★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 176.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/176.html
エンデバーのタイルもはがれたけど毛利さんは無事だった…
投稿者 *** 日時 2003 年 2 月 04 日 19:50:42:

(回答先: Re: イスラエル・米国共同で、「事故説」を作っている可能性もあるので注意 投稿者 おみず 日時 2003 年 2 月 04 日 07:14:17)

[シャトル事故] 多数の耐熱タイル破損の可能性も

 米シャトル空中分解事故で、外部燃料タンクからはがれた断熱材の一部が機体の耐熱タイルを損傷した可能性が原因の焦点となっている。航空宇宙技術研究所の白水正男・宇宙輸送システムプロジェクトセンター長は「耐熱タイルの破損が原因なら、1枚や2枚がはがれたのではなく、多数が破損したはずだ」とみる。シャトルは多少のタイル損傷は想定して安全設計されているからだ。一部が破損し熱が機体内に伝わっても、機体の材料であるアルミ合金が熱を周りに逃がす構造に工夫されているという。別の材料工学の専門家も「損傷が十分大きいと、熱でアルミ合金がゆがみ、振動が発生して周囲の耐熱タイルが次々とはがれる可能性はある」と指摘する。

 シャトルを覆う耐熱タイルは約2万7000枚で、受ける熱によって6種類に分かれる。このうち、大気圏へ再突入する姿勢から熱をまともに受ける機体底部や翼の大部分には、高純度のガラス繊維で作られた高温用タイル約2万枚がはられている。1枚は約30センチ四方で厚さは2.5〜12.5センチ。1260度に耐えられ、1500度以上になる機体先端部などは、より耐熱性のある別の材料で覆われている。

 耐熱タイルはこれまでも、97年に土井隆雄さんが搭乗したコロンビアで約130枚にくぼみができたり、92年に毛利衛さんが乗ったエンデバーでは一部がはがれる損傷が帰還後に確認されるなど、ある程度の損傷は繰り返し起きていた。 【江口一、河内敏康】

[毎日新聞2月4日]

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。