★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
http://www.asyura.com/2003/hasan17/msg/336.html
株、市場心理揺さぶる銀行株――再びヘッジファンドの標的に?
投稿者 Ddog 日時 2002 年 11 月 23 日 01:35:08:

☆ 株、市場心理揺さぶる銀行株――再びヘッジファンドの標的に?

22日の東京株式市場で、日経平均株価は4日続伸。21日の米国株式市場でハイテク株が買われた地合いを受け、朝方から大手電機などの主力株が買われる展開となった。東証1部の売買高は5月中旬以来となる4日連続での9億株乗せとなった。

市場関係者の表情にも多少余裕が戻ってきたが、やはり銀行株の神経質な値動きが投資家心理を冷やしているようだ。22日の大手銀行株をみると、みずほHD、UFJこそ3日続伸したものの、三菱東京FG、三井住友銀は反落した。みずほHD、UFJの売買手口はネット証券や中堅証券が中心で、ヘッジファンドや海外年金の影は見えなかった。しかし依然として警戒感は消えない。

コメルツ証券の宮島秀直ストラテジストは「12月中旬以降、ヘッジファンドが再び売りを仕掛けてくる」と予測する。銀行の過小資本問題を巡る小泉純一郎政権の政策の迷走が続くと見ているためだ。宮島氏は「ヘッジファンドは今週18日から随時、銀行株に買い戻しを入れ、いったん利益を確定した」とみている。しかし、これは毎年12月下旬から始まる顧客の解約に備え、保有資産の現金化を進めるためで、12月初旬には峠を越える。「今後は同じ大手銀行株でも標的を変えて、再び売りを出す可能性が高い」と読む。

最近の銀行問題を巡る政府の対応について「首をひねらざるを得ない」(国内証券ストラテジスト)との声が多い。19日の国会では、竹中平蔵経済財政・金融担当相が銀行の大口融資先の債権評価を、原則として主力銀行の自己査定に統一する考えを明らかにした。

だが過剰債務企業を多く抱える銀行が主力になっている企業の場合、準主力以下の銀行の 方が厳しく自己査定をしているケースが多い。マイカルやそごうの例をても明らかだ。

日本経済研究センターの深尾光洋主任研究員(慶大教授)の試算によると、繰り延べ税金資産を除いた大手行の実質自己資本は2002年9月末で3000億円のマイナス。25日の銀行決算では、各行が自力資本調達の方針を表明すると見られるが、その実現性に疑問符が付けば、ヘッジファ ンドに先行して個人投資家が売りに転じる可能性も否定できない。(稲留正英)


◇ 株、循環的な相場の戻し・みずほの作本氏 個人の買いは期待薄

作本覚・みずほ証券エクイティ営業第一部部長 22日の日経平均株価は100円強上昇したが、積極的な買い材料があった訳ではなく、米国株高を受けて売りが控えられただけだ。税収不足を含み6兆円規模の補正予算は中途半端な感が強く、中立要因にしかなっていない。個別では好決算を発表した企業の株価が軟調となり、一方、業績不振企業の株価が値を戻している。このところの株式相場の上昇は「下げたから戻す」といった循環的な動きでしかないと見ている。  2003年度から実施する新証券税制に関連し、特定口座への株式の移管期間が1年延長された。ただ、投資家にとって税制の分かりにくさには変わりがない。大手証券などが歓迎する制度ではなく、源泉分離課税の存続など個人投資家の立場に立った税制に戻さない限り、改善とは呼べ ない。このような小出しの税制見直しでは個人投資家の株式離れに歯止めをかけられず、株式相場の上昇も期待できない。

☆来週の金融市場・銀行株にらみの展開――「工程表」など注目

来週の金融市場は、大手銀行の株価動向をにらみながらの相場展開となりそうだ。株式市場の反応を通じて金融市場へ大きな影響を与えそうなのは、金融庁が来週中にも発表する不良債権処理のスケジュールなどを盛り込んだ「作業工程表」。内容を巡る思惑などで大手銀行株が乱高下し、「日本売り」の連想などから円相場や債券相場の上値が重くなる場面もありそうだ。

金融再生プログラムの具体化に向けた「工程表」では、政府が金融システム安定のために効果的な指針を明示できるかどうかが焦点。市場では「また先送り色の強い内容になりそう」といった見方が支配的だ。新しい引き当て基準に沿った銀行特別検査などの具体策が動き出すのは年 が明けてからになりそうで、公的資金注入に向けた道筋がはっきりしない状態がしばらく続く公算が大きい。

大手銀行が25日に発表する中間決算でも、金融再生プログラムの詳細が固まっていないため、先行きの修正を前提とした業績見通しが示されることになる。今週後半にかけてひとまず下げ渋った大手銀行株が、このまま戻り歩調をたどるかどうかは微妙だ。日銀が銀行保有株の買い取 りを29日から受け付けるが、「買入限度2兆円」では需給改善効果が小さいとみられている。政府が21日に補正予算案の骨格を固めたが、景気の先行き不透明感は晴れそうにない。  金融システムに対する懸念が完全に払しょくできない間は、金融機関の資金繰り不安がくすぶり続ける。日銀が潤沢な資金供給を継続しているのにもかかわらず、短期金融市場は不安定な状態から抜け出せない。

債券市場では「行き場のない資金が債券に向かう」との見方が下値を支える構図に大きな変化はないものの、目先は短期金利の高止まりが債券相場の上値を重くするだろう。
銀行株の下値不安は、外国為替市場でも円を積極的に買いづらい要因として働く。イラク情勢を巡ってドルも買い進みにくいが、「工程表」の内容次第では早期の不良債権処理を重視する海外勢の失望売りを招きかねないといった警戒感が強く、円相場の足を引っ張りそうだ。
(西田玲子)

クイックより

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。