★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
http://www.asyura.com/2003/war20/msg/792.html
一月十八日・米ワシントンD.C.イラク反戦集会
投稿者 太田龍の時事寸評 日時 2003 年 1 月 05 日 09:33:35:

週刊日本新聞より転載

一月十八日・米ワシントンD.C.イラク反戦集会に、小紙特派記者を派遣する。


投稿 平成15年01月04日23時44分

太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)一月四日(土)
(第四百四十五回)


○ 一月十八日(土曜)、米国首都ワシントンD.C.で開催準備中の、全米イラク反戦集会に、
週刊日本新聞は、取材のために記者を派遣することに決定した。

○ この1・18ワシントンD.C.反戦集会は作二〇〇二年十月二十六日の、
米国のイラク反戦集会(ワシントンD.C.及びサンフランシスコ)に続く、第二回目。

○ 第一回(2002・10・26)では、
・ ワシントンD.C. 二十五万人。
・ サンフランシスコ     十万人。
・ ・・と主催者側によって報道された。

○ 10・26イラク反戦集会の状況について、
  ニューヨーク・タイムズの第一報が、露骨にこの集会を「失敗」と見せかけたニセ情報を流した。
  そしてこのニセ情報に対する、広汎な抗議が同紙に殺到。
このために、十月三十日同紙は、かなり第一報を修正する第二報を載せた。
この経緯については、もちろん、売国奴国賊そのものの日本の極悪魔的マスコミは、無視、黙殺した。

○ 今回の1・18イラク反戦集会は、五十万人の参加を見込んで居る、とのこと。

○ 五十万人と一口で言ふが、これだけの人々が、今イラクに対する戦争反対の意思を表示するために、
真冬厳寒のワシントンD.C.に結集する。
  これは並大抵のことでは実現出来ない。

○ 全米各州、町ごとに、超党派的に何万人もの人々が、
事前に集まって準備活動を積み重ねなければならないだろう。

○ 小紙週刊日本新聞は、現状では殆んど限りなくゼロに近い力しか持って居ないが、
にも拘はらず、ただ小紙のみが、本当に日本民族の利益と立場を代表する新聞である。
・・・と確信して居る。

○ 小紙は、一月十八日の 米国ワシントンD.C.でのイラク反戦集会の取材のために、
特派記者を派遣することにした。

○読者の皆さんのご支援を改めてお願ひすると共に、その条件のある方の同行をも呼びかけたい。

(了)


 次へ  前へ

戦争20掲示板へ

Click Here!


フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。