★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 494.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ドライブスルー、トマト味…/沖縄そば様変わり【琉球新報】
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/494.html
投稿者 hou 日時 2003 年 2 月 22 日 17:14:41:


ドライブスルーで注文、受け取りができる沖縄そば=宜野湾市大山の「なかむら屋」
 
 おいしい沖縄そばを食べるために休日は長距離ドライブもいとわないという人もいるほど、根強いファンが多い沖縄そばだが、最近、個性的な店が増えている。ハンバーガー店のように車に乗ったまま買えるドライブスルーの店があれば、トマト味、ゴマ味とこれまでの固定観念を打ち破る品ぞろえのそば屋も現れた。県内でラーメン店の台頭が目立つ中、沖縄そばの挑戦も続いている。
 宜野湾市大山の国道58号沿いにある「なかむら屋」は2002年4月の開店時からドライブスルーを導入した。注文から手渡しまで2分ほど。導入の理由について、店長の宮城睦子さんは「私自身ドライブスルーが好きだったから。小さい子供がいるとゆっくり店に入れないし、身なりを気にしなくていい面もある」と説明する。
 食べるまで時間がかかる場合は、スープとめんを別々にする気配りも。今のところ店内で食べる客の方が多いが、大みそかには鍋持参でドライブスルーを利用する車の行列ができた。
 南風原町宮平の住宅街で、古い沖縄の民家を利用した自宅兼店舗で独創的なそばを作り続ける「松そば」の赤嶺松哉さん。メニューは「松そば」「トマトそば」「ごまそば」「みそそば」の四種類。煮干しとカツオを使っただしにトマト、ごまのたれを合わせたスープに沖縄そばの細めんが絡む。化学調味料は使わない。
 赤嶺さんは3年前までプロのベーシストを目指して住んでいた神奈川県川崎市で、沖縄そばが恋しくなった。ラーメン店で働き、夜はそば作りに挑戦した。「創作しているつもりはないが、自分が食べたいものを作っている。トマトそばは試しに作ってみたら、客から『出してみたら』と言われて」と赤嶺さん。最初は那覇市金城に店を構えたが、南風原町に移転。当時のファンが道に迷いながらも訪ねてくるという。(

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。