★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 932.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ファンダメンタリスト(概説)
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/932.html
投稿者 中央線 日時 2003 年 3 月 10 日 22:29:00:

ファンダメンタリスト

--------------------------------------------------------------------------------

 ファンダメンタリストとは、一言で定義するならば「教義を完全に信ずる人」とでもなるだろうか。キリスト教で言うならば「聖書は絶対に正しい」と信じて疑わない人のことである。彼らは、聖書に書いてあることがどんなに科学的に不合理でも、種々の自然界の法則に反していても、信じる。ところが、彼らの主張の多くは、論理学的には間違っていない。彼らの主張の論理学的解析は、彼らの考えを読み解く上で重要であるが、我々は彼らの推論に同意する必要はない。いかに相手の論が正しそうに見えても、「私にはついていけません。」「常識的ではない。」と一言で片付けてよい。

 先日、「ジャンヌ・ダルク」という映画を見た。内容の深い、興味深い映画であったと思う。前半のジャンヌの活躍よりも、むしろ後半の“神”によってジャンヌが追及される部分のほうが面白かった。論理学的にも、大変参考になる。
 ジャンヌは、一種のファンダメンタリストなのだろう。宗教にかぶれ矛盾にまみれた彼女が、論理学的に追求されついには非を悟るに至るストーリーは、ある意味爽快でさえあった。彼女には悪意はなかったのであろうが、矛盾を多分に孕んだ感情がその時々の状況に応じて形を変え、真理を歪曲するようなことがあってはならないと思う。
 映画の製作上、我々はフランスの側に立って映画を見た。イギリスの側から見たらどうであっただろうか。あるいは、中立的立場・神を信じない立場から見たらどうだっただろうか。ジャンヌは神の名を語る煽動者にすぎないのではないだろうか。

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。