★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 926.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: ゲリラ側の核報復恐れ断念 越で戦術核使用検討の米軍(共同通信続き
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/926.html
投稿者 倉田佳典 日時 2003 年 3 月 10 日 18:35:47:

(回答先: ゲリラ側の核報復恐れ断念 越で戦術核使用検討の米軍(共同通信) 投稿者 中央線 日時 2003 年 3 月 10 日 02:58:05)

また長期
的には世界各地で「核ゲリラ活動」の危険を高めるとしており、米
政府が六○年代から今日と同様に核テロを警戒していたこともうか
がえる。                          
 当時、報告書作成に加わったノーベル物理学賞受賞学者スティー
ブン・ワインバーグ現テキサス大教授は「地下壕(ごう)をたたく
小型核兵器の開発など、最近、核兵器を抑止以外の目的に使おうと
する動きがあるが、当時と同じ(不使用の)結論に達するよう望む
」と話している。                      
(了)  030309 2300              
[2003-03-09-23:00]
03/09 23:00 核テロ懸念35年前から イラク攻撃の論理の原形  外信12

 【ワシントン9日共同=会田弘継】ベトナム戦争で米国が核兵器
使用を検討していたことはこれまでも知られ、昨年春に米国立公文
書館が公表したニクソン大統領の肉声録音テープで、同大統領が一
九七二年にキッシンジャー大統領補佐官に北ベトナムへの核使用を
提案、補佐官が反対したことも明らかになっている。      
 しかし今回の報告書は、具体的に当時の核使用をめぐる論議の詳
細を明らかにする一方、米政府や核戦略研究者らが六○年代から、
国家以外のゲリラ組織などの手に核兵器が渡り、今日論議されてい
る「核テロ」のような事態が起きるのを強く懸念していたことを示
しており、極めて興味深い。                 
 報告書は、その危険性は米軍の核使用で高まるとする一方で、当
時のインドによる原子力発電事業の状況などを挙げ、八○年代に入
れば多くの国で製造される大量の核物質が「非公式ルート」でゲリ
ラなどの手に渡る可能性を警告。ゲリラ組織が戦術核を入手して使
う恐れのある場所として、中東も挙げている。         
 今日の対イラク攻撃の理由付けとなっている「論理」は三十五年
以上も前から、米政府の「妄想」のような形で今日まで引き継がれ
てきたといえそうだ。                    
(了)  030309 2300              
[2003-03-09-23:00]

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。