★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 456.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
鼻先かゆみ(花粉症歌手さん レスありがとうございます
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/456.html
投稿者 hou 日時 2003 年 2 月 21 日 01:08:19:

(回答先: Re:米英ロジックについていけば世界は究極の不安定へ突入し、日本文明は結局自己倒潰につながる。 投稿者 鼻先かゆみ(花粉症歌手) 日時 2003 年 2 月 20 日 01:58:05)

鼻先かゆみ(花粉症歌手さん こんばんわ

えー、どこを焦点に話を回しているのか皆目検討がつきかねます。

できれば、経済の話なら経済で

戦争の話なら戦争部分で話が分かれていればよかったのですが。

>世界に貧富の格差や
貧富の格差は、経済市場の確立ができているかどうかにかかってくると思います。(共産圏は別です。)
経済市場は、所有とそこから上がる所得の分配が円滑にできる機能ということです。つまり所有者からの権原を多くの人に分配するということです。
この分配機能が政府の介入や、前近代化されたパトロンのような所得配分が強いところでは、飢饉や餓死者が豊富な食料を前にして起こります。

特にアフリカなどの労働者が故意に(民族問題)市場で労働をできないなど貨幣を入手困難な状態に陥ったとき、またその所有者が食料が手にがいらない場合、(乾燥地帯で草原の消滅と大量の家畜を世話できなくなった場合)家畜などを市場を通して処分するが、この場合処分する量が多くなるので結果的に、安くしか売れない。
所有者には、乾燥地帯以外で取れるそれほど価格が上がっていない食料も高くなり飢饉などの結果につながる。

現実問題は、政治的な絡みや民族問題・国境問題などが市場経済の確立を困難にしている。

市場経済を確立できない国とできている国では、南北問題が明確に出てきます。

また、そのような国はろくな政治化がいなくて、自分はスイスの秘密口座にお金を振り込んでせっせっと公金横領に励み。
また、国際援助まで横流しという例が往々にして見られます。
最近では、イギリスなどの国は、援助の仕方は食料とかお金ではなく実際にNPOなどの団体が地道に政治改革から目指すという事も聞かれます。

>不公平が広がれば広がるほど,世界は不安定になります.

不公平というのは多分、機会均等のことでしょう。
しかし、これもインドやアフリカ・中国など教育も受けられない子供や大人がいるということで、それが、それらの国の中で相当所得格差を広げている原因でしょう。

これら、国々のなかでまた外と比べると世界の所得格差は驚くべきものでしょう。
そこから考えると確かに世界の生活格差は、広がっています。
自分では、当たり前のことでも多くの人ができるとは限りません。

日本GDPは約500兆です。これは世界二位といわれています。
不景気であっても電力は止まることを知らないがごとく流れています。

世界でもめずらしい、電力会社の株式化がもたらした生産性のおかげと言えるでしょう。

しかし、ほかの国はどうでしょうか?
電力がこれほど行き届いているでしょうか?

我々日本人は、かなりの世界所得格差と不安定さの要因です。

>持てる者持たざる者の格差=南北問題です、これは日本国内においてもそうなのです。日本国内にも南北問題が入り込んでしまっているのです。ですからこの南北問題の元を断たなければそれこそ意味なしなのです。富の格差を狭めていく事が国際的にも国内的にも社会的安定の致命的要件なのです.

この日本の南北問題とは?なにをさしているのでしょうか?

>シーレーン問題は非常に重要で.当座,その安全保障を強化していかなければならない事は認めます。

しかし論理的には,本筋ではありません。倒錯した考え,事の軽重を見誤った考え方は結局コスト的に無理がでてくる、高くつくのです。泥棒がふえているとき、鍵を変える,セコムに頼む,ガードマンを付けるなどして、安全保障費用を注ぎ込んでいくのか。それとも泥棒をしなければならない人々が存在する原因を最少化し、かつての日本社会のように,鍵などなくても,安全平和に暮らしていた日本社会のような状況を作る方に社会的コストを投じるのか,大局的,長期的にみて、どちらが、安くつき,効果的かということなのです。

これは、我々日本人からみた世界に対する錯覚です。
他民族が一つの国を運営する難しさは、ユーゴなどを見ても分かるようにすぐに政治に結びつきます。
それが、細かいとこだとどこに、どんな公共設備をつくるのかどんな会社が何人をどれだけ雇うのか、どこぞの銀行は何人の株主だからどこ人への貸し出しはゆるいなどといった。
日常での生活圏での差別の鬱憤がたまりはじめると何らかの重大事件勃発で民族間紛争が起こります。
ただ、アメリカのように一応多民族が法のもと団結し多様なコミニュティーを形成している国もあり、今後世界平和のための一助となることは確実です。
世界史における現在の地点は、どのような秩序が多国他民族・個人に受けるのか実験の最中なのでしょう。

ソニーなどや松下・トヨタ・イオン・キャノンなど世界に進出しているにもかかわらず、取締役に外人がいないのはおかしい。

これらの企業は多くの外人の出世を差別していることにもなる。

別にスイス人がトヨタの社長でもいいわけですし、中国人でもいいのです。インド人でもエチオピアでもイラン人でもいいわけです。

日本は多くの点で海外から多くの益を獲得しているにもかかわらず差別している。この問題は南北問題ではないが、十分に議論のいる話だ。
世界平和を構造から考えればこのようなとこにも行き着くが、それでも「安全平和に暮らしていた日本社会のような状況を作る方に社会的コストを投じるのか,大局的,長期的にみて、どちらが、安くつき,効果的かということなのです。」という言葉が安易にでるだろうか?

