★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 150.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/150.html
「米大陸発見は中国人」説がベストセラー 学会は懐疑的 [CNN]
投稿者 あっしら 日時 2003 年 2 月 03 日 20:17:52:


2003.02.03
Web posted at: 12:23 JST

- AP
北京(AP) コロンブスより70年も前に中国の艦隊がアメリカ大陸に到達し、世界一周まで達成していた――。英軍の退役将校がこんな説を発表し、話題を呼んでいる。米国で今月発売されたばかりの著書は、ニューヨークタイムズ紙のベストセラー・リスト(ノンフィクション部門)で第8位に入るほどの売れ行きだ。しかし、この説には中国人専門家も懐疑的な見方を示している。

中国人が米大陸を「発見」したと主張しているのは、英海軍で潜水艦の司令官を務めていたギャビン・メンジーズ氏。在任中にコロンブスやマゼランが通ったとされる航路を自らたどった経験や星図・地図の知識を駆使し、120カ国の港などを実地調査した結果、「明朝の航海家・鄭和率いる艦隊が1421年、喜望峰を回ってアメリカ大陸に到着していた」との結論に達した。メンジーズ氏によると、一部の船はさらに太平洋を渡り、中国まで帰り着いたとみられる。その後コロンブスらの艦隊は、中国から入手した地図を頼りに航海に出たという。

確かに、当時の中国は欧州をしのぐほどの技術を持ち、鄭和が東アフリカあたりまでを制覇したことはよく知られている。北京では「中国が最初にアメリカを見つけたことなど、前から知っていた」と胸を張る市民もいた。

だが、専門家の多くはメンジーズ氏の説に首をかしげる。「まともな議論ではなく、到底受け入れられない」と一笑に付すのは、北京大学の歴史学教授だ。鄭和の業績を記念して設立された団体でさえ、「ナンセンスだ」と取り合わない。

こうした批判に対し、メンジーズ氏は「公正な立場から私が示している証拠を見てもらえば、ほかの結論はあり得ないはず」と、あくまで強気の姿勢を貫いている。


★ 今なお「米大陸発見」という表現を使っているところが大笑い。


 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。