★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 831.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
日本は既に死んでいる(中西輝政著)、とは本当か。(週刊日本新聞)【太田龍の時事寸評】
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/831.html
投稿者 中央線 日時 2003 年 3 月 05 日 01:48:24:

投稿 平成15年03月04日23時13分

太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)三月四日(火)
(第五百六回)

○中西輝政著
 日本の「死」
 文芸春秋、平成十五年二月刊。

 「日本は死ぬだろう。いや、すでに死んでいると言ってよい」
 (まえがき、一頁)

○この命題はどうか。

○この場合の主たる問題は、この論者にとっての「日本」なる
 ものの定義、であろう。

○しかし、どのように定義するにしても、「日本」には、

 (1)天照大神を祭神とする伊勢神宮(内宮、とも言い、単に
 「神宮」とも言う)の祭祀。

 (2)天照大神から続く歴代天皇。

 (3)日本語。

 この三者が必須の要因として前提されることは自明であろう。

○前出、中西著は、日本は死ぬだろう。いや、すでに死んでいる
 と言ってよい。と述べる。

○すると、ただちに、当然のことながら、それでは、
 天皇はどうなのか。
 と成るであろう。

○本当に、「日本は死んだ」とするなら、
 それでは、「皇室も死んでいる」、
 と言うことになるのだろうか。

○昭和二十年八月。
 日本政府は、
 国体を護持し得るとの絶対条件を付けて、いわゆる連合国の
 ポツダム宣言を受諾した。

○このことは、よく知られて居る。
 いや、今日ではそのことすら、今の日本人には知られて居ない
 のかも知れない。

○いずれにしても、国体を護持し得なければ、一億玉砕を覚悟し
 て本土決戦、と成る筈であった。

○しかし、この「国体」とは何のことか。
 それは、明治二十三年に制定された「大日本帝国憲法」では、
 「大日本帝国は、万世一系の天皇、これを統治す」、と、
 定義されて居た。

○つまり、万世一系の天皇の統治。
 これが、国体である、と言う。

○それでは、いわゆるポツダム宣言受諾後、どう成ったか。

○天皇は、戦勝連合国の日本占領軍総司令官の支配下に置
 かれる、とされた。

○これで、日本の国体は「護持」されたのか、それとも「護持」
 されなかったのか。

○そのことこそが、主たる問題ではないのか。

○故小笠原孝次のような神道家は、昭和二十年敗戦と、
 二十一年元旦の、いわゆる人間天皇宣言によって、神武
 天皇以来百二十四代つづいた皇統は、昭和天皇の代で終焉
 した、と明言して居る。

○そのあとのいわゆる皇室とはそれでは何者か。
 この問題については、小笠原孝次著参照のこと。

 (了)

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。