★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論・雑談8 > 171.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「宇宙戦争」のシナリオ
http://www.asyura.com/2003/dispute8/msg/171.html
投稿者 書記長 日時 2003 年 2 月 08 日 19:03:16:

 私は今回のコロンビア空中分解事件はどうも不審さを感じるのである。イスラエル人宇宙飛行士がシャロンと船内でTV会見している映像で、船体に傷が入っていたのが偶然映っているとか、打ち上げ時にシャトルの左翼にはがれた断熱材がぶつかるのがはっきりと確認できたにも関わらず後できちんと傷を確認しなかったことなどどうも不自然である。
 TVに映るような傷なら視認できたはずであるし、例によって合成映像をでっち上げたとも考えられる。「最後の通信会話」の切れるタイミングもわざとらしかったように覚えている。

 はっきり言って私はアメリカはいつ宇宙戦争を宣言してもおかしくはないと思っている。それが馬鹿げた考えだと思う人は要するに情報処理能力の点できちんとした教育を受けるチャンスに恵まれなかったか、そういう方面に関しては知的能力が限られているか、そういう方面では要するに世間知らずであるかのいずれかであろう。
 しかし、そのどれかに当てはまるからといって気にしたり不快に思う必要はない。人にはそれぞれの固有の特徴・得手不得手があり、色とりどりの才能があるからすばらしいのである。

 つまり、私が言いたいのはこういうことである。
 エイリアンの地表人類社会への大規模な接触の試みの時期が迫ってきているか、もうこれ以上エイリアンの存在を一般市民から隠蔽することが限界になってきているか、そうした事情が今の世界支配層に突きつけられているとしよう。
 彼らができるだけ多くの人類をエイリアンから引き離し、今の地表人類社会を自分たちのコントロール下に置きつづけるためには、アメリカが全世界を巻き込んでエイリアンを人類の敵とする英米中心の世界軍事体制を急いで整えなければならない。
 つまり、エイリアンは人類にとって「危険で有害な脅威」でなければならないのだ。

 では、どうすればもっとも効果的にエイリアンを得体のしれない悪者とすることができるだろうか?そのためには、皆の目の前で目に見える形でエイリアンが人間を攻撃し、人間が殺されたように見せかければよいのである。そう考えると人気のない宇宙空間でシャトルからの連絡が途絶えるよりも、バラバラになって流れ星のように空を輝きながら落ちていくシャトルの姿は視覚効果が高いことがわかる。

 アメリカ政府は後でこう付け足すかもしれない。「エイリアンは人類全体に対する脅迫として、ああした皆の目に見える形でシャトルを破壊し搭乗員を殺したのだ。打ち上げ時に断熱材をはがして、一時的には事故に見えるような手の込んだやりかたをしたのは、人間業ではないエイリアンの圧倒的な科学力を見せつけて人類の反抗心をそぐためだ。」

 ブッシュ:「しかし、アメリカは脅しには屈しない。それが
いかなる強大な得体の知れない敵であろうと。われわれを恐怖
によって降伏させようとしても無駄であることをエイリアンに
はっきりと示そう。人類は一致団結してあらゆる知恵と力を結
集して彼らと対抗するだろう。アメリカは人類の自由と栄光を
守るために命をかけてでも戦うだろう。立ち上がれアメリカよ
、自由を愛する全人類よ!」
 政府を信頼するアメリカ人:感動して拍手。
 日本のポチ保守・ポチ右翼・アメリカのスパイ:感動したフ
リして拍手。
 「よーし、宇宙人と戦うぞ!」


 さらにアメリカ政府はさらにこう続けるかもしれない。「なぜ、エイリアンは偶発事故に見せかけてシャトルを破壊したのか。しかもすぐ後には別の方法で破壊したとわからせるようなやり方で。それはあるメッセージを込めた脅迫なのだ。“お前ら人類などいくらでも偶発事故の外見で天空などから処分できるのだ。今までの事故の中にも実際はわれわれが介入したものもあるのだ。無駄な抵抗はやめろ”というメッセージを奴らは送ったのだ。」

 そう考えれば、なぜWTCビル近辺にテロの時やその前年に目視も撮影もできる状態でUFO(米軍プラズマ)がうろついていたかわかる。要するに、「エイリアンはあの時われわれに対する脅迫・警告として目に見える形でああしたテロの現場などに介入したのだ。奴らは地球上の色々な事件や事故、紛争なども監視・介入・コントロールしてきたのであって、あのテロの時にもドサクサまぎれに得体の知れない方法で人間を殺したのだ」とアメリカは説明するつもりではないのか。

 エイリアンのほうから地表人類に接触しようとしてくるか、エイリアンの存在をどうしても一部の国家だけの秘密にしておくことが出来なくなってくれば、アメリカはいずれエイリアン情報を公表せざるをえなくなります。
 今の地表世界を支配している連中および英米系諸国家というシステムがエイリアンを「人間が戦うべき敵」とするためには、常に自分たちがエイリアン情報の発信者でありつづけねばなりません。彼ら以外が勝手にエイリアン情報を作成し流布したり勝手にエイリアンと接触したりすることは、彼らが誰にも許したくないことなのです。
 そのためには、彼らは常にエイリアンに対する一般市民・諸国家の行動を自分たちのコントロール下に置かなければならないのです。最近の英米が何かに追われるように強引に「天下とり」や「世界連合軍の形成」を急いでいるのはそのせいだと思っています。アメリカの世界的弾道ミサイル防衛システム(BMD)も似たような狙いがあると思っています。
 要するに、アメリカはエイリアン問題の提示・説明・対処を自分のイニシアチブで一元管理せねばならないのですから、真っ先にエイリアンの存在を自分から公表せねばならないのです。もちろん敵として。

『エイリアンと宇宙戦争』
http://www.asyura.com/2003/bd22/msg/113.html
『エイリアンと宇宙人』
http://www.asyura.com/2003/bd22/msg/112.html
『エイリアンと地底人』
http://www.asyura.com/2003/bd22/msg/114.html
『ミサイル迎撃システムとプラズマ兵器』 狂的電磁波
http://bbs1.parks.jp/11/ufoland/bbs.cgi?Action=Res&Mode=Tree&Base=904&Fx=0
『インベーダー(鬼畜英米)の宇宙からの脅威と日本の「SP
S」計画』 狂的電磁波
http://www.asyura.com/2003/bd22/msg/375.html
『アメリカ製UFO雲にダマされるな』
http://www.asyura.com/2003/bd22/msg/464.html

 次へ  前へ

議論・雑談8掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。