間違いなく日本は経済での世界の強者の立場なのである

アメリカ・イギリスのユニリーバ・シェル・GEやシティバンク・JPモルガンなど多国籍企業はインド人や中国人・スイス人などが社長を務めたことがあります。

>で米英は南北問題をさらに悪化する経済政策を強烈におしすすめている総本材,大本営なのです。

それでは、日本は?どうですか?
日本は、職を通じてまた労働市場を通じて日本の企業は経済を海外に積極的開いているといえるでしょうか?
海外からみて日本の労働条件は、本当に機会均等でしょうか?


>ネオコン、新自由主義の経済政策は徹底した弱肉強食の論理、競争原理です.金持ちがいっそう金持ちに,中間層は解体し貧困層へ,貧困層はさらに貧窮へ向かっているのが世界と日本国内の現状なのです。

本当にそうでしょうか?
アメリカの武力を牛耳るのは、軍部でなく民主主義というのが建前です、政治的にネオコンを利用するようですが、それは選んでのことでしょう。
軍部に反対するネオコンもいます。

新自由経済政策には、多くの実験が付きまといました。
1・プルーデンス政策の実施
2・利益を重視することによる人種差別の撤廃。
3・トータルクォリティーマネジメントの実施
4・カルパースのような年金運用・401K
5・アメリカ版ビックバンの完成
6・VBへの出資と、軍需産業の不良債権処理
7・国際銀行へのBIS適用
8・南米での不良債権の引き当て


これらにより、アメリカの経済は1989年以降回復の道が開けました。

これらにより、犯罪はNYでも減少傾向が見られた。

また、先進国(あなたの中流層というのがどの程度か分かりませんが)の中流層の崩壊は、南北問題を解決するには致し方ないことです。製造業の流出です。
その代わりストックがある国では、一人に占めるGDPは、むしろ増額しています。
その産業ベースは、サービスです。
ですから、雇用シフトはなかなか進まず失業率の上昇は否めません。
また家族でのワークシェアリングなどの考えが重要でしょう。
しかし、ジニ係数でみた日本の所得配分の悪さは、世界でも悪いと言う人もいます。
となると、アメリカやイギリスの他民族に多くの所得配分を行っている国は、日本人だけの所得配分を国を行っている国と比べてどちらが不公平でしょうか?
総務省統計局は、低いですが。
http://www.stat.go.jp/data/zensho/topics/1999-1.htm

http://www.mirai-city.org/chuo/worksoc.html
日本のジニ係数は再分配所得でも当初所得でも急激に上昇しています。当初所得の不平等度は10年間で0.1前後上昇しており、短期間のうちにこれだけ不平等度が高まった国は他にあまり例がありません。さらに、1980年代後半や1990年代前半で見ると、日本のジニ係数は先進国の中でも最も高い水準にあります。社会福祉が発達している北欧諸国のジニ係数よりもはるかに高く、再分配所得ではヨーロッパ諸国と肩を並べ、当初所得で見た場合には何とアメリカのジニ係数も上回っていることになります


>米英にシッポを振ってついていくことが,実は世界の不安定化、犯罪の激増に手をかしているのであり、回り回って,日本国内の犯罪激増,社会的不安定を引き込んでいるのです。

日本が努力もせずそんなことが言えるでしょうか?
日本は、世界第二位の経済を持つ国です。
その国が、国際的な配分や他民族を押しやる政策を進めているのにアメリカ・イギリスをどうして批判できるでしょう?

お金が世界を回れば、アメリカ・イギリスの負担も高まります。
我々は、後ろで本当に何も実行せず後ろで「あーだコーダ」と文句ばっかりしか言っていないのです。
日本人はハーロワークにいけば仕事紹介は、できますが外人はどこでできますか?
なぜ移民はニューヨークーに集まるのか?
仕事が簡単に開業でき撤退できるからです。

>米英の超金持ちの提示する経済モデルにカウンターできるモデルをクリエイトし、南北問題,富の偏在を癒す方向を打ち出すこと

経済の大きさから考えた場合、このなかに日本も当然入るでしょう。


>日本文明の全潜在力、日本文明の英知を総結集し、時代に切り込むことが大事なのです。

日本が、日本の構造を改革しより多国籍化する必要があるというのですか?

