★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 538.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
米国人の脳味噌は恐竜なみに小さい、小さい。 ― ウォルター・リップマン ― (太田龍の時事寸評)
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/538.html
投稿者 中央線 日時 2003 年 2 月 25 日 12:39:25:

投稿 平成15年02月14日22時49分

太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)二月十四日(金)
(第四百八十七回)

○岡潔先生が、しばしば、
 胡蘭成著「建国新書」を引用し、是非、読むようにと推称される。

○この本は、三十数年前のものでとっくに絶版。

○このたび、古本で入手し、これを読む。

○胡蘭成氏は、一九〇六年生まれ。
 汪兆銘の中華民国政府の閣僚。
 日本の敗戦後、日本に政治亡命。

○岡潔、保田与重郎、などの日本の知識人と親交あり。

○「建国新書」は、昭和四十三年刊。

○ここに、
 「ウォルター・リップマンが言う、『われわれ米国人は古生物
 時代の恐竜のように、核兵器の牙(キバ)と鋼鉄の厚皮を
 着ているが、哀れなのは脳味噌が少ない』と(百三十八頁)」、
 とある。

○ウォルター・リップマンとは、一九二〇年代から約半世紀に
 亘って、米国マスコミ界の中枢にすわりつづけた、米国ジャー
 ナリズムの超大物。

○J・コールマン博士によれば、
 ウォルター・リップマンは、れっきとした、「三百人委員会」
 直系の主席米国宣伝家。又は、オピニオンリーダー。

○そのような人物が、
 「米国人は、かっての恐竜の如し、図体は大きいが、脳味噌
 は少ない」、と評したと言う。

○あいにく、出典が示されていないので、確認することが出来
 ない。

○しかし、一応、この通りと前提して置こう。

○もしその通りとすれば、恐竜なみの、小さな小さな脳しか
 持って居ない、その米国のドレイ、家畜人間(ヒューマン・
 キャトル)であることに、心底満足し切って居る、今日の
 我々日本民族は、一体、何者、なのか。

○我々は、同じ爬虫類でも、体長一〇センチくらいのとかげ、
 ていど、と言うことか。

○敗戦後僅かに五十数年、幕末の安政不平等条約から、
 起算しても、百五十年こんなに短期間のうちに、かくも急速に退化縮小(退縮)した民族は、
 今日の我々日本民族以外に、史上、例がないのではなかろうか。

○一体、これは、何故なのだ。

○その根本原因は何なのだ。

 (了)

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。