2003 年 2 月 03 日 05:20:07)


2003年2月3日 月曜日


宇宙船は、国家のインスピレーションの比喩である:技術的に進められて、親愛なるコストで生じられて、貴重な積荷を委任されて、堂々とした地球の制約にそびえること。宇宙船は、向こうによりよい何かがあるという我々の秘密の希望を運ぶ?我々がいつか過去の不幸を置いてきに行くかもしれない世界。正確に、国として最もすばらしい我々の機会には、我々の心臓が正義と原則の方へ上がって、宇宙船は天の方へ上がる。そして、はっきりした理由以外のために、容器が砕けるとき、それがコロンビアで挑戦者と先週で1986年にしたので、我々は不正に、アメリカの見込みがそれに伴うと思う。

残念なことに、挑戦者悲劇の中心にあった中心的な問題は、同様にコロンビア悲劇にあてはまる。その中心的な問題は、スペースシャトルである。20年の間、危険なアメリカの宇宙計画があまりに高価でもあるスペースシャトル・システムに結合してあったこと、あまりに大部分の方法のために大きい、宇宙飛行をより安くてより安全にする現代のシステムにつぎ込まれることができた資金を吸い出す予算で、それが使われる。スペースシャトルは専門用語で印象的である、しかし、財政的な条件と安全性条件にプロジェクトは宇宙探査により多くの害を与えなかった。何百もの発射で現在まで、アメリカでロシアの有人の宇宙計画が飛行中にちょうど3つの致命的な負けで苦しんだこと?そして、2、スペースシャトルは災難であった。これは、単にプログラムの終わりでなければならない。

有人の国際的な宇宙ステーションを建設するずっと高価な努力は、また終わるか?コストと根拠には、それはシャトルと同じくらい疑わしい。2つのプログラムは、互いの鏡像である。宇宙ステーションは主にシャトルに目的地を与えるために考えられた、そして、シャトルは主に宇宙ステーションをサービスしておくために飛ばせ続けられた。3クルー・メンバー?探検6?はやりのNASA隠語に、宇宙ステーションで上にままである。おそらく、ロシアのロケットは、家に彼らを連れてくるために上がる必要がある。彼らを取り替える知恵は、せいぜい疑わしいようである。この第二のシャトル損失は、NASAが完全に再編成されなければならないことを意味する?廃止されなくて、新しい任務で新しい機関と取り替えられない。

なぜ、NASAはそれほど長くスペースシャトルに固執したか?未来的であるように、スペースシャトルが見られるけれども、そのデザインは古い30年である。シャトルの主なエンジン(1970年代後期に最初にテストされる)は、新しいロケットエンジン・デザイン動く数百部品も使う。もろい熱-消えているタイルは、材料科学において進展の前に設計された。最近、スペースシャトルのフライトデッキ・コンピュータが1980年代初期から古い8086台のチップを使うまで、自尊心のあるティーンエイジャーがそうしないテレビゲームのために使うことの種類のプレPentiumエレクトロニクスは夢見る。

最も重要に、スペースシャトルは艦隊が週に一度スペースへ飛んで行くという、そして、各々のシャトルが50,000ポンドのペイロードをもたらすのに十分大きい必要があるという非常に非現実的な仮定中で設計された。実際の用途には、往復の艦隊は、5つの飛行/年を平均した;今年、飛行は4へ減らされることになっていた。最大ペイロードは、ほとんど決して伝えられない。それでも、非常に非現実的な最初のゴールに対応するために、エンジニアはシャトルを巨大で高価にした。ソビエト宇宙計画もシャトルを建造した。そして、ほとんど、そのアメリカの対応する物と同じ正確に寸法と容量で、ブランと呼ばれていた。それが途方もなく高価で非実用的だったので、ブランはかつて軌道へ飛んで行って、キャンセルされた。

20年の間、カートがアメリカのスペース方針において馬の前にあった。NASAは、軌道のための手頃で頼りになる手段を最初に開発することなく多くの宇宙飛行士を巻き込んでいる複合大使館を試みていた。強調が、現在より低く値をつけられて、信頼できるすっかり新しいシステムを設計することの上になければならない。そして、それが起こる間、人間の宇宙飛行が10年のために立ち寄るならば、そう、それでありなさい。一旦人々と積荷を軌道に入れるより安くてより安全な方法があるならば、雄大なゴールの話は現実になるかもしれない。新しい、less-expensiveな使い捨てのロケットは、NASAがより多くの宇宙探査機に着手するのを許す?絶えず費用効果がよいプログラムの1部分。軌道のための手頃な手段は、調査ベースの設立のための月への復帰を可能にするかもしれなくて、男性と女性が火星に入ったlong-dreamed-of日を可能にするかもしれない。しかし、NASAが超高くつく、危険なシャトルに頼る間、雄大なゴールは可能でない。
(機械翻訳のため読みづらい日本語です)

このTIME誌の発行日時からして、事故の前に書かれたものであろう。しかしあまりにもタイムリーな記事である。しかしながら今回のスペースシャトル・コロンビア号の事故がなくても、問題提起されなければならない事である。昨日のテレビ報道を見ると、ただ情緒的に事故を悼む論調に終始しているが、スペースシャトル計画そのものを見直す時期に来ていることは間違いがない。

私の意見としては、より小型化された経済的で実用的な次世代シャトルを開発すべきなのだろう。巨大な旅客機を立てて、巨大な燃料タンクを抱えた、中途半端な形をしているのは無理が生ずる。日本でも実物大のバスパインダー号が展示され、私も見てきたが、驚くほど巨大で、かなり巨大なエネルギーを使った化け物である。有人で飛ばすにしろパイロット一人で十分であり、実験などは無人でも出来るはずだ。


TIME誌 2003年2月10日号の記事:http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1101030210-418518,00.html

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。