>このまま米英についていったら,日本それ自体が存在できなくなる可能性(文化的独自性だけではなく)が非常につよいのです。

ボーダレス社会にはいたし方がないと思います。
しかし、日本は、外人が見ても町の風景が面白くないといわれます。
日本の独自文化は、日本の統一財政がもたらした風景といえないでしょうか?

EUになっても、ドイツはドイツの田舎らしさを保つでしょう。
レンガの壁を勝手に壊すことができないからです。
オランダは、やはり風景はオランダです。
イタリアは、イタリア

日本人は、自分のアイデンティティーを第二次世界大戦とその前の混乱期に多くをなくしたように私はいつも感じています。
 


>米英は日本などなくなってもなんとも思っていませんよ。あなたかが夢想し期待しているほどには,米英アングロサクソン人はよい人たちではありませんよ。伶俐冷酷な,たいへん割り切った人々です。

どこからそんな発想が出てくのでしょう?
あまりに大きく考えていませんか?
日本人だって個人レベルでは、韓国にも同情できないでしょう。
そうすると冷酷なんですか?
ボーダレスな経済を作るうえで今の日本政府の権限はじゃまでしょうね。しかし、それはアメリカ・イギリスにも言えるでしょう。

>私が総理大臣なら,このような方向で、つまり、社会が平和に暮らす仕組や原理,モデルを,日本人の潜在力,創造力を爆発させて,作る方へ人知を結集します。

結局、政府では無価値を作る官僚の塊でしかないように思えます。
その権限が強まれば強まるほど大きな政府になればなるほど
日本人を強調しなくてはなくなる。
しかし、我々は、日本人の前に人です。
親を選べないのと同じで、たまたま日本人として生まれたわけです。
それが、政府という形の法人に身を寄せ合うことをしている限り日本は変わらないと思います。

多様な、システムこそが人類の発展に必要です。
エジソンがいなければ、GEはなかったし、日本の竹を手に入れる事ができなければ、電球は発明されなかった。

ダイムラーさんとベンツさんが出会わなければ、車社会はこんなに発達できたでしょうか?
フォードさんが、いなければ車を大量生産できたでしょうか?
東郷平八郎さんなしに、アジアの民族運動は活発になりえたでしょうか?
ロシアは、バルチック艦隊をウラジオストックまで行かせることができたでしょう。


日本人の英知創造力の偉大さ素晴らしさをあなたは本質的に忘れているようにみえます。日本人の世界的,惑星的ミッションはそこにあるのです。そういったパラダイムの中で,当面の実務問題としてのシーレーン保障の位置付けをしていくなら賛成ですが,あなたの見方は木を見て森を見ずなのです。

あなたは、世界の多様性を忘れているようです。
地球という狭い実験場のような宇宙に浮かぶ地球その問題点は星の数のきらめきほどあります。
そこに人がいればそれだけ問題もあります。
シーレーンの防衛もままならない状態での危うい経済活動
そして、政治問題、日本が世界に果たせる責任は大きいものがあるのにその問題の本質を日本人は日本国という狭いからに閉じこっていないだろうか?
物事は、人がかかわっただけ見方が違う、そのような情報を今の日本に集める技術があろうか?

日本の情報は、日本語による狭い範囲しかカバーできない。
これは、森も見えていないといことにならないだろうか?


>なぜテロが発生するのか原因調整をせず、むやみに人権制限して軍事力を高めるだけの米英は賢明とお考えなのでしょうか。

どちらがmeaninglessかよく考えてみてください。

オサマがどのような考えをもってテロ起こしたのか、
サウジアラビアやその保守党どのようにアメリカを思っているのか
アメリカの本当の狙いは、石油だけか?
イスラムシーア派はどのように思っているのか?
イスラムスンニ派はどうなのか?
イスラムのなかで、アメリカの行動を苦々しく思うのはだれなのか?
イスラムのなかで、フランスの行動を苦々しく思うのはだれなのか?
本当に、中東の経済はジニ係数が開きすぎていないのか?
バーレーンはどうなのか?
サウジアラビアからのアメリカへの経済を通じての攻撃や
本当に、フセイン政権に市場価値300兆円といわれる石油の分配をまかしていいのでしょうか?
フセイン政権は、一気に世界でも部類のお金持ちになるでしょう。
それに対する各国のきもちは?
イエメンはどうなのか?
クウェートはどうなのか?
そして日本は?
心配でしょうがないのが、アメリカだとしたら・・・
ほかにもいろいろです。
決して日本語だけでは取り入れられないでしょう。
小さい情報のなかでどちらが正しいといえるでしょうか?


テレビで流す情報は、日本向けのパッケージにつつまれていないでしょうか?
本当の情報を取り入れているでしょうか?
情報を多元的に取り入れると考えもまた違ってきますよ。
アメリカに本当に非があるのか?
それとも、フランスが正しいのか?
もっと情報を取り入れましょう。


 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。